「きれい好きですか?」を英語で

部屋はきれいですか?
けっこう散らかしてしまう方でしょうか?

私は・・・

キレイな方がいいですが
神経質ではありません。

部屋は時々散らかることもありますが

どこに何があるのか
わからなくなるようなことはありません。

散らかったらすぐに片付けます。

部屋が汚いのは好きじゃないですから。

そんなことを英語で呟いてみたら
世界中からコメントが届きました。

クリック⇒ Google+ きれい好きですか?

今どきSNSを活用すれば
無料でこんなに楽しめるのですから

ほんとにいい時代になったものです。

今までの学習法は

誰かが考えたフレーズをまず暗記しなきゃ
ってなっちゃうから

いつまでたっても自分の言葉で話せない

というところでグルグルしてきたので

もう、そんな悪循環は
断ち切ってしまいましょう!

そもそも言葉の自然な習得の順番は

0~1歳では、とにかく聴いて
2~3歳では、カタコトで話して
4~5歳でひとりで話せるようになり

そして他人と対話ができるようになるので

まずはカタコト英語から始めて
流暢に話せるようになりましょう!

「でも話す練習って相手が必要でしょ?」
と思い込んできたので

いきなり英会話スクールなどで
対面で会話をするところから始めるから

失敗してしまったんです。

英語ネイティブだって
いきなり会話はしないんです。

まずは母国語で誰でも経験する

「ひとり言」を英語でも経験しましょう!

英語ネイティブが子どものころ
英語を話す練習をする

「文字のない絵本」=”Wordless Picture Book”

私の娘が小学5年生の時に訪れた
ニュージーランドの小学校で知りました。

実は日本では
まだあまり知られていないのですが

私たちも英語ネイティブのように

「文字のない絵本」を使って
話す練習をすると効果的です。

とは言っても
絵本は小さい子ども向け。

そこで・・・漫画です。

「セリフのない漫画」を使って
英語を話す練習をしましょう!

