単語やフレーズを会話で使えない

英語学習における停滞期とは、ある程度の会話はできるのに、自分が本当に伝えたいことを思ったように表現できない状態です。“I am …”や“I was…”、“I like…”といった基本的な表現はマスターしているにも関わらず、それ以上の表現がなかなかでてこないで苦しんでいる人が非常に多くいます。

「それならもっと多くのフレーズや単語を勉強すればいいじゃないか」と思われるかもしれませんが、停滞期で苦しんでいる人々の問題は、多くの単語やフレーズを知識として理解しているにも関わらず、それを“会話中で使えない”という点です。

せっかく豊富な知識があるのに、「自信がないから」とそれを使わずにいるのは非常にもったいないことです。ただ、裏を返せばこれまでに蓄えた知識を使うことさえ覚えれば停滞期を脱し、英語力を飛躍的に伸ばすこともできます。

英語は中学・高校で約6,000語を学んでいます。一方で日常英会話に必要な単語数は、英語ネイティブ同士でも会話で頻繁に使う語彙数は3000語程度と言いますから、知識は十分にあるわけです。その単語を「使う」ところから始めましょう。

よくある練習法のように例えば「日本には富士山があります」のような誰かに与えられた命題を英語に訳す練習は実践的ではありません。リアルな会話の場面ではセリフを自分で考えなければならないからです。

そこで写真や絵を使うのがおすすめです。写真や絵を見て直感的に思いつくことを学生時代に習った単語を思い出しながら言おうとしてみる練習から始めるのが最も効率的です。

もちろん英語ネイティブの子どもたちもいきなり話し出すことはできませんから、まずは私たちも「英語の絵本の読み聞かせ」から体験しましょう。

絵本は幼い子供向けなので、おとなの私たちは漫画を使います。漫画イラストで場面を感じながら、まずは英語を場面と音で何とかしようとする脳の働きを育てるところから始めましょう。

マンガENGLISH ご案内はこちら

TOEIC900を超えていながら、簡単な日常会話すらままならない

なかなか英語の初級者から抜け出せない人たちに足りないこと、それは「実践」です。

自他ともに中級者と認められるために必要になのは、ネイティブとの英語での会話です。つまり、「英語の勉強」から「英会話の実践」へのシフトが必要になるのです。

ところが多くの方が、このネイティブとの会話での緊張感がたまらなく苦痛なのです。

「何を言っているのか聞き取れない」「何を言って良いのか分からない」「文をどう組み立ててよいのか分からない」・・・

でも例え辛くても、この崖を登っていかねばならないのです。

私の生徒さんも皆ここで躓きます。「ネイティブとの会話が苦しいです」とまず泣きが入ります。そこで私が「何を言っているか聞き取れない時の対処法」「何を言ってよいかわからない時に、とりあえず言えるようにしておきたいこと」「文の組み立て方のコツ」などを一通りレッスンします。

すると皆さん、「ネイティブとの会話が楽しいです」に変わっていきます。ここまで来たら初心者卒業なので私も一安心です。

その一方で現状維持を選んでしまう学習者も少なくありません。英会話の練習をせずに、今までと同じように英語の勉強をひたすら続けてしまうのです。

現状維持では、例えば英語のテストの点数が上がるなどの成果も味わえるために、ますます学習が加速していきます。しかし、この先には、よくある話ですが、TOEIC900を超えていながら、簡単な日常会話すらままならない、という状態が待っているのです。

実は、こういった方が年に数人、私のもとにやって来ます。「自分はTOEIC900を超えているが全くしゃべれない。おそらく基本が欠けているのだと思う。どうか基本を教えて欲しい」と。

そしてマンガENGLISHを通して「英語を音だけで何とかしようとする脳の働き」と「英語を英語の語順のまま考える脳の働き」を手に入れることで流暢な英語を話すことができるようになるのです。

