修了テストに合格しました

英語が使えるようになったら、何がしたいですか?

私の場合は

もともと英語で発せられた情報を
誰かが日本語に訳したものではなく

英語のままで触れたいとの思いから
英語を身につけました。

きっかけはコーチング・ブームでした。

20年くらい前でしょうか?アメリカでは「コーチング」という技法がブームになっており、これから日本にも浸透してくるから、ということで、複数の会社が、かなり高額でセミナーをこぞって開講していました。「日本」「連盟」「協会」などと「コーチング」が組み合わさった団体が複数でき、コーチ養成塾を修了すると「公認」となって、その肩書を名刺に入れて活動し、一時期、ビジネス交流会に行くと、○○コーチが半数近く・・・という時代もありました。

私も当時、何度かワークショップに参加しました。

ところがレクチャーを受けていても、クライアント役とコーチ役になってロールプレイを体験しても、日本語という言語とは、どこか何か合わないように思えて、結局、挫折してしまいました。

最近になってコーチングをオンラインで「英語」で学びました。コーチングは英語圏発祥ですから、英語との親和性は高く(当然のことですね!)すごく気持ちよかったです。

修了テストにも合格して証明書をいただきました。

学ぶことは楽しいです。

みなさんも、英語圏発祥の技法や文化を「英語のまま」習得してみませんか?日本語を介するよりずっとスッキリ入って来ます。今どきオンラインなら留学するよりもずっと安価で質の高いレクチャーが受けられますよ。Webミーティングシステムなどを通じてロールプレイやコミュニケーションも体験できます。

英語は英語のまま・・・が一番ですね。

マンガENGLISH100ご案内