英語が聞き取れるシンプルで確実な方法

「英語が聞き取れない」とお悩みの方、多いですが、普段の英語学習で、英語を聞く時に「字幕を見ながら」あるいは「日本語のキャプションを出しながら」ではありませんか?YouTube動画などを見ていても、人気のある動画にはほとんど英語の字幕やさらに日本語のキャプションがついていますよね。

脳は育てた通りに育ちますので、「字幕を見ながら」あるいは「日本語のキャプションを出しながら」英語を聞く習慣が沁みついてしまうと、脳は「英語がわかる」という状態を「英語の字幕が浮かぶ」こと、あるいは英語を聞きながら同時に「日本語が浮かぶ」ことだと認識してしまいます。

YouTubeなどを見ているときには、人がつけてくれた字幕を見ているだけなので良いのですが、リアルに英語を聞いているときには、自分でその字幕を付けないといけないということになりますので、たちまちお手上げになってしまうという訳です。

もし、「英語がわかる」という状態を「英語の字幕が浮かぶ」あるいは英語を聞きながら同時に「日本語が浮かぶ」という情報処理を手に入れたいのであれば、その情報処理はまさに同時通訳の方たちのアタマの中で起きている事ですので、同時通訳を養成するトレーニング法を使って練習すれば、確実にできるようになります。それはそれで気持ちいいですし楽しいので取り組む価値はあると思います。

一方で今日ご紹介したいのは、英語ネイティブやバイリンガルの方たちと同じような情報処理、すなわち「英語の音を聞いた瞬間に意味がわかる」脳の働きです。それは英語のスペルが浮かぶよりも前に意味が分かる、ということ。つまり音⇒意味⇒文字の順番です。私たちも日本語は音⇒意味⇒文字の順番で身につけてきました。だから日本語はすぐに聞き取れる訳です。

ところが英語の場合、中学高校では「文字から」英語を習ってきましたので「文字を見ないと意味が分からない」という受験英語で染みついてしまった脳の習慣が根強く残っています。だからリアルな英語を聞いても意味が分かるまでに時間がかかってしまう。動画や会話のように瞬時に意味が分からないと困る場面では役に立たないスキルなのです。そこで思い切って英文テキスト無し、日本語の訳なしで「音だけで何とかしようとする脳の働き」を育てましょう。

これは英語だから、すぐにできることです。どういうことかと言いますと、私たちは中学高校で約6,000語の英単語を暗記した経験があります。一方の日常英会話では英語ネイティブ同士でさえも日常会話で頻繁に使う単語は3,000語程度。既に習った単語数の約半分なので、新しい単語を暗記する必要なく、日常英会話の練習をすぐに始められるんです。

まずは英語ネイティブ同士でさえも日常会話で頻繁に使う3,000語で「文字なし、日本語の訳なしで、音だけで何とかしようとする脳の働き」を英語でも活性化して、日本語ではできていることで、英語でも経験すれば誰でもできますので、日常英会話レベルの聞き取りをマスターしてしまいましょう。

とは言え本当に「音だけ」ではしんどいので、場面を表す漫画イラストを見ながら、文字なし、日本語の訳なしで、英語も日本語と同様に音で何とかしようとする脳の習慣を育てましょう。動画やリアルな会話の場面でもビジュアル情報はとても大切です。相手の顔の表情やジェスチャーなどから私たちは多くの情報を読み取っています。

文字なし日本語の訳なしで場面を表す漫画イラストを見ながら英語の音を聞いてまねるだけの学習法をぜひあなた自身の脳で体験してみてください。

文字なし、訳なしで英語脳を作る

サイトトランスレーション用の日本語テキストは付属していないのでしょうか?

お世話になります。マンガENGLISHに興味を持ち60分お試し版(ここをクリック)を購入したのですが、サイトトランスレーション用の日本語テキストは付属していないのでしょうか?ご回答よろしくお願い致します。
*******************

マンガENGLISHをご利用いただきありがとうございます。

サイトトランスレーション用の日本語テキストについては60分お試し版も含め、マンガENGLISH100タイトル(ここをクリック)体験後でのご案内となっております。

その理由は、「英語らしい音の並び」や「英語を英語のまま理解しよう」「英語を音だけで何とかしよう」する脳の働きが育っていないうちに日本語のテキストを見てしまうと、日本語のテキストを「日本語訳」として利用してしまい、従来の英語学習法に逆戻りをしてしまって、もったいないからです。

