「今日は1時間も英語のリスニングをやった」と満足していた

「英語は言葉です。言葉は道具です。」という言葉の意味を本当に理解して英語に触れている人は、どれくらいいるでしょうか。

「聞いたり読んだりした英語がわかる」というだけで、わかったことを行動に移さなければ「何も聞かなかった、何も読まなかったことと同じ」なのですが、ほとんどの英語学習者が「英語がわかる」もっと言うと「英語を日本語の意味として理解できる」がゴールになってしまっています。これは言うまでもなく学生時代の英語学習法です。受験科目としての英語との向き合い方でした。

社会人になって使える英語を身につけようとしている人たちの多くが「英語がわかる」すなわち「英語を日本語の意味として理解できる」がゴールになってしまっているのは、何とも、もったいない話です。

よく「英語が身に付いたら何をしたいか」を決めると良い、と言いますが、これは言い方を変えると「英語が身についていない」うちは何もできない、ということになってしまいます。

それよりも、興味がある英語を聞いて、読む。わかると思ったら、その通りに行動してみる。そして、わからなければ「何も聞かなかった、読まなかったことと同じ」で、ちょっと厳しい言い方になるかもしれませんが「せっかく時間を作って聞いた(読んだ)英語は時間の無駄だった」と認識してみる。すると今までは「今日は1時間も英語のリスニングをやった」と満足していたのが「今日1時間もかけて聞いた英語を通して学んだことは〇〇だった」に変わったとき、学習効率はグンと高まります。

この学習法で大前提になるのは、今までの「英語を日本語の意味で理解できる」というゴール設定をまず、「英語を英語のまま取り込もうとする脳の働き」を育てながら、「興味がある英語」を聞いたり読んだりすることです。言い方を変えると、聞いたり読んだりする英語を「自分で選ぶ」ということ。人から与えられた英語を「日本語でどれくらい理解できるか」をどれだけ重ねても「自分で使える英語」にはなりません。

「英語を英語のまま取り込もうとする脳の働き」を育てながら、聞いたり読んだりする英語を「自分で選ぶ」こと。わかると思ったら、その通りに行動してみる。そして、わからなければ「何も聞かなかった、読まなかったことと同じ」で「せっかく時間を作って聞いた(読んだ)英語は時間の無駄だった」と認識してみる。すると自分にとって必要な英語を選ぶ目と耳が育ってきます。ここまでくれば、もはや英語は学習の対象から道具としての言葉になるのです。

「英語は言葉です。言葉は道具です。」という言葉の意味を本当に理解できたことになるのです。

マンガENGLISH ご案内はこちら

勇気を出して英語の海に入って体を慣らしていきましょう

使える英語を身につけたいと思う人が増えています。

近いところでは2020年の東京オリンピックの影響もあったり、また将来的に社会や生き方が大きな変化をしている現状を思うとき、漠然と不安を抱えているより、できることをできるうちに準備したい、と考える人が増えているのだと思います。

英検やTOEICといった日本ではメジャーな資格試験も
海外では通用しません。

それよりも、英語を話したり聞いたり読んだり書いたりと、実際に使える英語力を身につけたいと思う人が増えているのです。

英語を話したり聞いたり読んだり書いたりできるようになりたければ、英語を話したり聞いたり読んだり書いたりするのが一番ですね。

英語を話したり聞いたりできるようになりたいと思いながら文字(英文テキスト)に頼ったり、英語を読んだり書いたりできるようになりたいと思いながら、日本語で解説がついている教材を使っていたら、いつまでたっても英語を使えるようになりません。

英語を英語のまま・・・最初はちょっと不安で心もとない感じがしますが、勇気を出して英語の海に入って体を慣らしていきましょう。そして慣れてきたら実際に使ってみましょう。

マンガENGLISH100ご案内

結局、習ったことが会話で活かしきれない

「もう少し鼻が高ければ、けっこうイケメンだよね」
なんて言ったりするので

英語で鼻について話そうとして

高い、低い、をそのまま英語にして

“high” や “low” をそのまま使う日本人を
時々見かけますが

鼻(nose)を形容するときに “high” や “low” はNGです。

英語では鼻を「高い、低い」で分類することがないからです。

では、どんな風に表現するかと言うと

ピノキオでイメージしやすい「long」は使います。

じゃ、「long」の対義語の「short」は?
というと使いません。

大きさについては
「long」「small」などが使われます。

あとは形を表す

「turn-up nose」(上を向いた鼻、馬鹿にした態度)
「hooked nose」(カギ鼻)
「straight nose」(平らな鼻)

・・・と、こうやって聞いた話もその時は

そうなんだ・・・って
わかった気になっていたのに

いざ英会話になると
すっかり忘れてしまったり

覚えていても、
さらっと口をついて出てこなかったり

結局、習ったことが会話では活かしきれない・・・

ずっとそんな英語学習を繰り返してきました。

なぜなら話を聞いただけでは
半年後の定着率はたったの5%程度

なんと一年もたたないうちに
ほとんど忘れてしまうわけです。

お金や時間をかけたのに、本当にもったいないです。

習得率を上げるためには

この表現を

目で読むだけでなく
声に出してみたり

習った言葉を実際に使ってみたり

さらに人に教えたりすると

なんと半年後でも90%の定着率になるんです。

私は海外生活体験もなく
日常生活は100%日本語です(*ノωノ)

英語を使う必要はほとんどありません。

でも英語を使いた~い!
もっと話せるようになりた~い!
でもお金はかけたくな~い!

