アドラー心理学と英語

人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしているのだ。人生は、きわめてシンプルである。

これはアドラー心理学の名言の一つ。

そのまま英語学習に当てはまります。

英語を身につけるためにすべきことは
いたってシンプルです。

良い英語をまねること。

単語を〇〇語、暗記してから
中学の文法をおさらいしてから
資格試験を取得してから
脳の正しい使い方を理解してから

などの「たくさんの学習法」が
英語の自然な習得を困難にしているのです。

さらに本質から逃げているのが
「もうこれ以上がんばらなくていい」
というタイプの学習法。

「中学までの知識で十分です」

「Aという単語をご存知ですよね。
Bという単語もご存知ですよね。
この2つを組み合わせると、
こんな意味になるんですよ。
だから、もう、これ以上、
暗記しなくて大丈夫なんです!」

こういうアプローチは
ひととき心は休まるのですが
結局のところリアルな会話の場面で
自分の言葉で英語を話すことはできません。

その理由は本で学んでいるから。

本の中で英文と日本語の解説があるから
わかったと思っているだけで

結局、音だけで聞き取ったり
音だけで口まねができないと
リアルな会話でほとんど役に立たないわけで。

英文テキストを読めばわかる・・・
だれかに説明をしてもらえば理解できる・・・

こんな学習法を続けてはいつまでたっても
会話で英語が使えるようにはなりません。

英会話ができるようになりたければ
とにかく「本物の英語の音」をまねて
声に出してみる。使ってみる。

それだけ、なんです。

アドラー心理学ふうに
英語の習得についてまとめてみました。

英語の習得が困難なのではない。多々ある英語の学習法が英語の習得を困難にしているのだ。そもそも言葉の習得は、きわめてシンプルである。

マンガENGLISH ご案内はこちら

英語でも〇〇を経験するとペラペラに

よく言われていることですが
言葉を話すのは自転車に乗るようなもの。

誰かにやり方を説明してもらっても
自分の体で経験しない限り身に付きません。

本当に英語を話せるようになりたければ
英語を話す練習から始めるのが
一番の近道です。

子どものころ
女の子はお人形で
男の子はミニカーで

ひとり言をしゃべりながら遊んだ時期が
あるでしょう?

言葉の自然な習得は
他人とのコミュニケーションの前に
ひとり言の時期が必ずあります。

英語でもひとり言を経験すると
ペラペラになります。

マンガENGLISH ご案内はこちら

それを言っちゃ、おしまいよ!

ある英会話スクールのキャッチコピーで
最近ちょっと気になるのが

本気で英語を目指す方のみ募集

というもの。見た瞬間、

それを言っちゃ、おしまいよ!
って思っちゃいました。

だって、ほんとに本気の人は
「何を」「どのように」すれば良いか
自分で調べて

良いと思った方法を実行してますよ。

今どきネットで検索すれば
大抵のことは調べられます。

英会話の習得法も

ネットにた~くさん出ていますから
その中で自分に一番合う方法を選んで実行すればいいのです。

「何を」「どのように」すればいいのか
自分ではわからない時、スクールに行くんです。

だからスクールを運営する人たちには
「迷ったり悩んでいる人でも手取り足取り教えます!!」
くらいの気合いがほしいです。

トランプさんの英語

トランプさんが大統領に就任ですね。

トランプさんの英語と言えば
お笑い芸人パックンさんによると
「小学生レベル」だそう。

またジャーナリストの池上彰さんによると
トランプ氏は
ネイティブの小学6年生レベルの
単語と構文を使っているため

話す内容は分かりやすいし、
大勢の支持も得たと分析しています。

6才児に説明できなければ、理解したとはいえない
If you can’t explain it to a six year old, you don’t understand it yourself.

これは現代物理学の父、アインシュタインが
残した名言の一つですが、

ある日アインシュタインが街中で小さな男の子に
「相対性理論って何なの、教えてよ!」と質問され

アインシュタインはにっこりと微笑み、
こう答えたそうです。

「もし君が、きれいな女の子と
一時間並んで坐っていたとすれば、
その一時間は一分のように思えるでしょう。

しかし、もし君が
熱いストーブのそばに一分間坐っていたら、
その一分間は一時間のように感じるでしょう。
これが相対性です。」

小学生にわかる説明ができれば
誰にでも伝わる話し方になるということですね。

英語脳って何?