マンガENGLISH ご案内はこちら

「使える英語」を最速・最短で効率よく身につけるために

マンガENGLISH100タイトルのユーザー様のサポートレッスンを
9月11日に銀座にて開催いたしました。

100タイトルの3つのステップを経験した方たちが
良い感じに仕上がってきました

私たち日本人にとっての英語は
中学高校の受験英語で
テストのための暗記でほとんど忘れてしまったのですが

6,000語程度を一度は習っていて

英会話の現場を観察してみると
英語ネイティブ同士の会話でさえも
日常英会話で頻繁に使う単語数は3,000語程度だというのは
良く知られた話ですが

日常英会話に必要な単語は習っているのに
聞き取れないし話せないというのは

何かが間違っているわけで

何が間違っているかというと

(細分化すればいろいろあるかもしれませんが)
結局のところ

英語を音だけで何とかできない
直訳をしようとする

この2つの脳の習慣が
受験英語で染みついてしまった

その理由は

いつも英文テキストを見ながら
直訳することがゴール

という英語教育を受けて来たから。

そんな状態から

「使える英語」を最速・最短で効率よく身につけるためには

1.とりあえず知っている単語で何か言ってみる
2.フィードバックを受けて修正する
3.ネイティブ英語を音でインプットして口まね

この順番が一番、効率が良いんですね。

さらにこのループを繰り返すことでレベルが徐々にアップし
継続することで習慣化してしまえば

日本語と同じように英語も使えるようになるわけです。

今回のサポートレッスンで
生徒様の実感として

「アウトプットしてからインプットする方が効率的」だと
そのアウトプットが「自分の言いたいこと」であることが大切

という言葉をいただき

まさにそれこそが
私が今までずっとお伝えしてきたことです。

こちらの動画をご覧ください。

そしてこの動画の中でも話題になった

東京タワーについてのイルミネーションについて
英語で説明をするセッションの音声を期間限定で公開しています。

クリック⇒ 翻訳エクササイズ翻訳エクササイズ5 をご覧ください。

まさに

1.とりあえず知っている単語で何か言ってみる
2.フィードバックを受けて修正する
3.ネイティブ英語を音でインプットして口まね

というすべての学習メニューがここにあります。

1と3はマンガENGLISH100タイトル
2は漫画で通訳養成トレーニング

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH ご案内はこちら

英語脳について

最近ではよく聞くようになった「英語脳」という言葉、多くの人が、この「英語脳」という言葉を、「日本語を介さずに英語のまま理解すること」という解釈をしているようですね。

英語ネイティブやバイリンガルのように、幼少期から英語に触れていて、気が付いたら英語が話せるようになっていた人たちが、英語を話す時には確かに「英語で考える」ことになりますが、私たちのように、ある程度の年齢になって後付けで英語を身につける場合は、やはり、どうしても、考えをまとめるのは日本語になります。

その日本語を、どうしたら、英語を話す時の邪魔にならないどころか、英語をスムーズに話せるようになるか、と発想を変えた方が効率的です。

例えば同時通訳の人たちのような情報処理のスキルをを手に入れようとしたほうが、ずっと現実的だという事です。

マンガENGLISHは、漫画を使うことで、初心者の方にも取り組みやすい通訳の養成トレーニングにより、英語を英語の語順のまま理解し話せるようになるカリキュラムです。

こちらのYouTubeでもお話しています。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH ご案内はこちら

マンガENGLISH100サポートレッスン

マンガENGLISH100ユーザー様サポートレッスンに
インターネットから無料で参加できます。

9月11日(水曜日)13時30分〜15時

インターネットの環境があれば
PCやスマートフォンからアクセスできるレッスンの視聴は

事前の申し込みは不要で

時間内の入退室も自由にできます。

【登録したメールアドレス】で

クリック→ 9月11日(水曜日)13:30~レッスン視聴URL

マンガENGLISHは

漫画イラストを見ながら英語の音を聞き

漫画イラストを見て
思いつく英語の音を話す

という練習を通して

英語を英語のまま理解し話せる教材です。

ひとりで学習できるので効率が良い反面
ちょっと寂しくなる時もありますよね。

そうしたらぜひ
レッスンやオンラインでつながりましょう。

マンガENGLISH100タイトル
ご購入済みの方で

このような情報が必要な方は

グーグルのグループへの登録を
お申し込みください。

年会費などの費用は一切かかりません。

ハンドルネーム(ニックネーム)のみの参加も可能です。

マンガENGLISHの動画100タイトルを購入済みで
グーグルのグループに参加ご希望の方は

登録のための私の確認用に

マンガENGLISH動画100タイトル
購入確認画面を
info ♪ mangaeigo.net(♪を@に変えてください)
(インフォ @ マンガエイゴ ドット ネット)
に転送してください。