「英語を英語のまま理解しよう」「英語を音だけで何とかしよう」する脳の働きを育てるためには、ある程度まとまった分量の英語に触れる必要があります。そういう意味で100タイトルというのは必要不可欠な分量なのです。

まずは英文テキスト無し、日本語の訳なしの、場面を表す漫画イラストと英語の音だけの動画を100タイトル、お客様の場合は110タイトル、一気に経験していただいたとしても10時間ちょっとですので、次、次と1タイトル当たり2~3分のストーリーですので経験してください。

そしてマンガENGLISH100のユーザー様でしたら、月額980円で「60分お試し版」の1)漫画イラスト、2)フレーズ音声、3)サイトトランスレーション日本語のすべてをご利用いただくこともできます。詳細はこちらをご覧ください⇒ https://e-lab.cc/manga/

マンガENGLISH100にはアプリ版とダウンロード版があります。

  • アプリ版がおすすめ

  • アプリ版もダウンロード版も、内容と受講料は同じです

下記の表の【メニューをクリック】すると、受講できるページが開きます

学習Stepアプリ版(ShareWis)ダウンロード版(Stores.jp)
Step① 動画100話と英文テキスト100話セット動画10話ずつ
Step② 英文テキスト
Step③-1 漫画イラスト漫画イラスト
Step③-2 フレーズ音声フレーズ音声
Step③-3 日本語テキスト日本語テキスト

学習ステップご案内

  • ステップ1と2は10時間ずつで一通りの学習メニューを体験できます
  • ステップ3は、およそ100時間が目安ですが、ご自身のペースで進められます

    学習ステップご案内の動画

受講料ご案内

  • ステップごとに受講できます。
  • 受講期間に制限はありません。入会後は永遠に受講し放題です。

マンガENGLISH100ではステップ1から無料サポートが受けられます。(下記の動画をご覧ください)

ステップ1で、始めの一歩を踏みだしてみませんか?

マンガENGLISH ご案内はこちら

なぜコーチング系が人気なのか

最近の英会話スクールではコーチング系が人気

「英会話スクールに5年も10年も通ったのに英語が話せるようになっていない」そんな過去の反省から、最近、大人の学習者に人気なのが「英語が話せるようになるトレーニング」を専門家のもとで行う「コーチング系」と呼ばれるスクールです。

なぜコーチング系が人気なのか

その理由は、ずばり英会話の習得法が身につくから。一般的な英会話スクールは、外国人の先生と「とにかくたくさんしゃべる」というコンセプトのもとに運営されているため、英語が話せるようになるまでには、かなりの時間とお金がかかりました。しかも会話のパターンというのは人の数だけありますので、習って習いきれるものではありません。ところが「英会話の習得法」なら、一度、身についてしまえば一生の財産になるからです。

英語ネイティブより日本人の先生

会話の相手なら英語ネイティブの方が良いですが、「英会話の習得法」 を身につけるのなら、同じ日本人で英会話を習得した人から習うのが最も効率的です。オンライン英会話の流行で会話の相手としての先生の時給は昔と比べて安くなっていますが、英語の習得法を教えられる英語コーチの時給は高くなる傾向にあります。

本質は意外とシンプル

大人の英語学習者に共通の課題はリスニングとスピーキングです。英語を「音だけ」で理解したり記憶ができない悩みは、すべての学習者に共通しています。英語を「音だけ」で理解したり記憶できるようになる訓練方法は、通訳を養成する際に必ず行われてきたシャドーイング・リピート・リプロダクションが最適です。

「ハードルは低め、でも確実に力が付く!」

私たちは中学や高校で6,000語程度の語彙を学びますが、 日常会話であれば必要な語彙数は3,000語程度で十分なのです。 その必要な3,000語程度の語彙でトレーニングを行い、 通訳を養成する手法を使います。 また、マンガを使ってのトレーニングとなりますので、 「ハードルは低め、でも確実に力が付く!」と実感していただけます。 「今まで色々やってきたけど、もう英会話は無理とあきらめていた」 という方も取り組みやすい内容になります。