「英語脳」という言葉を
また最近よく見かけるようになりました。

去年の夏に発売された
脳科学書の茂木健一郎さんの著書は
「最強」英語脳を作る、でしたし

ある英会話スクールのキャッチコピーは
「超」英語脳を作る、ということで

もはや、ただの英語脳ではない?!
という感じですが

そもそも英語脳って何でしょうか?

人によってとらえ方はいろいろありますが
「他の言語に置き換えることなく
英語のまま理解し発信する脳」だと言えます。

私たちが日本語を
アメリカ人が英語を身につけるとき
当然のことながら訳したりしません。

言葉とその言葉の意味を
イメージでとらえているのです。

言葉とイメージが直結する
日本語では自然に起きているこの感覚が
英語でも感じられたら

それが英語脳なのです。

言葉とイメージが直結する感覚は
絵本の読み聞かせで身に付きます。

イラストで場面を感じながら
言葉をビジュアルでとらえるので
訳す必要がないのです。

おとなのやり直し英語にも
英語絵本があったらいいですよね。

日本には漫画という
素晴らしい文化があります。

漫画で場面を感じながら
言葉をビジュアルでとらえるので
日本語に訳さなくても理解できるのです。

マンガENGLISH100ご案内

ペラペラになれるとは、どういった状態を指すのでしょうか。とご質問をいただきました

「御社のサイトにある、ペラペラになれるとは、
どういった状態を指すのでしょうか。
ご回答頂きたく、宜しくお願い致します。」

と、ご質問をいただきました。

例えば私たちは当然のことながら
日本語がペラペラですね。

それは決して早口という事ではありません。
むしろ言葉と言葉に間が空いたり言葉に詰まったり
ということもよくあります。

日本語の普通の会話では
予めセリフを暗記していません。
相手によって場面によって
自然に口をついて出てきた言葉を発します。

発した後で
言葉が足りなかった、とか
言い過ぎた、とか

自然な修正を加えたり
次に思いつく言葉がうまく見つからなくて
言い淀んでしまったり・・・

それが自然な話し方です。

ところが英会話というと

英会話スクールのCM動画などの影響もあって
覚えたセリフを一気によどみなく話す話し方が
ペラペラというイメージがあります。

それは現実とは異なります。

英語のネイティブスピーカーたちも
日常会話では

思い付きで音を発して
後から自然な修正を加えたり
次に思いつく言葉がうまく見つからなくて
言い淀んでしまったり・・・が普通なのです。

ですからそういう話し方をしないと
本当の意味でペラペラになれないのです。

それは、よくあるフレーズ集の暗記では身に付きません。
暗記したものを「そのまま再現するだけ」ではダメなのです。

場面の中で思いつく音を声に出す練習が必要です。

そのために私たちは漫画イラストで場面を感じながら
思いつく英語の音を声に出す練習を通して

英語ネイティブのような
ナチュラルな話し方をする練習をしています。

マンガENGLISH100ご案内

私は失敗したことがない。ただ・・・

今年になって急に目覚めたWordpress。

人に会うたびにワードプレスの良さ、すごさを
お伝えしているのですが

昨日ある会社の社長さんに話したところ

社長さん「そんなにいいものなら、みんな使うはずだよね」と。

つまり、みんなが使ってしまったら
競争にはならないから意味がない、とおっしゃるので

私「例えば学生時代、授業で同じ先生から同じ話を聞いても
成績は5から1まで人によって違ったように
ワードプレスも人それぞれ結果は違うと思います」と言うと

その社長さんは「じゃあ、わざわざやってもしょうがない」と。

英語学習と同じだなと思いました。

良い教材を使ったからと言って
誰でもペラペラになれるわけではないけれど

やる前から
自分がペラペラになるわけがないと決めてしまったら
何も起こらないわけで

「やってみないとわからない」ことを
「チャンス」ととらえるか

「やって失敗するのが嫌だからやらない」
と考えるかで、その後の人生が変わってきます。

私は失敗したことがない。
ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。
I have not failed. I’ve just found 10,000 ways that won’t work.

