リバウンドしない英語の学び方

私は留学経験や海外生活体験もなく
ダーリンが外国人でもありません。

30歳を過ぎて
英語が話せるようになりたいと思ったとき

実はそれまでに

英会話スクール一か月で挫折
通信教育も続かず
本棚いっぱいの英語教材

いろんなことを試したのに
うまくいかなかったときに

ある大学教授が
こんな話をしてくださったんです。

「英語は読んだり、聞いたりしているだけでは
いっこうに伸びないんだよ」と。

「それよりも
話したり、書いたりすることが必要で

さらに
人に教えると伸びるよ」って。

当時は私自身
英語を話せなかったのはもちろん

読んだり、書いたり、聞いたりも
まともに出来なかったんですが

その話に私はすご~くピンときまして
それなら教えてみようと思ったんですね。

料理なんかを想像すると
すごく簡単かもしれません。

例えば「ビーフストロガノフの作り方」のレシピを読む。

読んでみてその時は分かるけど
後日いざ作ろうと思ったら
そう簡単には作れないですよね。

とにかく実際に作ってみなければ習得できない。

一回作ったところで必ず習得できるとも限らない。

けれどもそれを誰かに教えなければならないとしたら?

材料、分量、火加減、所要時間など
それら全てが頭に入っていてこそ
誰かに教えることが出来るわけですよね。

英語も最初から誰かに教えることを想定すると
モチベーションがあがって
学習が継続しやすくなるのではないでしょうか。

私のYouTube動画の中でもご案内しています。

もちろん「英会話を教える 」というのは

私たち日本人にとって(帰国子女とかでもない限り)
永遠にピンとこないかも知れません。

でも「日本人として」「英語を習得した」「体験」なら
教えられますよね。

むしろ英語を習得した「体験」を
「日本人に」「わかりやすく」話せるのは

英語ネイティブでもなく
バイリンガルでもなく

9歳以上になって
英語を学習によって身につけた
日本人なのです。

英語を習得した経験を活かして
あなた自身の習得率を高めながら
それがライフワークになったら楽しいですよね。

マンガENGLISH100ご案内