マンガENGLISH ご案内はこちら

「英語が話せるようになりました」

「英語が話せるようになりました」という人がいますが、この言葉からはまるで、ある日「突然」英語が話せる状態になったような印象があります。

英語が話せるようになるのは、ある日突然ではありません。

強いて言うなら「昨日よりも少し話せるようになったかなぁ」というような、小さな、小さな成功体験の積み重ねです。そのことをしっかりと認識していないと「7日間で英語ペラペラ」のようなキャッチコピーの教材に、引っかかってしまいます。

しかも子どもなら褒めてもらえますが、大人の私たちには周りに褒めてくれる人がいません。

自分で自分をほめてあげましょう。

そのためにはアウトプット(英語を話したり書いたりすること)をして下さい。アウトプットをしなければ、そもそも、どれくらい伸びているのか、が実感できません。

「がんばっているのに英語が話せるようになっていない」人たちのほとんどが、英語のリスニングやリーディングばかり熱心に行っています。それでは残念ながら一生かかっても話せるようにはなりません。

ちなみにリスニング教材をいくらリピートしていても自分の言葉で話せるようにはなりません。リピートはあくまでもリピートでしかないのです。ライティングも、よくある「与えられた日本語の命題を訳す練習」はライティングではありません。それは翻訳です。書く内容から自分で考えることが重要です。

手軽にアウトプットをする方法として「目の前にあるものを英語で言ってみましょう」とおススメしている英語の先生が時々いますが、家の中では目につくものが限られてしまいますし、だからといって家の外に出てブツブツと英語でつぶやくわけにもいかないので、あまり現実的とは言えません。

一方、ヨーロッパの語学学校では、絵を見てパッと思いつくことを英語で言う練習が一般的です。

アメリカやイギリスなどの英語圏の子どもたちでさえ、“Wordless Picturebook” という、文字通り「文字の無い」絵本を使って英語を話す練習をしています。

日本には漫画という素晴らしい文化があります。「文字の無い漫画」を使って「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「どうした」など、知っている単語を駆使して英語を話したり書いたりする練習を重ねましょう。

文字の無い漫画はこちら

がんばっているのに英語が話せるようにならない人

言葉はアウトプットしないと身につきません。
でも、ただアウトプットしただけでは身につきません。
 
アウトプットしただけでは
 
特に初級者のうちは
間違いだらけの英語だからです。
 
その間違いだらけの英語を
 
修正して
 
またアウトプットして
 
でも間違いだらけで
だから修正して
 
またアウトプットして・・・
 
必要な英語力が手に入るまで辞めなければ
誰でも話せるようになります。
 
英語が話せるようにならない人の共通点は
 
アウトプットして
間違いだらけで(当たり前なんですけどね)
がっかりしてやめてしまう。
 
そして
間違いがさらされることのない
インプット系(リスニングやリーディング)ばかり続けてしまう。
 
もちろんリスニングもリーディングも必要な学習です。
 
でもアウトプット(スピーキングやライティング)をしなければ
せっかくインプットした情報が化石化してしまうのです。
 
脳が「君は、また、どうせ使う予定のない情報をインプットしているんだね」と
英語に対して抗体のようなものを作ってしまう。
 
脳が英語に対して化石化を起こしている状態でインプットしていても
学習効率はどんどん悪くなるばかりです。
 
脳が化石化を起こす前に
アウトプットしましょう。
 
もちろん最初は間違いだらけです。
だから間違いから学びましょう。
 
自分一人で悩まないで誰かに間違いを指摘してもらいましょう。
 
私は藤田先生に一年間、英語を直してもらいました。
 
一年間でトータル約1万語の英文を書いてボロクソ言われながら(泣)
気が付いたら英語でも言いたいことは何でも言えるようになっていました。
 
高校の時の英語の成績は10段階評価で2だった私でもできました。
 
とにかくアウトプットしましょう。
 
漫画イラストを見て話したり書いたりしましょう。
 
それがマンガENGLISHと他の英語教材との大きな違いです。
 
漫画イラスト(ここをクリック)を活用してくださいね!