もちろん、いきなり話すことはできません。

ネイティブも「文字のない絵本」を
親たちの「読み聞かせ」から始めます。

マンガENGLISHは
英語ネイティブの音声付き動画です。

英語ネイティブのお母さん、お父さんに
絵本を読んでもらうのと同じ体験ができるのです。

言語の習得は生得的なもので
誰でもちゃんとしたプロセスを
必要な時間続ければ身に付きます。

ちゃんとしたプロセスというのは

場面の中で音を聞くところから始めて
カタコトで話してみて
自分なりに言いたいことが言えて
読んだり書いたりしながら
さらに語彙が増えていく

万国共通のステップです。

言葉の習得は
特殊能力でも何でもありません。

ただやるべきことをやれば
誰でも必ず身に付きます。

人は自分が思った通りに育つので

「私でも話せるようになるのかな?」
と思っている人は話せるようになりません。

「話せるようになるまで続けてやるぞ」
と思う人は話せるようになります。

マンガENGLISHも

「話せるようになるまで続けるぞ」

と思いながら始めて
話せるようになるまで続けましょう。

マンガENGLISH100ご案内

今までの英語学習でスッポリと抜けていた

こんにちは、山口智子です。

今日は今までアップしたYouTube動画の中から
お薦めの動画をご紹介したいと思います。

子どもが母語を習得していく過程には、
多くの語学学習のヒントが含まれています。

例えば0歳。

この時期の赤ちゃんに対し、
誰も周りは、
意味のある言葉発するなんて思わないですよね。

ですから、ただ周りの音を聞くだけでいいわけです。

周りの大人たち
も赤ちゃんに直接話しかける時は、

わかりやすく短い言葉を使って調整しますけれども、

赤ちゃんの前だからと言って、
大人が話す内容を加減したりはしないですよね。

普通に大人の世界でも使う、
日常会話をバーっと話すでしょう。

世の中によくある
聞き流すだけの教材ってありますよね。

それは、ここを経験しましょうという事なんです。

ところが、そこだけでは実際のところ不十分なんです。

なぜなら、
結局聞き流したフレーズを全て暗記していないと、
話せるようにはならないからなんですね。

ではどうするかというと、その後が必要で、
1~2歳の子供達。

この時期の子どもたちは、“喃語”といって、
あーあーとか、うーうーとか、

聞こえた音を自分のイメージで
勝手に声を出す時期があります。

それが、実は非常に重要なステップなんです。
考えてみてください。

これまでの英語学習を振り返って、
英語の場合そういう時期ってありましたでしょうか。

最初に文字を見て、
読み方を先生が教えてくれてから声に出すので、
文字がないと音が認識できないんです。

そして音として出そうとすると、

文字を頭の中で平行して浮かべているので、
ローマ字読み、
いわゆるジャパニーズアクセントというものに
なってしまうんですね。

そしてこの悪循環からなかなか抜け出せないわけです。

聞き流すだけの教材も、
日本語の訳がはさんであったり、

オールイングリッシュですよと言われるものも、

結局日本人は音だけだと不安なので、
必ず英文テキストがついているんです。

それを見ながら聞いて声に出すので、
その時は文字を見て訳せるから
実感が持てるんだけど、

音だけになってしまうと、
やっぱり頼りない感じが否めない。

ところがですね、
この喃語と呼ばれる時期を
英語でも経験していただくと、
二ついい事があるんです。

一つは英語のまま
訳さずに理解できるようになるっていう事、

そして二つ目は、
発音がいくつになってからでも
きれいになるということです。

文字で書かれていると、綴りを見てしまうから、
ジャパニーズアクセントだったり、
ローマ字読みになってしまうんです。

見ないで聞いた通りに真似しようと思うと、
赤ちゃんじゃないから無理だなんて思ったりして。

けれどもそれは、

耳が悪いからとか、
年をとっているからという理由ではなく、

英語の場合中途半端な知識があるために、
字面、綴りが浮かぶと音が、
やっぱりローマ字の音になってしまう。

例えばこれがロシア語とか、全然知らない言語だと、
本当にもう聞こえるとおり、
うーうーあーあー、まねができるのに、

その聞こえた音をただ真似をする、
意味も分からず真似をするという体験を、
英語ではまずしてこなかったはずなんです。

そこをまずは体験すること。

結構英語の成績が学生時代良かった方ですと、
ほとんど日常会話レベルの英単語って、
綴りで見ると意味が分かっちゃうので、

文字見た方が早い、訳を見た方が早いっていう回路に
すぐ入りがちなんですね。

赤ちゃん体験と言っても、
私たちは既に多くのことを体験している大人ですから、

例えば虹というものは既に知っていますよね。

氷が冷たいことや火が熱いことは、
