学校の英語の授業がオールイングリッシュになる日

昨日のレッスンは
前半はオールイングリッシュでがんばってみました。

学校の英語と言えば
「英語の授業なのに日本語で話している」というのは昔の話

中学校も高校も
英語の授業がオールイングリッシュになる日も
そう遠くないようです。

東京オリンピック・パラリンピックを迎える2020年

小・中・高等学校を通じた
新たな英語教育改革を順次実施できるよう
検討・準備が進められています。

Point① 大学入試が変わる

2020年にはセンター試験が廃止され
それに変わる新試験
「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)が導入されます。

英語に関して言えば、
TOEFLやTEAPといった
「Reading(読む)」「Listening(聞く)」
「Writing(書く)」「Speaking(話す」の
4技能構成のテスト形式の予定です。

これまでの「Reading(読む)」「Listening(聞く)」中心の
テスト形式から大きく変わることになります。

Point② 小学校で英語が「教科化」

現在は小学校5-6年生で英語の授業がありますが
あくまで「英語に触れる」ことが目的。

2020年からの新学習指導要領では
「英語に触れる」にとどまらず、
国語・算数・理科・社会などと並んで
「教科」という位置づけになります。

「教科」ということは
教科書があり成績という形で評価がつく
ということです。

英語の授業時間も増え、週3コマになります。

そして小学校3年生から英語の授業が始まります。
つまり小学校英語教育が前倒しされるのです。

Point③ 中学校・高校で英語の授業は英語で

中学校も高校も、
英語の「授業は英語で行うことが基本」とされます。

これまでの

「文法や語彙等の知識がどれだけ身に付いたか」
という観点での授業から

英語で何ができるか」を
重視する授業・成績評価へと移行していきます。

 指導語彙(英単語・英熟語)も
中学、高校ともに大幅に増加する見込みです。

(中学:900語程度⇒1200語程度
高校:1300語程度⇒1800語程度)

合計3,000語になりますから

Oxford3000などの国際基準も
視野に入れての改革なのでしょう。

学校英語もこれだけ変わるのですから
近い将来、英語がペラペラの日本人が

普通に増えているかもしれませんね。

あ~そんな時代に生まれたかった・・・
と、ぼやいても何も変わりません。

マンガENGLISHでも
100タイトルの漫画ストーリーを通して

国際基準の3000語
音だけで身に付くように作られています。

漫画イラストを見ながら英語の音を聞くので
訳さずに英語が聞けるようになり

漫画イラストを見ながら
英語を話す練習ができるので

日本語から訳して話す話し方を止めて
英語の音を自分の中から出せるようになります。

漫画イラスト付きの
英文テキストだから
日本語に訳さずに読めて

漫画イラストを見て英語を書く練習をすれば
日本語から訳さずに
英語のまま書くことができるようになります。

「文法や語彙等の知識がどれだけ身に付いたか」より

英語で何ができるか」をたいせつに育てていきましょう。

マンガENGLISH100ご案内