英語は絵で考えると、どんどん話せる

英文を読むと意味がわかるのに

簡単な英語でさえ聞き取れないし
パッと口をついて出てこないという悩み

英語は絵で話す練習をすると
どんどん話せるようになります。

今まで英文テキストと日本語の訳に頼り切って
英語を理解しようとしてきた私たちには
何をやっても結局のところ

「音で記憶できるか」が英会話習得の鍵になります。

音で長期に記憶する脳の働きさえ育てば
あとはYouTubeなどの無料のWebサイトで
英語ネイティブが話している動画を見て
あなた自身が興味の有るトピックで
どんどん真似ていきましょう。

音で長期に記憶する脳の働きさえ育ってしまえば
無料のサービスを活用することでお金をかけることなく
英語が自由に聞き取れて自由に話せるようになる
便利な世の中を楽しみましょう。

マンガENGLISH ご案内はこちら

英語は絵で発音練習をすると、どんどん話せる

おとなのやり直し英語で大切なことは
知識を実践で役立つようにすることです。

赤ちゃんのようにただやみくもに
いっぱい聞いていっぱいしゃべるという練習法は
大人の場合はなかなか成果が得られません。

たとえば日本語と英語の一番の大きな違いは
英語では主語があって次に動詞が来ること。

日本語には英語のような主語も動詞もありません。
ましてや動詞に時制がないのが日本語です。

英語の主語は全部で7種類
動詞の時制も12種類ですから
ちょっと頑張ればすぐに習得できるのです。

ただ注意しなければならない落とし穴があります。

理解している事と使えるようになることは
同じことでは無い、ということ。

会話の時にすっと音になって出てこないと通じないのです。

英文テキストを読みながら発音練習をしていると
ローマ字読みになりがちで

さらに、リアルな英会話の場面では
音で発しないといけないのに

それができないままになってしまいます。

英語は絵で発音練習をすると
どんどん話せるようになります。

マンガENGLISH ご案内はこちら

留学しても英語が話せるようになるとは限らない

英語の習得法と一口に言ってもいろいろありますが、多くの人が選ぶのは「英語漬け」。つまり英語だけで過ごす時間をできるだけ多くとることで、英語ネイティブの赤ちゃんのように英語を身につけようとする方法です。これは言葉の習得というのは環境によって自然に起こるものだからです。

ですから英語を身につける最もシンプルで確実な方法は、英語圏に移り住んで英語を話す人たちの中で暮らすことだというのは、誰でも共感できるでしょう。今まで日本語で生きてきた年数を、英語で生活する年数の方が超えれば、誰でも英語が話せるようになるわけです。

例えば今30歳なら、英語圏に移り住んで、英語を話す人と一緒に暮らして、今まで生きてきた年数、つまり30年たった60歳の時には、確実に英語をペラペラと話せるようになっているでしょう。

これは海外生活体験者の方が、当時は英語をペラペラと話していたのに、日本に帰国してしばらく経つと英語を忘れてしまう、というのも、ごく自然なこととして説明がつきます。つまり英語漬けの生活から日本語中心の生活へと環境が変化したことで、脳もその変化に順応した、ということにすぎません。

そう考えると、英語を習得することだけを目的とした留学は、結局のところ、その目標を手に入れることは難しいといえます。その理由は「帰国後にはほとんど忘れてしまう」という多くの事例からも明らかです。もちろん留学の目的は語学だけではないことは十分に承知しています。現地の文化や人々に直接触れることができるメリット、これは大きいと思います。

私は「留学が無駄」といいたいのではありません。私がお伝えしたいのは語学の習得を目的とした留学は「一時的な効果しかない」ことは、多くの事例から明らかですよね、ということ。

「留学しても英語が話せるようになるとは限らない」という現実の中で、ましてや、英語圏に住む予定も英語を話す人と暮らす予定もなく、普通に日本で生活をしながら、日常会話レベルの英語を身につけたいと願う人もいます。私もその一人でした。

最初は私も「英語漬け」になろうとしました。1000時間を目標にしたリスニング教材を一年間受講してがんばったりもしました。しかし、さっぱり効果が得られませんでしたが、

英語難民にならずに済んだのは、そもそも日本で普通に生活をしながら「英語漬け」で英語を身につけること自体に無理がある、という事に気が付いたことがラッキーでした。

その時に出会ったトレーニング法というのが「同時通訳を養成するトレーニング法」を「日常会話レベルで行う」というものでした。

そのトレーニング法にピンと来た理由というのが、当時30歳だった私は日本で普通に生活をしていましたので、その時点で英語圏に移り住んで、英語を話す人と一緒に暮らすという未来予想図が全く描けなかった、ということ、仮に当時の生活すべてをリセットして、そのような行動に出たとしても、英語漬けで英語がペラペラになるのは理論上、当時30歳の私にとっては、そこから30年後の60歳になるわけです。あまりにも先が長すぎると感じました。

