「君の名は」の主題歌の英語版

歌手でバイリンガルと言えば
まず思いつくのが宇多田ヒカルさんですが

大ヒット中の映画「君の名は」の主題歌を
歌っているRADWIMPSの野田洋次郎さんも
小学生のころをアメリカで過ごしたバイリンガル。

主題歌の「前前前世」の英語版を
野田さん自身が英語で書き起こして
27日にリリースするそうですが

どんな歌詞になるのか楽しみです。

今まではヒットした日本語の歌を
翻訳家が英語に訳した歌はたくさんありましたね。

でも、それは、あくまで訳なので
英語の歌詞がメロディーと合わなかったり

メロディーに合う英語になるように
原文の日本語とはかけ離れた歌詞になっていたり
どこか違和感があったように思います。

今やバイリンガルのアーティストが
日本語と英語を書き起こす時代になったんですね。

もともと音楽とは
それぞれの言語が持つ音のリズムをがもとになって
作られていました。

英語などの欧米語のリズムは8ビート
一方の日本語は短歌や俳句でおなじみの5と7

全く異なる拍を持った言葉なのです。

ですから日本語の基本のリズムの「5と7」から
自然に作られた音楽は

たとえば
「うみは ひろいな おおきいな」のような
3・4・5だったり

「あきのゆうひに てるやまもみじ」
のように7・7だったり

本来はそういうリズムがしっくり合うのです。

それなのに今までの日本のポップ音楽は

洋楽の8ビートのメロディーに
日本語の歌詞は3・4・5のリズムのままで
乗せて歌ってきました。

ところがバイリンガルのアーティストたちが
作り出すポップ音楽は

英語という8ビートの言語が体に染みついているので
音と言葉の拍が一致していて心地いいわけです。

日本人の英語というと
発音が下手だという話がありますが

英語の拍~8ビート~を体で覚えると
英語らしく発音できます。

発音を良くするには洋楽を歌うと良い
と言う話は聞いたことあると思いますが

いきなり洋楽はハードルが高い
という方は

宇多田ヒカルさんなど
バイリンガルが作った歌から入るのも
お薦めです。

マンガENGLISH100ご案内