「都会と田舎、どっちがいい?」を英語で

「都会と田舎、どっちがいい?」

こんなことを英語でつぶやいたら
世界中からすてきなメッセージが届きました。

クリック⇒ Google+ 都会と田舎、どっちがいい?

私は留学経験も無く
ダーリンが外国人でもありません。

日常生活は100%日本語です。

でも英語を使いたくてGoogle+を始めました。

ふと思いついたことを英語でつぶやいています。

英語を話せるようになりたければ
話す練習をするしかありません。

どんなに英語を聴いたり読んだりしても

話す練習をしていなければ
話せるようになりません。

そもそも言葉の自然な習得の順番は

0~1歳では、とにかく聴いて
2~3歳では、カタコトで話して
4~5歳で上手に話せるようになり

それから読むこと
そして書く事ができるようになるので

カタコト英語から始めて
流暢に話せるようになりましょう!

「でも話す練習って相手が必要でしょ?」
と思い込んできたので

いきなり英会話スクールなどで
対面で会話をするところから始めるから
失敗してしまったんですね。

英語ネイティブだって
いきなり会話はしないんです。

英語ネイティブが子どものころ
英語を話す練習をする

「文字のない絵本」=”Wordless Picture Book”

私の娘が小学5年生の時に訪れた
ニュージーランドの小学校で知りました。

実は日本では
まだあまり知られていないのですが

私たちも英語ネイティブのように
「文字のない絵本」を使って
話す練習をすると効果的です。

とは言っても、絵本は小さい子ども向け。

そこで・・・漫画です。

「セリフのない漫画」を使って
英語を話す練習をしましょう!

もちろん、いきなり話すことはできません。

ネイティブも「文字のない絵本」を
親たちに「読み聞かせ」てもらうところから始めます。

マンガENGLISHは英語ネイティブの音声付き動画です。

英語ネイティブのお母さん、お父さんに
絵本を読んでもらうのと同じ体験ができるのです。

マンガENGLISH100タイトルを
Stage1~3まで経験した方は

漫画イラストを見ながら
話してみましょう。

うまくいかなかったら、また
マンガENGLISH100タイトルを
見て、聴いて、まねて。

そしてまた
漫画イラストを見ながら
自由に話してみましょう。

これをぺらぺらになるまで続ければ
ペラペラになります。

言語の習得は生得的なもので
誰でもちゃんとしたプロセスを
必要な時間続ければ身に付きます。

ちゃんとしたプロセスというのは

場面の中で音を聞くところから始めて
カタコトで話してみて
自分なりに言いたいことが言えて
読んだり書いたりして
さらに語彙が増えていく

万国共通のステップです。

言葉の習得は
特殊能力でも何でもありません。

ただやるべきことをやれば
誰でも必ず身に付きます。

人は自分が思った通りに育つので

「私でも話せるようになるのかな?」
と思っている人は話せるようになりません。

「話せるようになるまで続けてやるぞ」
と思う人は話せるようになります。

「マンガENGLISHで話せるようになるまで続けるぞ」
と思いながら始めましょう、そして続けましょう!

マンガENGLISH100ご案内