ゼロか百か All or Nothing

海外旅行に行く前に

英会話を習ったり
英会話集を買ってきて覚えたのに

いざというときに役に立たなかった

という話を聞くことがあります。

たとえば下記のような会話を
英会話集などでよく見るかと思います。

A: Where are you from?(どこから来られたのですか?)
B: I’m from America. How about you?(アメリカです。あなたは?)
A: I’m from Japan.(私は日本です)

これを暗記して
実際の会話の場面であなたが

“Where are you from?”と声をかけても

相手が、せっかくあなたが覚えた
“I’m from America. How about you?”ではなく

たとえば

“Guess!”(さぁどこでしょう=当ててみて)

なんて返してきたら・・・。

たぶん聞き取れないし
もしかしたら意味も分からないし

おそらく
次の言葉が言えなくなってしまいますよね。

ではどうしたらいいのでしょうか?

ネイティブが言いそうな
英語のセリフを全てリストアップして
全てを暗記するなんて不可能ですし

そもそも私たちは日本語では
会話を習ったことがないのに
どうして話せるようになったのでしょうか?

それは

普段は自分の周りに飛び交っている日本語を

決して「よし、暗記してやるぞ」なんて身構えずに

自然に聞いて、時々まねて

会話の時には
聞き覚えのある日本語の中から
たまたま降りてきた日本語を
話しているだけのことですね。

英語も同じことです。

普段から英語を自然に聞いて
知っている英語の中から
会話の時にたまたま降りてきた英語を
話せるようにすることなんです。

・・・とは言っても

そもそもほとんどの方は

今まで英語を自然に聞いた

という経験がないと思います。

今まで英語は

英文を見ながら

あるいは聞き取れないときは英文を見て確認する

という聞き方しかしてこなかったと思います。

だから

英語を音だけでなんとかする、とか

会話の時にたまたま降りてきた英語を話す

なんて今は想像もつかないと思います。

今までは
英会話集を暗記して暗記した通りに再現するか

日本語で考えてその日本語を訳すという話し方

つまり英単語を文法的に並べて話す
という話し方をされてきたと思います。

そこで、これからは

英語を自然に聞いて

知っている英語の中から
会話の時にたまたま降りてきた英語が
自然と口をついて出てくるようにするために

100タイトルの漫画ストーリーを
英文なし日本語の訳なしで

漫画イラストで場面をイメージしながら
英語の音を重ねていきます。

イラストで場面を感じながら
マイペースで英語の音を取り込み

イラストを見て
思いつく英語の音を声に出す

という練習を通して

普段から英語を自然に聞いて
知っている英語の中から

会話の時にたまたま降りてきた英語で
話せるようにしていきます。

ゼロか100か、ではないので
やればやっただけ
何かは必ず残りますから

あまり力みすぎず
かといって緩め過ぎず
ほどほどに続けてやめなければ

絶対に話せるようになります

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH100ご案内