同時通訳を養成するトレーニング法を日常会話レベルやってみよう、と思った理由がもう一つありました。

同時通訳を養成するトレーニング法は、当時からすでに実績があり、成功者が多数出ていたからです。

同時通訳というのはご存知の通り、瞬時に英語を日本語に訳せて、瞬時に日本語を英語に訳せるスキルですよね。このスキルが手に入れば、洋画を字幕なしで、あるいは洋書を原書のまま楽しんだりできるようになるのはもちろん、英会話も、聞き取れて、思ったことをスラスラと話せるようになるわけで、「英語漬け」というネイティブの子どもたちの習得法を30歳だった私が取り入れるよりも、ずっと現実的だと、確実に結果がでるという実感が持てたからです。

同時通訳なら、英語と日本語を同時にトレーニングするので、「英語だけ」で英語を記憶しよう、とするよりも、日本語といっしょに英語を記憶するので、英語が長く記憶しやすくなる、という点も、「英語漬け」とは大きく違うメリットだと感じました。今度こそ、英語を一過性の暗記ではなく、日本語と同じように英語も長期の記憶にできると確信しました。

通訳トレーニングと聞いて「ハードルが高いのでは?」と思われるかもしれませんね。

もちろんプロの通訳を目指すのであれば、
経営や文化や歴史といった、難易度の高い語彙が必要です。

しかし、私たちは中学や高校で6,000語程度の語彙を学びますが、
日常会話であれば必要な語彙数は3,000語程度で十分なのです。

その必要な3,000語程度の語彙が
中学高校で学んだ語彙がそのまま使えるので
新たに単語を暗記する必要はありません。

また、マンガを使ってのトレーニングとなりますので、
「ハードルは低め、でも確実に力が付く!」というものになります。

「今まで色々やってきたけど、もう英会話は無理とあきらめていた」
という方も取り組みやすい内容になっています。

マンガENGLISH ご案内はこちら

翻訳や通訳への興味が出てきて

マンガENGLISH100のユーザー様が
意識の上で二極化していると感じています。

マンガENGLISHをツールとして活用しながらも
翻訳エクササイズに取り組んでいる方
あるいは興味のある方

その一方で「マンガENGLISHが精いっぱい」だと
ご自身では認識している方。

今までのサポートレッスンでは

マンガENGLISHが精いっぱいの方への
学習アドバイスが中心だったかと思います。

今年になってユーザー様の中に
翻訳や通訳への興味が出てきて

漫画で通訳トレーニング」を開設することができました。

せっかく日本人として生まれ育って
そのうえで英語も学ぶのであれば
翻訳の楽しさを実感していただきたい。

翻訳の楽しさは何と言っても二言語の間に橋が架かる感じで

その橋を行ったり来たり通行料などを払ったりせずに
自分の足で自由に往ったり来たりする喜びを

つまり誰かの翻訳に頼らなくても自分で訳せる喜び。

むしろ誰かが訳したものが
いい意味でも悪い意味でも自分の訳と違う、
という実感を味わっていただきたい。

だって、言い回しなんて、人の数だけ存在するはずですから。

その一方で、とにかく

ネイティブ英語を聞き取りたい
ネイティブのように話したい

そう思ってがんばっている方たちの
英語の音を聞かせていただいて気が付いたことがあります。

それは、英語のリズムに乗り切れていない、ということ。

これは、最近のYouTube動画でご案内している通り

英語の拍(はく)=8ビートが体に染みついていないために
(日本人の話し言葉には無い感覚なので仕方ないのですが)

英語を発音するときに
日本語のノリで発音してしまう。

だからいつまでたってもネイティブ英語が聞き取れない、

という悪循環に陥ったまま
ひたすら練習しても埒が明かないのは
当然のことと言えるでしょう。

日本語というのは基本的に
一文字が一拍なんですね。

英語の場合は基本的に
一つの単語が一拍になります。

全く違う。

さらに英語の場合

You are = You’re のように
複数の単語がミックスして
一つの単語になる場合も多々あって

こういう場合は
単語は複数あるのに一拍ということもあります。

こういったことを理屈で理解するだけでなく
口が、体が、自然に動くようになる
エクササイズを現在、作成しています。

年内にはリリースできると思いますので
楽しみにお待ちください。

マンガENGLISH ご案内はこちら