それならSNSですよね。

SNSにもいろいろありますが
検討した結果

私はGoogle+がダントツに使いやすいです。

ひとり英語トークで思いついた英語を

通じるか通じないか
ウケるかウケないか

海外のリアルな人たちに向けて発信しています。

私の英語力もアップしてきたようで

そのやり取りを通して
一番いい思いをしているのはたぶん私。

だって言葉って使えば使うほど身に付くから。

下記をクリックしてご覧ください。
クリック⇒ 英語で外見を説明する

「+1」(「いいね!」のようなもの)を
たくさんもらえたので

海外でもウケたようです。

私は海外生活体験も
留学体験も
ダーリンが外国人でもありません。

日常生活は100%日本語です。

でも英語を使いたくてGoogle+を始めました。

通じたか通じなかったか
ウケたか、ウケなかったか

その原因や理由を自分なりに検証して

次のコメントを考えるということを
ここしばらく続けています。

英会話スクールの先生は(お金を払っているので)
ウケてくれます、わかろうとしてくれます。

でもリアルな会話では

通じなければ相手にされないし
ウケなければ返事をしてもらえません。

でも、だからこそ

そこを乗り越えないと
リアルな会話は楽しめません。

そして今の時代
Google+などのSNSを使えば

お金をかけなくても
リアルなコミュニケーションを体験できます。

スクールや普通の英語教材は
セリフを書いた台本がありますが

リアルな会話では
自分でセリフから考えなければなりません。

今まで私たちは自分で

通じるセリフ
ウケるセリフを

考えたことがなかったんです。

マンガENGLISHが
他の教材や学習法との一番の違いは

文字のない漫画イラストで
「自分で話す練習ができる」

という点です。

言葉は誰かに教えてもらうものではなく
自分で習得するものなので

だからといって
「さあ、何か英語で話してみよう」
と思っても

何を話していいかわからないので
漫画イラストを活用するのです。

とは言っても
いくら漫画があっても

いきなり話すことは
ネイティブだってしませんので

まずは100時間くらい
100タイトルを

見て、聞いて、まねるという
英語ネイティブの子ども時代を経験できます。

100タイトルのストーリーを通して
30,000以上のフレーズを

まず一通り体の中に通したら

そのあとは
漫画イラストを見ながら

誰がいて
何をしていて
自分ならどうするか

などを考えながら

英語にして声に出すことで

英語を話すときに必要な
「主語と動詞の時制を自分で決める」
という経験をします。

受験英語の英作文では

“彼はちょうど宿題を終えたところです”
のような

日本語の命題が与えられていました。

主語は“He”で
動詞は「現在完了形」で

と出題者から与えられているものを
「訳して」きたんです。

英会話ラジオやスクール
フレーズの聞き流し教材などは

フレーズの「暗記」ですから

主語や動詞の時制を
自分で考えたことが

今までほとんどないんですね。

いざ英語を話そう
と思ったとき

主語も動詞の時制も
自分で決めないといけないので

とっさの一言が出てこないのは
当然のことだったんです。

ネイティブでさえ

文字のない絵本を使って
話す練習をする理由がそこにあります。

顔かたちもいろいろあるように

英語だっていろいろな言い方があります。

今までの誰かによって与えられた
フレーズの暗記学習から早く自由になって

あなたらしい英語で世界に発信しましょう。

マンガENGLISH100ご案内

自分の目と耳と口を使って感じて考えて

今朝は、ちょっとドキッとしましたね。

朝の情報番組の放映中にJアラート
ミサイル発射の速報。

その後もしばらく続報と
起きた事象の報道

その事実をどう読み解くか
今回のミサイル発射が意味するものは何か

「専門家」たちによる解説の報道が続いています。

事実は一つなのにそれに対する見方や考え方は
人によって様々ですね。

英語学習に関しても、そう。

言葉を身につけるプロセスは
周りで飛び交っている音を聞いて、まねる、だけ。

事実はたった一つなのに「専門家」がたくさんいて
それぞれが、いろいろな角度から解説をしてくる。

情報過多の状態です。

きのう、たまたまアマゾンで
『英語の品格』という本のレビューを見てみようと
検索をしたところ

アマゾンの検索機能はご存知かと思いますが

「あなたにおすすめ」と英語学習本がズラリ並び
その数の多さに圧倒されました。

これだけ出版されると言うことは
ある程度は売れると言うことなのでしょう。

「どうしたら英語が話せるか」を
どんなに一生懸命「日本語で」考えても
話せるようにならないのに。

言葉を身につけるプロセスは
聞こえてくる音を聞いて、まねる、だけ。

音をまねながら
場面の中で声の調子や顔の表情から
意味付けをする。

私たちは日本語を
そうやって身につけてきました。

誰かに説明してもらうのではなく
自分の目と耳と口を使って感じて考えて。

英語も同じです。

英語そのものに触れることが一番の近道です。

生まれながらにして備わっている
自然言語習得装置が英語でも作動するまで

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH100ご案内

英語学習に成功する人、挫折する人

私は今までに20年以上にわたり
1万人以上の人たちの英語学習をサポートしてきました。

その中で英語学習に成功する人には
3つの共通点があることがわかりました。

英語学習に挫折する3パターンがありまして
成功する人は
挫折する人と真逆のことをしているんですね。

そこで挫折する人のパターンをご紹介しながら

成功する人の3つの共通点と
具体的な学習法をご紹介しています。

マンガENGLISH100ご案内