数日以内に、
招待メールを送らせていただきますので

【登録を申請したメールを確認】してください。

Googleのグループのため
【gmail】以外のメールアドレスの場合、
配信エラーになることがあります。

【gmail】での登録をおすすめします

まだ100タイトルがそろっていない方は
100タイトル購入後にご連絡ください。

私からの招待メールが届けば、いつでも

【登録済みのメール】でログインすれば
アクセスすることができます。

あせらずに
マイペースで学習をすすめてくださいね。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH ご案内はこちら

長い歴史と実績のある通訳を養成するトレーニング法

確実に英語が話せるようになるトレーニング法として、長い歴史と実績のある通訳を養成するトレーニング法を使います。

通訳と聞いてハードルが高いのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、もちろんプロの通訳を目指すのであれば、経営や文化や歴史と言った、難易度の高い語彙が必要ですが、日常会話であれば必要な語彙数は、有名なOxford3,000で知られている3000語程度で、私たちが中学高校で習った6,000語に比べたらおつりが来る語彙数なので、その3,000語程度の語彙でトレーニング法だけ通訳を養成する手法を使いましょう、しかもマンガを使いますので、ハードルは低め、でも確実に力が付く、というものなので、今まで、いろいろやって、もう英会話は無理とあきらめていた、という方もお取り組みいただいている内容になりますので、ぜひ、いっしょにがんばっていきましょう。

先ほどアップしたYouTube動画の中でも話題になりました。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH ご案内はこちら

超一流になるのは才能か努力か

3年ほど前になりますが「超一流になるのは才能か努力か?」というタイトルの本が話題になりました。久しぶりに気になって開いてみたら、英語学習にも役に立ちそうな内容がありましたので、ご紹介させていただきます。

そもそも日常会話レベルの英語の習得に「超一流」のアプローチが必要なのかと訝しがる方もいらっしゃるかもしれませんが、「英語が話せるようになりたい」と思っている人の数に対し、実際に日常会話レベルでさえ使える英語が身についた人は非常に少ないことから、普通に英語をただ漫然と学んでいるだけでは話せるようにはならないわけで、でも然るべき方略があれば必ず手に入るスキルでもあるので、それをお伝え出来たらと思っています。

こちらのYouTube動画でお話しています。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH ご案内はこちら

英語学習につまづく4つのパターン

英語を学んでいると様々な悩みに遭遇します。いろいろな教材や学習法に手を出してはお金と時間だけ費やすものの英語力は一向に伸びず、まるで暗い森の中をさまよっているような気持ちになります。主に4つのパターンがあるようです。

1. 教材コレクター型

いろいろな英語の本を次から次へと購入するので本棚には沢山の英語の本があります。にもかかわらず、最後までやり終えた本が少ないという共通点があります。

2. レッスン依存型

オンラインも含め英会話スクールに3年以上通っているのに、全然英語力が伸びていない方も結構いらっしゃいます。期間は長いのですが、週に1~2回のレッスン以外は特に英語の勉強をしていないので日々の学習時間が短いために結局のところトータルの学習時間が圧倒的に少ないから英語力が伸びないだけなのに「もうかれこれ〇年英会話レッスンを受けているんですが、ちっとも話せるようにならなくて」が口癖で、そのことがかえって自分自身のモチベーションを下げてしまって負のスパイラルに入ってしまっている人。もしくは逆に開き直って、「家での学習時間が圧倒的に少ないのはわかっているんですけどね」と現状を肯定してしまって、特に打開しようとしない人もいらっしゃいます。

3. 留学飛び込み型

日本で英語の勉強をするより海外に留学した方が早い!とワーキングホリデーなど留学する行動力はあるのですが、留学先で英語力が全然伸びない方々。1年で英語がペラペラになって日本に帰ってくることを夢見るのですが、海外にいても積極的に英語でコミュニケーションをしなかったために実践の量が圧倒的に足りなかったことから中学レベルの英語すら話せるようにならないうちに、あっという間に帰国する日を迎えてしまいます。

