100という数字の意味

マンガENGLISHのストーリーは100タイトル。

それぞれが独立したストーリーになっています。

ドラマ仕立ての英会話学習教材や
音声教材などは多く存在しますが

マンガENGLISHの教材がそれぞれ
独立したストーリーになっているのには
理由があります。

理想的な進め方は

100タイトルをまずはさらっと
思いついた音を発したり自分が話したいことを話す
という進め方です。

英語脳になっていない頭で

一つや二つ
あるいは10話といった

限られたストーリーで繰り返してしまうと

暗記をしてしまうんですね。

暗記したことは忘れるのも早いので
結局、今までの英語学習と
同じ失敗を繰り返してしまいます。

それよりも100タイトルを
一気に経験していただいちゃってから
次に声を出して練習する段階では

100タイトルを通して

なんとなく自分の中にある音の中から
引っ張り出す感じを
脳に経験させてあげたいんですね。

ひとつのストーリー
あるいは10話程度の
すごく限られたストーリーで

この練習をやろうやろうとすればするほど
限られた中でなんとかしようとしてしまって
結局暗記になってしまいますので

マンガENGLISHには
100タイトルものストーリーがあるわけなんですね。

暗記のためではなく
ここをざーっと一通り経験していただいて

ネイティブの赤ちゃんや幼児が経験するのと一緒ですね。

パパやママも勝手に日常会話をしゃべっているわけです。

赤ちゃんが分かる分からないに関係なく。

ひとまず100タイトルは
意味も分からずなんとなく声に出すという練習が

まさにパパとママが勝手にしゃべっている
日常会話の経験になります。

この100タイトルですが
そこで使われている単語数と言うのは

日常英会話でネイティブにも通じるといわれる
3,000語なんです。

これが100タイトルもあるので
フレーズにして約30,000ぐらいになるんです。

このバリエーションはまさしく

様々な家庭環境で育っても
皆小学生ぐらいになる頃には

おとなの言葉が聞き取れるし、
言おうと思えばいえる

でも暗記してるわけじゃない、

それでいて自分が言うときは
いろいろな言い回しがあって
それは別に不安じゃないっていう

なんとも自由な話し方ができるのは

この3,000語という必要な英単語が

非常に豊富なバリエーションのある
フレーズの中で繰り返されるんで

フレーズとしての暗記ではなく

その場その場で
自由に話せるようになるような自然な会話。

そういった
パターン認識力を身につけるためには

少ないフレーズで覚えましょう
っていうんではなくて

単語数はある意味限られていて
絞り込んであるんだけれども

フレーズはすごくバリエーションがあります
って言う中でくりかえすので

様々なバリエーションの中から
自然に覚えていくということになるのです。

そのためにも

できるだけ早い段階で
100タイトル経験していただいた上で

自分の中にある音の中から
それなりに探して発する

というところをやっていただくと
ここがスムーズになってきますので。

ここがうまくいかないのは
自分の英語力が足りないからとか

努力が足りないからという風に
捉えないで欲しいんですね。

100タイトルをマイペースで
まずしっかり経験していただくと

英語を話そうとしたとき

ある程度自由にすんなりと
音が出てくるんだろうなっていうイメージで
取り組んでいっていただければと思います。

マンガENGLISH100ご案内