わざわざ体験しなくても十分知っているわけです。

そういった体験や認識力を有効に使えば、
より効率的に言語の習得が可能なはずなんです。

幼児の言語習得に必要だとされる
体験/会話/絵本/学習を、

マンガENGLISHで疑似体験していただくことで、
より自然に英語脳が育成されていくでしょう。

マンガENGLISH100ご案内

「聞く・読む」だけでなく「話す・書く」まで問われるようになる

今朝は秋篠宮家の長女
眞子(まこ)さまご婚約のニュースが
話題となっていましたが

その合間をぬって

2020年の大学入試改革についての
続報も入ってきましたね。

英語は現在のセンター試験での
「聞く」「読む」だけをはかるテストから

「話す」「書く」も含めた

4技能をはかるテストに
変革をしていくとのことで

4技能をはかる民間の英語資格試験テスト
英検やTOEICやTOEFLなどのスコアを
入試の評価対象とするという

以前から話題になっていた通りの方向で
最終調整に入ったようですね。

2018年度から
新学習指導要領の移行措置が始まります。

これからの中学校の授業は、
さらにコミュニケーションを重視した
実践的な内容となっていくことでしょう。

今の中学生が大学受験をする頃には

英語の4技能のうち「聞く・読む」だけでなく、
「話す・書く」まで問われるようになるでしょう。

「使える英語」を身につけていくためにも、

今のうちから「実際に英語を使ってみる経験」を
増やすことが大切です。

具体的には
できるだけ英語でコミュニケーションをとること。

例えばご家庭で

英語の映画や動画を字幕なしで見て
内容を理解する練習をしたり

それに対する自分の意見を
英語で言ってみる

などの練習も効果的でしょう。

今までの英語学習は

あらかじめフレーズを教わって
それを暗記して話す

という学習法でした。

相手のセリフも決まっているので

その場ではいつも会話が成り立っていました。

ところがリアルな会話では

「言ったけれども通じなかった」ということが
起こるわけです。

そこで初めてその原因が

単語にあったのか
文法にあったのか

を考えます。

その体験を通じて覚えた英語や文法は
忘れないでしょう。

このように

気づき=知的ギャップ(言いたいのに言えない)
を経験することが

英語学習では大切になってきます。

知的ギャップを埋めるためには、
「最初に」コミュニケーションが必要です。

コミュニケーションがないと
ギャップに気づくことさえできません。

ギャップに気づけるような
コミュニケーション体験を多く持つことが
英語力をさらに高めることになるのです。

よくある

「英会話のフレーズを暗記してから話す」
という練習法は実践的ではありません。

つまり
Listen and Repeatだけでは
いつまでたっても話せるようになりません。

なぜなら
いざ英語を話すときに

普通の会話、日本語でもそうですけれど

予め言葉を用意して話す、ということは
日常生活では、ほとんどないわけです。

言葉を用意してないといけない場面
これはかなり特殊ですが

結婚式のスピーチや
代表挨拶のような

言葉を用意してないといけない場面では
日本語でさえも
原稿のようなメモのようなものを用意しますよね。

ましてや音声だけで記憶するなど
日本語でさえもできないことです。

普通の会話では

目の前に見えているものや
頭の中に浮かんだイメージを言葉にすることが
ほとんどなわけです。

ですから

英語でも

目の前に見えているものや
頭の中に浮かんだイメージを言葉にする練習

これが一番の近道です。

だから

絵を見て説明をしたり考えを述べたりする練習が
とても有効なんですね。

私たちには漫画があります。

とは言っても
いきなり話すことはできませんので

マンガENGLISH100タイトルを
見て聞いてまねることで

「自然な英語の並び」

英語を話すために必要なスキルは
本当にこれにつきます。

どんなに知識があっても
単語の綴りや日本語の訳を知っていても

自然な音を知らなければ
話せるようにはなりません。

自然な英語の並びは
知識をどんなに積み上げても

音を知らなければ
会話ではどうしようもないんですね。

逆を言えば
単語の綴りや日本語の訳を知らなくても

音を知っていれば会話はできるわけです。

とにかく音を経験しましょう。

これが正解!なんて一つもないので

その日の気分で
思いつく英語の音を出そうとしてみる

これは本当に大切です。

うまく英語の音が出てこないときは

マンガENGLISH100タイトルの中から
その日の気分で好きなストーリーを選んで
見て、聞いて、まねてみてくださいね。

マンガENGLISH100ご案内

国産バイリンガルの育て方にみる大人の英語学習法

国産バイリンガルという言葉をご存知でしょうか?

