英語が話せるようになるまで何時間必要?

英語が話せるようになるまでに必要な時間は
1,000時間とも3,000時間とも10,000時間とも言われ

もちろんある程度の時間は必要ですが

そもそものところで
その時間をどう過ごすか、がとても大切です。

英語が聞けて話せるようになりたければ
英語そのものに触れる時間を増やすしかありません。

よくある
「この方法なら今までと違って英語が話せるようになりますよ」と
日本人の先生が日本語でわかりやすく解説する

という形式の教材では
残念ながら自由に話せるようにはなりません。

「大人は赤ちゃんとは違う」から
「大人に会った説明が必要」だとか
「理解をしていないものは覚えられるはずがない」と謳い

そのために「わかりやすい説明をしますよ」というのが
大かたの教材の売り文句です。

その説明が「世界一わかりやすい」だったり
「面白おかしく笑っているうちに」だったり
「外資系でのビジネス経験をもとに」など

それぞれに特徴があるようですが本質は同じ事です。

繰り返しになりますが

英語が聞けて話せるようになりたければ
英語そのものに触れる時間を増やすしかありません。

日本語で説明を受けていたら
それはもはや英語では無いのです。

一人でも多くの方がその事実に気づき
勇気を出して自分の耳と口を使って

英語の音を切り出して
自分なりに意味付けをし
自分なりに使いながら修正をかけていく

そんな当たり前のことが
当たり前の世の中になりますように。

こちらのYouTube動画でお話しています。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH100ご案内

効率よくオンライン英会話を活用する

英語を話す練習をしなければ
英語を話せるようにならないのはわかっているけれど
そもそも話す相手がいない

という方も多いのではないでしょうか。

昔は、高い月謝を払って
英会話スクールに通わなければいけませんでしたが

今の時代はオンライン英会話が安くて手軽で便利ですよね。

だからと言って
ただ漠然とレッスンを受けていても話せるようにはなりません。

レッスンを復習して
出来なかったことをできるようにしていくことが大切です。

こちらのYouTube動画で話題にしています。

このYouTube動画でご案内のCambly英会話は
こちらをクリック⇒ Cambly英会話

録画ができるので
復習がやりやすくてすごく便利です。

もし始めてみて
復習のやり方とかアドバイスなどが必要でしたら
マンガENGLISH100タイトル
ユーザー様サポートの掲示板でお気軽にご相談ください。

マンガENGLISHは

漫画イラストを見ながら英語の音を聞き

漫画イラストを見て
思いつく英語の音を話す

という練習を通して

英語を英語のまま理解し話せる教材です。

ひとりで学習できるので効率が良い反面
ちょっと寂しくなる時もありますよね。

マンガENGLISH100タイトル
ご購入済みの方で必要な方は

グーグルのグループへの登録を
お申し込みください。

年会費などの費用は一切かかりません。

ハンドルネーム(ニックネーム)のみの参加も可能です。

マンガENGLISHの動画100タイトルを購入済みで
グーグルのグループに参加ご希望の方は

登録のための私の確認用に

マンガENGLISH動画100タイトル
購入確認画面を

info♪mangaeigo.net(♪を@に変えてください)
に転送してください。

数日以内に、
招待メールを送らせていただきますので

【登録を申請したメールを確認】してください。

Googleのグループのため
【gmail】以外のメールアドレスの場合、
配信エラーになることがあります。

【gmail】での登録をおすすめします。

送信元のアドレスが
yahooなどのフリーメールの場合

迷惑メールフォルダに
振り分けられてしまうことがありました。

一週間たっても私からの返信がない場合
お手数ですが再度ご連絡ください。

まだ100タイトルがそろっていない方は
100タイトル購入後にご連絡ください。

私からの招待メールが届けば、いつでも

【登録済みのメール】でログインすれば
アクセスすることができます。

あせらずに
マイペースで学習をすすめてくださいね。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH100ご案内

実生活で英語を使っていない人が急速に英語力を高める

英語に触れる時間が多いほど、英語は上達します。海外留学したり海外赴任すると英語がしゃべれるようになるのは、24時間ずっと英語漬けになるからで、どんなアメリカ人でも英語が話せるのは、赤ちゃんの頃から何十年も英語を使っているからです。

日本人でもアメリカに住んでいたときには英語がペラペラだった人が、日本に帰ってきて英語に触れる時間が減ったら、どんどん英語ができなくなっていくのも同じことです。

そう考えると重要になってくるのは、「日本での生活をどれだけ英語漬けにできるか」ということ。

そこで「実生活で英語を使っていない人が急速に英語力を高める」方法をご紹介します。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH100ご案内

トップダウン vs ボトムアップ

自然な言語の習得はトップダウンで起こります。ところが一般的な英会話のテキストはボトムアップになっています。これが約30年間、英語を教えてきた中で、市販されている英会話のテキストでは英語を自然に習得できないことに気づき、オリジナルの英語教材を開発した理由です。

自然な言語習得の場面では、周りに飛び交っている連続する音の中から、音で単語を切り出して意味付けをしたり共通する文法をパターン化したりして、自分なりの仮説に基づいて使ってみては検証し、間違いに気づけば修正しながら、その言語に特有の秩序―いわゆる語彙と文法を必要なだけ獲得したときにその言語を習得したと言えます。

私たちは日本語で、決して単語や文法を意識的に習うことなく自然に身についた理由は、トップダウン処理をしてきたからなんですね。

ところが英語では単語や文法から習ってきました。単語や文法といった部品を組み上げて全体を作るボトムアップ方式で、自然な言語の習得とは真逆のアプローチです。

英語を本当に身につけたければ、自然な言語の習得と同様に、飛び交っている連続音の中から、音で単語を切り出して意味付けをし、さらに共通する文法をパターン化して、自分なりの仮説に基づいて使ってみては検証し、間違いに気づいて修正しながら、語彙と文法を必要なだけ獲得することさえできれば、ネイティブスピーカーと同じように自由にその言語を使うことができます。

