英語ネイティブの子どもがどうやって英語を身につけるのかを具体的に説明した動画

英語ネイティブの子どもがどうやって英語を身につけるのかを
具体的に説明した動画をYouTubeで見つけました。

この動画の特に前半部分がとても興味深い内容でした。

子どもたちは英語を暗記しません。なぜなら言葉の力というのは
暗記した言葉の単なる集合体ではないのですから。

だから子どもたちは自分たちの周りの大人たちから聞いた言葉を
自分なりにアレンジしてアウトプットしているのです。

でもそれはまだ完ぺきに話せるという証ではありません。

2歳ぐらいの子どもは
2つくらいの単語を使って小さな文を作り始めます。

子どもたちにとっては
意味のあるメッセージになっているのです。

たとえば「もっと、お外」という子どもがいます。
「外に連れて行って」や「外に居させて」という意味です。

当然のことながら大人はそんな言い方はしません。

ほかの例を見てみましょう。

手にジャムが付いた子どもが手を洗い終わって
「ベタベタぜーんぶ行っちゃった」なんて言い方をするでしょう。

当然のことながら、これは親から聞いたセリフではありません。
子ども自身が作り出した言葉の組み合わせなのです。

私たちも英語を自由に話せるようになりたければ

フレーズを暗記する英語学習から自由になって

マンガENGLISH100タイトルを通して
聞いたことのある英語の音を

漫画イラストを見ながら場面の中で
自由に組み合わせる経験を脳にさせてあげましょう。

マンガENGLISH100ご案内