海外生活も留学もせずに日本国内にいて
自力でバイリンガルレベルまで
英語を身につけた人のことです。

最近では
自分の子どもを国産バイリンガルに育てたい

という親御さんも増えていて

両親は英語が話せなくても
子どもはネイティブ並みに育ったという実績も
でてきているようです。

幼少期の言語習得に
最も有効な手段と言えるものの一つに
絵本の読み聞かせがあります。

私たちが幼児期に本の読み聞かせで経験した
あの流れって、

すごく意味があったんですね。

あれって本当に自然に親たちが
誰からのマニュアルとかがあるわけでもないのに
万国共通であるアプローチですよね。

不思議だと思いませんか。

それは言語装置から来る感性なんですよね。

ところが今、小さいお子さん達のいるご家庭を
訪ねてみると

英語の時はもうほんとに受験英語の感覚で
読み聞かせをしてるんです。

英語の絵本を、1,2歳の子供に文字をなぞりながら
読み聞かせたくなっちゃうんですよね。

多摩大学の名誉教授に
グレゴリー・クラークさんという方がいらっしゃるんですが、

多摩大学の入試科目から英語を外すので
中学高校では英語の勉強を
何もやらないで来て下さい

って言ったんですね。

それは当時
本当に衝撃が走りまして

訳して暗記して、そして意味を調べて文法的に解釈して、そして分からないところも即調べて、そこを確認して、そして狭い文法知識でとりあえず理論付けて・・・

全てが無駄とは言いたくないですけれども
そういう英語教育ですね。

英語ネイティブの方だったら
そういうのはやらないで来てくれって
思いっきり言いたくなるのは
ちょっと分かるかなって気もするんです。

国産バイリンガルを育てる秘訣は、

たくさんの英語の絵本に触れさせること。

Skype英会話などを駆使して
いつでも英語で発話が出来るような
環境を作ってあげること。

そして、なにより
無理矢理やらせないことだそうです。

こうして日本に居ながらにして
ネイティブ並みの英語力をつけることが
出来たわけですね。

このインプットとアウトプットのバランス、
そして何より詰め込まない学習というのは、

きっと大人の英語学習にも
大きなヒントになるのではないでしょうか。

マンガENGLISH100ご案内

英語はどれくらいの頻度で勉強しますか?

英語はどれくらいの頻度で勉強しますか?

そんなことを
英語でつぶやいたら

世界中からメッセージが届きました。
クリック⇒ Google+ どれくらい英語を勉強しますか?

フレーズ集を暗記するやり方では
いろいろな言い回しに対応できません。

相手がフレーズ集と同じ英語で
語りかけてくれることなど
ほとんどないからです。

英語でも自由に会話を楽しむためには
暗記型の学習をやめて

頭の中に浮かんだイメージを言葉にする練習

これが一番の近道です。

ひとりで話す練習をする・・・

今までなら「そんなの無理!」って
なっていたと思いますが

私たちには漫画があります。

中学校で習った英単語を思い出しながら
片言から始めてみましょう!

マンガENGLISHが
他の教材や学習法との一番の違いは

文字のない漫画イラストで
「自分で話す練習ができる」

という点です。

とは言っても
いくら漫画があっても

いきなり話すことは
ネイティブだってしませんので

まずは100時間くらい
100タイトルを

見て、聞いて、まねる
という

英語ネイティブの子ども時代を経験できます。

100タイトルのストーリーを通して
30,000以上のフレーズを

まず一通り体の中に通したら

そのあとは
漫画イラストを見ながら

誰がいて
何をしていて
自分ならどうするか、など・・・

ひとり英語トークをしてみましょう。

マンガENGLISH100ご案内

「休みの日は何をしていますか?」を英語で

「休みの日は何をしていますか?」は
英会話ではよく聞く質問ですね。

私は自営なので
仕事は平日でも休みの日もあれば
週末に仕事が入ることもあります。

カレンダー通りに
休めるとは限らないので

「休日には何をしてますか?」と聞かれると
休日が決まっているわけではなく
前もってわからないこともあるので

実は困ってしまいます。

でも、というか、だからこそ
仕事が休みの日は
前もって予定していなくてもできること

美術館に入ったり
景色がいいところを見て歩くのが好きです。

そんなことを
英語でつぶやいてみました。
クリック⇒ Google+ 休みの日の過ごし方

フレーズ集には
こういう言い回しは出てきません。

英語でも自由に会話を楽しむためには
暗記型の学習をやめて

頭の中に浮かんだイメージを言葉にする練習

これが一番の近道です。

ひとりで話す練習をする・・・

今までなら「そんなの無理!」って
なっていたと思いますが

私たちには漫画があります。

中学校で習った英単語を思い出しながら
片言から始めてみましょう!