ご存知Thomas Edison(トーマス・エジソン)の名言ですが

英語学習にもそのまま当てはまります。

帰国子女でもないのに
英語がペラペラになるわけがない

と思ってしまったら、そこで終わりです。

英語がペラペラになるまで
うまくいく方法を探し続ける
と思えたら

必ず話せるようになるんですけどね。。。

マンガENGLISH100ご案内

すごいモチベーション

英語で話す恋人を作るといい
というアドバイス
聞いたことあるかと思いますが

確かに話す相手がいると
英語学習にはすごい
モチベーションになりますよね。

今やSNS時代

勇気をもって一歩踏み出せば
英語で話す相手をみつけるのは簡単です。

相手を見つけるのは簡単ですが
問題なのはその後

英語でのやり取りです。

愛があれば言葉なんていらないでしょうが
言葉があればさらに理解を深めることができます。

もちろん人工知能のおかげもあり
翻訳機能は充実しているのですが

できれば翻訳機能などに頼らずに
自分の言葉で英語が話せたり

日本語に訳さなくても
英語のまま理解できたら
きっともっと楽しいですよね。

海外ではアニメや漫画で
日本語がペラペラになっている人が増えています。

マンガで場面が想像できるので
日本語に訳さなくても
英語のまま理解ができるのです。

マンガENGLISH100ご案内

 

歯磨きと英語の不思議な関係

「英語をやらなきゃ」と思っても
なかなかできない人の多くは

机に向かってから
何をやろうか考える人です。

人は何かをしなくちゃと考えると
逆に手が止まってしまいます。

それよりも「英語をやる」
ということを決めるのです。

たとえば朝起きたら歯を磨きますよね。

歯を磨く時に「何をしようかな?」とは
考えてはいないと思います。

これは習慣化による条件反射です。

英語をやるときにも同じように
習慣化による条件反射でやるようにすれば
英語をやらないという問題はなくなります。

どうすればいいのかというと
何かの事象を条件として
それをトリガーに行動を習慣化すればいいのです。

たとえば、あなたが
「朝起きたら(条件)、歯を磨く(行動)ということは
「朝起きる」という事象がトリガーとなって
「歯を磨く」という行動をとっています。

つまり
何か事象が起こったら英語をやると決めておくのです。

朝コーヒーを飲んでいるとき
通勤中の電車の中
ランチの後で一服しているとき
など

最初はなかなか慣れないかもしれませんが
回数をこなしていくうちに
どんどん習慣化されていきます。

習慣化されたら
英語が日常生活に自然に溶け込んでくるのです。

そうなれば、もう、しめたものです。

勉強しよう!とがんばらなくても
自然に英語に触れたくなりますから

その結果、英語力も自然とアップするのです。

マンガENGLISHなら

1本が2~3分の小さな漫画ストーリーが
全部で100タイトル

1日2~3分から取り組めて
スマホからも楽しく学べるので

スキマ時間を有効活用できます。

マンガENGLISH100ご案内

ネイティブなのに英語が通じない

日本を訪れる外国人の数は
2,000万人を超えています。

日本に住む外国人の数も
220万人を超えているとのこと。

そのせいか最近では観光地ばかりでなく
郵便局やクリーニング屋のような
普通の生活空間で

日本語がわからなくて困っている
外国人の姿をみかけることが多くなりました。

郵便局では
住所変更届のために訪れていた外国人に

郵便局の人がいっしょうけんめいに

「ここに古い住所を書いて
その下に新しい住所を書いて。
違う、違う、消しちゃダメなの!
この住所の下に新しい住所を書いて」

と説明したけど、全く通じなくて

「じゃ、私の方で書きます。」と郵便局員さん。
「ほんとうは、ダメなんだけどね」と苦笑。。。

クリーニング屋では

メンバーになると年会費500円がかかるが
その分クリーニング代が安くなることを
伝えようとしていたのですが

日本語がわからないということで

その場で家に電話をして
おうちの人に通訳してもらっていました。

こういう時に国際語としての英語が
お互いに使えると便利ですよね。

世界中にはいろいろな英語があふれていて

たとえばインドの英語など
それぞれのお国訛りの英語の方が
ネイティブの英語よりも多くなっています。

そのために
ネイティブの英語が通じない

という現象まで起きてしまって
時々コミュニケーションの障害になっているのです。

マンガENGLISHは
漫画×英語なので

母国語が何語でもお使いいただけます。

日本人の方はもちろん
アジアやヨーロッパの方々にも
ご利用いただいています。

マンガENGLISH100ご案内