英語ネイティブが日常会話で80%使う3,000語を、会話で使えるように覚える

英語ネイティブが日常会話で使う語彙の80~90%は
せいぜい3000語程度と言われていて、

オックスフォード大学の出版局
オックスフォード出版から「Oxford3,000」
といった辞書が発行されていますが、

この3,000という数字が

英語ネイティブでさえ
日常会話の8~9割を占める語彙数だと言われています。

いくらネイティブとは言え

会話のすべてがスラングやジョークというはずはなく
日常会話の8割はこの3,000語で構成されているんですね。

その3,000語のほとんどが
私たちが中学・高校で学んだ英単語で構成されているので

まずはこの3,000語が「音だけ」で何とかなれば
ネイティブの会話も8割は聞き取れるわけで
8割聞き取れれば結構わかりますからね。

楽しめるわけです。

忙しい社会人にとっては教材選びは大切です。

この3,000語の習得を

会話で本当に必要な
「音だけで何とかできる脳の習慣」が作れる教材が

マンガENGLISHです。

今回のセミナーでも話題になりました。

YouTubeにアップしましたのでご覧ください。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH ご案内はこちら