漫画で英語の初心者さんにも安心

こんにちは、山口智子です。

私は留学経験も海外生活体験も無く、ダーリンが外国人でもなく、30歳の時に「英語が話せるようになりたい」と思い立ち、良いトレーニング法と出会えたおかげで、1年ちょっとで英語が話せるようになりました。中学・高校の英語の成績は非常に悪く、いつも追試を受けなければならないほど、ひどかった私でも、日常英会話ができるようになりました。

今度こそ、話せる英語力を身につけたいと張り切っていらっしゃるでしょうか。それよりも不安な気持ちの方が大きいでしょうか。

何しろ今までの英語学習と言えば、中学・高校での「英文テキストを使って日本語に訳すこと」が中心だった受験英語から始まって、さすがにそれでは話せるようにならないと気づき、英会話スクールや語学留学など、英語ネイティブとの会話も重ねてみたけれど一向に上達しないまま、教材も「よさそうだな」と思ったら購入してみては、これまた大きな変化のないまま「自分に才能が無いのか、それとも世の中が悪いのか」答えが出ないまま今に至る、というのが実感ではないかと思います。私もそうでしたので、よくわかります。

今までの英語学習法は「〇ルリッツ」や「〇〇式」という、誰かが考案したメソッドです。その人が英語を習得した経験を基に編み出したメソッドなので、その人にとっては、その方法がベストだったかもしれませんが、それが他の人にも通用するかどうかは別の話です。だから、その発案者にとっては最高のメソッドだけれど、あなたには合わなかっただけなのです。

もしくはネイティブが英語を習得したプロセスに注目したメソッドもあります。「ネイティブの赤ちゃんのように英語を学ぶと良い」という考え方ですね。一見、理にかなっているようにも思えますが、本質的ではありません。

その理由は、英語ネイティブの子どもたちなら、ひたすら英語に触れるだけでペラペラと話せるようになりますが、私たちのようにある程度の年齢になって、日本語が確立された状態で、英語を後付けで身につける場合、英語を聞いたり、読んだり、話したり、書いたりしている最中でも、アタマの中は日本語です。その日本語が、英語を話したり聞いたりしているときにも邪魔にならないどころか、むしろ、スムーズになる情報処理を手に入れることが、どうしても必要です。

それは、まさに、同時通訳の人たちのアタマの中で起きているような「日本語と英語が仲良し」の状態。そのアタマさえ手に入れば、日本語で考えながら英語で思ったことをスラスラと話し、相手が言っていることもスムーズに理解できるようになります。

通訳トレーニングと聞いて「ハードルが高いのでは?」と思われるかもしれませんね。

確かにプロの通訳を目指すのであれば、政治・経済・金融・・・など難易度の高い語彙が必要です。ところが日常英会話の場合、「Oxford3,000」でも知られている通り、英語ネイティブ同士でさえも、日常会話で8~9割、使用している語彙数は3,000語程度です。私たちは中学・高校の受験英語で約6,000語を学んでいますので、これ以上、単語を暗記する必要はありません。

さらに漫画を使いますので、英語の初心者さんにも安心してお取り組みいただけます。

マンガENGLISHには受講期間の制限はありません。話せるようになるまで続けていただければ、必ず話せるようになります。無料サポート(ここをクリック)もご利用いただけますので安心です。

世の中には「たったこれだけで英語は話せる!」「一週間でペラペラになります」といった甘い謳い文句で誘ってくる教材がありますが、言語の習得にはある程度の時間が必要です。だからと言って、ただ漫然と英語を聞いたり読んだりしていても話せるようにならない、という事は、今までの英語学習から嫌というほど実感していらっしゃるからこそ、「マンガENGLISH」という今までの英語学習法とはひと味もふた味も違う学習法に興味を持たれていると思います。ぜひ、あなた自身の脳で体験してください。

多くの受講者さまが最初は不安な気持ちから初めて、今では通訳や翻訳などの活動に取り組んでいらっしゃいます。受講生の方たちとネット会議やサロンでの交流会もあります。

もちろん受講前に不安なことがありましたら、いつでもお気軽に「info ♪ mangaeigo.net」(♪を@に変えて)宛に、お問い合わせください。ご質問と私からの回答はブログで公開にて行いますので、無理に説得したり勧誘したりすることなど一切ございませんので安心してお問い合わせください。

あなたのご参加を心よりお待ち申し上げております。

山口智子

マンガENGLISH ご案内はこちら