マンガENGLISHが
他の教材や学習法との一番の違いは

文字のない漫画イラストで
「自分で話す練習ができる」

という点です。

とは言っても
いくら漫画があっても

いきなり話すことは
ネイティブだってしませんので

まずは100時間くらい
100タイトルを

見て、聞いて、まねる
という

英語ネイティブの子ども時代を経験できます。

100タイトルのストーリーを通して
30,000以上のフレーズを

まず一通り体の中に通したら

そのあとは
漫画イラストを見ながら

誰がいて
何をしていて
自分ならどうするか、など・・・

ひとり英語トークをしてみましょう。

マンガENGLISH100ご案内

YouTube動画をアップしました

YouTubeに動画をアップしました。

心に深く響く、

京セラ/KDDI創業者の稲盛和夫氏の一言
「能力は未来進行形で考える」

をシェアさせてください。

今、英語が思うように話せないのは当たり前、
だから練習をしている。

しかし、3年後、5年後

「ペラペラ英語を喋っている自分」がいる。
いや、必ずなる。

私はコツコツ頑張る人を応援します、
真面目に学びたい人を応援します。

英語という非常に便利な「コミュニケーションツール」を
身に付けることで世界は広がる

「Opportunity」が無限に拡大するのです。

「できないからやらない」→「できないからやる」

このマインドセットを大切にし
夢を現実にしていく皆さんに

「楽しく継続できる」英語を提供するのが

マンガENGLISHです。

マンガENGLISH100ご案内

マンガENGLISHについて質問

動画を拝見して、ちょっとわからない所があったので教えていただきたいのですが。 ダウンロード版を購入する際、ムービーとテキストを購入すれば ステップ3(1分みて思いつく英単語をあげる)までの100時間分のテキストが入っているのでしょうか?
*********************

お問い合わせありがとうございます。

それぞれ別のものになります。

ムービーと英文テキストに加えて

「ピクチャーストーリー」と
「ネイティブの音声」をお使いいただくことで
より効果的になります。

ピクチャーストーリー」は
漫画イラストのPDFデータファイルで

ひとり英語トークで使います。

ネイティブの音声」は
フレーズごとに区切って録音した
音声ファイルで

「リピート」と「リプロダクション」で使います。

マンガENGLISHなら

効果(1) 英単語を暗記する必要がなくなります。
効果(2) 日本語に訳さずダイレクトに英語を聞けるようになります。
効果(3) わからない単語があっても、つまずかなくなります。
効果(4) 英語を英語の語順で理解できるようになります。
効果(5) 英語で考えることができるようになります。
効果(6) 英語が話せるようになります。

そのためには

100タイトルのマンガENGLISHを
できるだけ早い段階で一通り
体の中を通してあげてください。

10個や20個の限られたタイトル数を
繰り返していると

暗記しよう
日本語に訳してわかろう

としてしまいがちです。

訳すということは

英語と日本語の語順-特に述語動詞の位置が
日本語と英語では大きく異なりますから

英語の語順を日本語に合わせて入れ替える習慣が
そのままになってしまい

英語の語順では理解できないままになってしまいます。

語順を入れ替えないと読めないという事は
読むスピードが遅くなるばかりではなく

リスニングのとき
音は英語の語順のまま消えて行ってしまいますので
リスニングが苦手なままということになりますよね。

さらに訳そうとすることで

意味を知らない単語で目が止まるという
従来の学習習慣もそのままになってしまいます。

この悪循環を断ち切るためには
本当に最初が肝心です。

なるべく早い段階で

100タイトルを体の中に
通してあげてください。

マンガENGLISHは100タイトルで

英語ネイティブにも必要十分な
日常英会話の必修語彙3,000語が
自然に繰り返されているので

日本語を身につけたときと同じように

飛び交っている音の中から
自分で単語をつかみ取る経験ができます。

そうすれば単語を忘れるという事がなくなります。

日本語では「窓」も「椅子」も「机」も
誰かに教えられたのではなく

生活の中で飛び交っている音の中から
自分で切り出してきたので

忘れることがないのです。

(日本語でも受験のために暗記させられた言葉は
すぐに忘れてしまいますよね)

中学・高校の英語では
単語を「一回で」「一つの日本語の意味と」
覚えたのですぐに忘れてしまったのですが

マンガENGLISHでは
英語ネイティブが日常会話で使う3,000語が

漫画イラストといっしょに
100タイトルのストーリーの中で
様々な文脈の中で自然に繰り返されるので

「一回で」「日本語の意味」と「暗記」しなくても
「場面」と「音」で英語を自然に覚えられるのです。

「場面」と「音」で覚えた言葉は
いざ英会話と言うときに

「場面」の中で「音」になって出てきてくれます。

今まで、こんな体験したことがなかったので
最初は不思議な感じがするかもしれません。
ぜひ、あなた自身の脳で体験してください。

予算が限られていて
一度に100タイトルを購入できない方も
いらっしゃるでしょう。

たとえば月に10個ずつとします。

そういう方の場合
100タイトルが手元に揃うまでは
繰り返さずに

1~2回

軽く触れたところで
いったん止めて

100タイトルがそろったところで
本格的に始めてください。

100タイトル手元に揃うまでは

10個ずつ買いながら

英語の映画や
YouTubeの英語の動画を観て

ネイティブの英語に
た~くさん触れていてください。

そして

100タイトルがそろったところで
ようやく本番ですね!