4. 短期スパルタ型

最近のコーチングブームで数ヶ月で数十万円という高額コースに資金を投入するものの、結局たいして英語力が伸びずに終える方々です。ある程度、高いお金を払えば短期間で効率よく英語をマスター出来るのではないかと思ってしまうのですが、そして、スクール側もそのように謳うわけですが、言葉を身につけるときには、どんな天才でも、それなりの実践トレーニングと時間が必要になります。

4つのパターンに共通しているつまづきの原因は学習時間の少なさです。

英語に限らず何かを身につけようとする場合、慣れるまでに、まず1,000時間程度は必要です。さらに使いこなせるまでには10,000時間くらいはかかると言われています。そのためには、思い立ったら一日でも早く学習を開始して、正しいトレーニング法で、まず1,000時間を目指しましょう。

マンガENGLISH ご案内はこちら

自力では難しいけれど、誰かの協力があればできるかもしれない

英語が話せるようになりたくて、いろいろがんばっているのに、思うようにレベルが上がらないことがあります。

「私には語学は向いていないのだろうか」と自分を責めたり「もっといい学習法があるのではないだろうか」と新しい教材に手を出しては、また同じことを繰り返すことがあります。これはあなたに限ったことでは無く、誰にでも起きることなのです。どうしてなのでしょうか。

「自分一人でできること」ばかりやっていても成長はできません。「自力では難しいけれど、誰かの協力があればできるかもしれないこと」を達成していくことで効率の良い成長が望めます。

この「自力では難しいけれど、誰かの協力があればできるかもしれない」領域は「発達の最近接領域」と呼ばれています。1900年代の前半に活躍した心理学者Vygotskyの理論で、教育関係者の間ではよく知られています。

この発達の最近接領域の考え方は、子供の学習・発達における「関係性」に着目したものですが、おとなの学習者に非常に重要なものとなります。発達の最近接領域を見極めることで、より効率的な学習を実現することができるからです。

1人で効率の悪い成長をするくらいなら、関係性を使って効率の良い学習を実現しましょう。

Vygotskyは、子どもの発達は子どもを取り巻く関係性によって決まってくることを示唆しました。自分よりもレベルの高い人に手伝ってもらうことで、自分の限界以上の成果を体験する。そのことによって、一人でやっていたときよりも大きな成長が見込めるのです。

発達の最近接領域は、教師やコーチ、上司などの教育者サイドで利用されることが多いです。

教育者は、その生徒が「自力でできること」と「教師や友人の力を借りることで可能になること」を見極め、後者に適した課題を出します。それによって高い成長率を得ることができるのです。

ここでは先生役のフォロースキルが重要になってきます。すぐに答えを教えてしまっては意味がありません。上手く、生徒が能力を発揮できるように「質問」を重ねてあげましょう。時には見本を「提示」してみるのも大切です。

ひとり学習を成功させるカギは適切な支援者を見つけることです。

独学は「独りで学ぶ」と書きますが、本当に一人で学んでいては効率が悪くなってしまいます。自分が求めるスキルの先達となる人を見つけましょう。セミナーやSNS、オンラインサロンなど、関係を持つ手段はいくらでもあります。

私もマンガENGLISH100タイトルのユーザー様のサポートをさせていただいています。私にできることがありましたらお気軽にお声かけください。

こちらのYouTube動画でご案内しています。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH ご案内はこちら

“Don’t mention it.”は時代遅れ

英会話の学習法と言えばフレーズを増やすことだと信じてフレーズを増やして来たのに、いまだに英語が話せるようになっていない理由が、英語ネイティブへのインタビューを通して確認できました。

さらに英会話集では “You’re welcome” と同じように使えるフレーズとしてよく知られた “Don’t mention it.” が、実は時代遅れだったかもしれない、という話も出てきます。

そして本当に英語が話せるようになりたければ、どうすれば良いのかという事についてもご紹介しています。こちらのYouTube動画をご覧ください。

マンガENGLISH ご案内はこちら