ただし第一言語の場合は生活空間の中であえて言葉を選べば強制的にその言語に触れざるを得ないわけで、その必然性がそのまま言葉が必ず身につく保証にもなっているわけです。

さらに乳幼児期から振れている言語であれば感覚期(3歳くらいまで)と呼ばれている文字通り感覚的に言語を習得できる時期に当たるため、本人の努力や能力にかかわらず誰でも日常会話レベルの言葉は身につくのです。

ところが外国語の場合、生活上の必然性がない場合も多く、たとえ生活上の必然性はあっても、自然に言語を習得するための最重要素である感覚期を過ぎているため、自然に習得することは容易ではありません。

でも決してできないことではありません。

こちらのYouTube動画でご案内しています。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH100ご案内

未来の自分への投資

大人の事情で、英語の勉強を始める人が増えています。

きっかけは「仕事」など、現実的な理由かもしれません。でもそのきっかけを生かせばもしかしたら英語を勉強することそれ自体あなたの人生における新しいチャンスになるかもしれません。

英語の勉強を未来の自分への投資と考えて取り組めば、それがいつかどこかで、大きなリターンとなって返ってくる可能性があります。

せっかくの機会なので、使える英語を身につけてあなた自身の未来に種を蒔いてみませんか?

マンガENGLISH100ご案内

英語は絵で覚えると、どんどん話せる

暗記が苦手でなかなか記憶できないと悩んでいる人は多いでしょう。しかし本来脳は驚くべき記憶能力を持っています。記憶が苦手な人はその記憶能力を十分引き出せていないのです。

記憶能力を向上させるコツはビジュアルのイメージを持つことです。

人の名前を覚える場合にもただ名前を覚えるだけでなく、その人の顔立ちやスタイル、会った時に来ていた服装などを頭にイメージさせれば覚えやすくなります。これを記憶全体に活用するのです。その際に記憶する対象に相応しいイメージで有る必要はありません。まったく関係が無いイメージを無理やり結びつけても大丈夫です。

英語も絵で覚えると記憶しやすくなります。

こちらのYouTube動画でお話しています。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH100ご案内

英語がペラペラになるまで何年必要!?

英語がペラペラになるまで何年必要かという事について
流暢な日本語とネイティブ英語で紹介する動画を見つけました。

全体で7分弱にすっきりとまとまっていますが
特に【3:20】あたりから注目していただくと良いと思います。

さらに【5:03】あたりの

「日本でよく見るんですけれど
 6か月とか3ヶ月でペラペラに・・・なんていう宣伝、多いですね。
 それは、うそです。」

そして【5:30】あたりで

時間をかけているのにペラペラになっていない人もいます。
 それは方向性が無いから」

つまり英語がペラペラになるために必要なことは
1)正しいシステムで学ぶ
2)何のために英語なのかという方向性

この2つの条件が整って初めて
掛けた時間に比例して英語力がアップする

ということ。

英語が聞けて話せるようになりたければ
英語そのものに触れる時間を増やすしかありません。

よくある
「この方法なら今までと違って英語が話せるようになりますよ」と
日本人の先生が日本語でわかりやすく解説する

という形式の教材では
残念ながら自由に話せるようにはなりません。

「大人は赤ちゃんとは違う」から
「大人に会った説明が必要」だとか
「理解をしていないものは覚えられるはずがない」と謳い

そのために「わかりやすい説明をしますよ」というのが
大かたの教材の売り文句です。

その説明が「世界一わかりやすい」だったり
「面白おかしく笑っているうちに」だったり
「外資系でのビジネス経験をもとに」など

それぞれに特徴があるようですが本質は同じ事です。

繰り返しになりますが

英語が聞けて話せるようになりたければ
英語そのものに触れる時間を増やすしかありません。

日本語で説明を受けていたら
それはもはや英語では無いのです。

一人でも多くの方がその事実に気づき
勇気を出して自分の耳と口を使って

英語の音を切り出して
自分なりに意味付けをし
自分なりに使いながら修正をかけていく

そんな当たり前のことが
当たり前の世の中になりますように

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH100ご案内

受験英語から自由になって

何が腑に落ちなかったのか、説明を聞いて、その後の購入の画面をみてわかりました!今回の動画を見させていただいて、山口先生の勧める勉強方法も更に詳しく確認できたので良かったです。次のステップも頑張ります。ありがとうございました
******************************

マンガENGLISH100タイトルのユーザーさまからメールをいただき、
そのコメントをご紹介しながら私からのご案内を動画に撮って
YouTubeにアップしたところ、早速いただいたメールです。

アップした動画はこちらです。

ぜひ、皆様も、マンガENGLISH100を使っていて
疑問に思ったことや不安なことなどがありましたら
お気軽にお問い合わせください。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH100ご案内

あす23日に開講します

YouTube動画をアップしました

英語学習を効率よく、かつ、習慣化させるためには「読んだり」「書いたり」するだけではダメで英語のネイティブスピーカーと話したり、英語学習に一緒に取り組む学習仲間がいると良いですがさらに一番効果的なのは「ひとに教える」こと。習得率はなんと90%にまで高まります。

英語の先生(になりたい人)のための
オンラインサロンを準備中で

4月23日(火曜日)からご入会いただけます。

クリック⇒ 英語の先生オンラインサロン

マンガENGLISHで英語脳を作りながら
いつかその喜びを誰かに伝えることで
自分自身の習得率も100%に近づく
良い循環を作りましょう。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH100ご案内