60歳になってから英会話を学び始めて

社会人になっても
英会話を身につけたい人たちが増えています。

その理由は
「学生時代、英語は好きだったのに、
結局話せるようにならなかった」

「外国人を街でよく見かけるようになり、
話せたら楽しいだろうと思うようになった」

さらに

「就職して英語ができないと
仕事ができない状態になっている」
なんて、切羽詰まったものも。

たしかに日本の大企業では
外国人従業員が全社員の半数以上を占めているとか
社内公用語を英語にするというところがあり

また日本から飛び出して
海外の企業に就職する人も増えています。

これだけの国際化社会になっていることを思うと

英会話は
すでに趣味や教養といったものではなく

必要不可欠なスキルになっているといっても
過言ではないでしょう。

残念ながら
まだ学校の英語教育では
英会話はできるようになりません。

一方
常に英語が耳に入る自然な英語環境に
身を置いている人たちは

勉強するなどと意識することなく

自然に英会話を身につけています。

私は30年以上にわたり

英語を学ぶ人たちを

0歳から80代の人たちまで
延べ人数で言うと
何万人と見てきたことになります。

その方たちの中には

最初からスンナリ英語になじめる人もいたし
慣れるまでに時間がかかった人

聞いたまま間違いを気にせず
どんどん口に出せる人もいれば

しっかり自信を付けないと
しゃべらない人もいました。

でも、みなさん、それなりに
ちゃんと使える英語が身についていくのです。

それは
私たち人間には生まれながらにして
自然言語習得装置が備わっているから。

それが英語でも作動するまで
続ければいいのです。

これまでは
大人になってから英会話を学び始めても

外国人と自由に話せる英語力を身につけようと思ったら

多大な時間と費用はもちろん

仕事で疲れ切った体に鞭打っての学習になりますから

本人の強い意志と努力が必要になると思われてきました。

ところが

今やYouTubeなどを通して

わかりやすい映像といっしょに
英語ネイティブの英語が

無料で経験できる時代です。

映像と英語の音にいつも触れられる
自然な英語環境に身を置いた人たちは

還暦を過ぎていても

勉強などと意識することなく
いとも簡単に英会話を身につけています。

何十年も英語を学んできた人たちの英語力を
たった1、2年で軽々と越えていくのを
日々目の当たりにしています。

おとなになってからでも
お金をあまりかけなくても
使える英語は身に付くのです。

マンガENGLISH100ご案内