マンガENGLISH100ご案内

「使える英語」を「効率よく」身につける

さきほどYouTube動画をアップしました。

「使える英語」を「効率よく」身につけたかったら
「英語そのものに触れること」が一番の近道です。

つまり「日本語を介在させない」こと。

英語がまだ身についていないと感じた時

今までは
もっといい学習法はないか
とか

もっとわかりやすい説明はないか
をつい探していたかと思います。

それはもはや英語ではありません。

実はどんなにわかりやすいと
その時には感じても

それが日本語での説明や
日本語に訳すことでしか実感が持てない

としたら

それはもう英語ではないのです。

英語そのものに触れること

それが英語を身につける
一番の近道です。

マンガENGLISHは
漫画イラストと英語の音声のみですから

英語そのものに触れる時間を
最大限にすることができるので
効率がいいのです。

これからは
英語がまだ身についていないかも・・・
と迷った時ほど

わかりやすい日本語での説明を
探すのではなく

英語そのものに触れるようにしてください。

英語そのものという意味では

洋画や洋書などにも
時々触れてみるのもいいと思いますよ。

マンガENGLISH100ご案内

スポーツ選手の英語がペラペラな理由

海外で活躍する日本人アスリートたち。

イタリアのチームで活躍するサッカー選手や、
アメリカで活躍する野球選手、
中国で台頭する卓球選手など、

みんな短期間でその国の言語が
上達していることに驚かされますよね。

しかも彼らはアスリート。

語学の勉強に行ったわけではありませんし、
なんといっても机に向かって
勉強するような時間は、
基本的にとれないはずなんです。

マンガENGLISHの学習を通して、
母国語を習得した過程を疑似体験しながら
英語脳を育んでいこうという育みの中で、

文字も見ず、訳も見ないで英文を聞く
ということをはじめて体験すると
なかなか不安なものだと思います。

けれども聞こえてきた音の中から、
本当に印象に残った範囲で、

単語だったり文章だったりを
軽く声に出していただくことで、

ちょうど2、3歳の子どもたちが、
何となく声に出す時期

あーとかうーだけではなく
単語をぽろんと言い出す時期を
体験しているわけなんですね。

母国語を習得した過程でも、
親たちがちっちゃい子どもがいるからといって、

親同士が話すときというのは、
実に普通のスピードで、
普通の話しをするわけなんですね。

母国語の場合、
自分に向けて話しかけられるときは
わかりやすくて短い言葉なんだけれども、

親同士やまわりのお兄ちゃんたちは
普通に大人の会話をしていて、

このレベルに幅のある働きかけが
日々なされているので、
あれだけ短期間に誰も失敗することなく、
身につけることができているんです。

私たちがまだ幼かったころに、
両親が普通に大人の話をしているときに、

お母さんがお父さんに、

そんなに長い話この子には
まだわかんないだからやめてなんて、

そんなことはなかったわけですね。

わかる、わからないは別として、
親たちは普通に日常会話、
普通のスピードで話していくあの感じを、
英語でも経験したいんですよ。

もうちょっと単語が増えてからとか、
聞き取りができるようになってから、
少しずつ早くしていこうとするので、
脳がパニックするんだそうです。

だからといって、それを
かたっぱしから覚えましょう

ではダメなんです。

印象に残った範囲で声に出したり、
自分が興味のある言葉から
マイペースで取り込んでいく、

このステージを経験させてあげて、
本来の自然の言語の習得ができる状態を、
もう一回よみがえらせる形になるわけです。

アスリートの語学習得率が高い背景には、

単身その地に乗り込むという
チャレンジ精神だけでなく、

スポーツ選手ならではの

「イメージトレーニング」能力や
「日々の地道な繰り返しが苦にならない」

という特徴があると考えられます。

スポーツを身体で覚えていくように、
彼らは言葉も体全体で
覚えているのかもしれませんね。

マンガENGLISH100ご案内