誰かが選んだフレーズを、誰かにわかりやすく日本語で説明を受け、いつ使うかどうかわからないのに暗記する

もし、どうしても英会話を楽しみたいなら

音だけで何とかしようとする脳の働きを育て
ネイティブの英語に触れるしかないのです。

誰かが選んだフレーズを
誰かにわかりやすく日本語で説明を受け
使うかどうかわからないのに暗記する

という学習法から一日も早く自由になって

自分にとって興味関心のある内容で
今の自分にとってわかりやすいと思える音から
自分の耳と口を使って切り出していく。

「英語で」話したり書いたりするとき
それを聞いたり読んだりする人は
当然のことながら
日本のことを知らない人の方が多いわけです。

たとえば日本人なら誰でも知っている
「豆まき」とはどういうことか、

日本人同士では説明の必要が無かったことが
英語で話す時には必要になる

これが英語を話す時の
最後の言葉の壁になるわけです。

節分のような日本では当たり前のことって
日本語でさえも説明した経験がありませんから

日本語でさえも言葉で説明した経験がないことを
いきなり英語で言おうとしても無理なわけです。

そこで今日のおすすめは

日本では当たり前すぎて
言葉で説明した経験がないようなこと

たとえば「節分」や「豆まき」といったことを
英語でネイティブが説明している英文を
まずはインプットしてみることをおすすめします。

良い英文を見つけました。

Demons beware: every year on February 3, Japan gets ready to drive out demons and devils with roasted soybeans in a tradition called Setsubun. This bean-throwing is done at home, in offices, and in shrines and temples around the country, and so-called Eho-maki, sushi rolls, are eaten while facing the lucky cardinal direction of the year. Setsbun, literally meaning “seasonal division,” is a tradition from Old Japan, passed and carried on for numerous generations, and there’s no one in the country who doesn’t know what it is.

But when examining the traditional festival of Setsubun a bit closer, you’ll notice that it actually does not only take place once a year. No Japanese person is throwing the beans on any other day than February 3rd – why is that? Let’s find out what’s behind the beans and demons and find out what Setsubun is all about.

この英文は下記のサイトから引用しました。
クリック→ https://livejapan.com/en/article-a0000857/

マンガENGLISHの
他の教材や学習法との一番の違いは

文字のない漫画イラストで
「自分で話す練習ができる」

という点です。

言葉は誰かに教えてもらうものではなく
自分で習得するしかないので

だからといって
「さあ、何か英語を話してみよう」
と思っても

何を話していいかわからないので
漫画イラストを活用するのです。

とは言っても
いくら漫画があっても

いきなり英語で話すことは
ネイティブだってしませんので

まずは100時間くらい
100タイトルを

見て、聞いて、まねる
という

英語ネイティブの子ども時代を経験できます。

でもマンガENGLISHを使ったからといって

ただマンガENGLISHのフレーズを覚えよう
という受身の感覚のままでは

話せるようになりません。

100タイトルのストーリーを通して
30,000以上のフレーズを

まず一通り体の中に通したら

そのあとは
漫画イラストを見ながら

誰がいて
何をしているのか
自分ならどうするか

などを考えながら
英語にして声に出すことで

英語を話すときに必要な
「主語と動詞の時制を自分で決める」
という経験

これをしないと
いつまでたっても
自分の言葉で話せるようにはなりません。

主語も動詞の時制も
自分で決めた経験がほとんどないんですね。

これこそが
いざ英語を話そう
と思った時の障害なのです。

ネイティブでさえ
文字のない絵本を使って
話す練習をする理由がそこにあります。

でも主語はたったの7種類
動詞の時制は12種類

これを組み合わせるだけのことなのに

やったことがないので
できないだけなんですね。

逆を言えば
やれば誰でもできることなんですね。

自分で主語も動詞の時制も決められる
自由英作文は

本当にクリエイティブで楽しい活動です。

こんな楽しいことを
なぜしないのか
不思議なくらいです。

脳は創造することが大好きなんです。

創造する喜びを知ると
脳はもっと進化して
さらに成長しようとします。

だから話す練習をしたほうが
リスニング力もリーディング力も
伸びるのです。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH100ご案内