単語より、文法より大切な Discourse とは

宇多田ヒカルさんといえばアメリカ生まれアメリカ育ちで英語がペラペラというイメージを皆さんお持ちかと思います。

7~8年前に宇多田さんの全米進出が話題になったことがありその当時アメリカのメディアにも出ていらっしゃいました。

その時の映像がまだYouTubeに残されていましたので今日はそれをいっしょに見てみましょう。

4:30 のあたりから注目してください。

女性キャスターが朝早くスタジオ入りしたときにすでに宇多田さんのファンがスタジオの外に集まっていたことを話題として取り上げます。

そしてアメリカで生まれ育ったヒカルさん歌手としては日本では有名ですが

アメリカでもたくさんのファンが集まっていることに驚きを隠せない様子でインタビューをします。

What’s your secret of your success?
(この成功の秘訣をあなた自身はどう思っていますか)

と女性キャスターに質問された宇多田さんの答えはなんと

宇多田さん:I have no idea.(わかりません)
If I know it, I’m telling you.
(もし、知っていたら話したいです)

もったいないですね。。。

宇多田さんの答えはおそらく日本人にはありがちな
(「成功の秘訣は」聞かれた際の)照れとか、気恥ずかしさなど言葉にはできない率直な気持ちを表現したもので

日本では受け入れられるかもしれませんが残念なことに英語での答え方としては受け入れられません。

実際、このインタビューで二人のキャスターは宇多田さんの答えをいったんは笑いで流しますが男性キャスターがすかさず
“But you have something.”(でも何かあるでしょう)と食い下がり

ベテランの女性キャスターは「歌で言いたいことを表現しているのよね」などと言ってフォローをしてくれたのに

その後の宇多田さんのコメントは「みなさんに共感していただけてうれしいです」というようなコメントに終始しています。

すると女性キャスターはすかさず、まるで(これ以上この子と話していてもしょうがないわ)というような表情で男性キャスターを伴ってスタジオの外へ出てしまうのです。

発音もきれいで文法もしっかりしているのにもったいないですよね。

言葉には発音や文法よりももっと大切な要素があります。

それは「自然な話し方」です。
談話=discourseディスコース)と言います。

言語によって自然な談話にはそれぞれ特徴があります。

日本語では自分の発した言葉を相手がどう思うかを念頭に置いているのに対し

英語では

自分が何を伝えたいのかを基本としているので英語を話す時には相手が自分のことをどう思うか、よりも

自分が何を伝えたいかを大事にした方が伝わりやすくなります。

例えば、もし私が宇多田さんだったら
What’s your secret of your success?
(成功の秘訣はなんだと思う)という質問に対して、

自分の生い立ちを背景にこんな風にアピールしたいです。

I was born and raised in New York. My first language is English. My parents, they are Japanese, talk to me in Japanese. I am immersed in two cultures, speak two languages. The two languages support, reflect, and complement each other. That makes my songs win sympathy of many.

(私はニューヨークで生まれて育ちました。ですから私の母国語は英語です。その一方で私の両親は日本人ですから日本語で私を育てました。つまり二つの文化に浸り、二つの言語を話します。二つの言語が互いを支え合い、反映し合い、いい感じにバランスが取れています。それが私の歌に多くの人が共感してくれる理由かなと思います。)

宇多田さんはご両親が日本人で家庭内では日本語を話していたので母語である日本語の談話をベース英語を話しているのでしょう。

私たちの環境も似ています。

私たちが今までに触れた英語は学校の教科書や英会話のフレーズ本など

そのほとんどが日本語で書かれた原稿や素材を英語に訳したものが多かったので英語の談話の経験まだまだ足りません

マンガENGLISHは100タイトルのストーリーすべてが英語ネイティブによる
完全書き起こし。

これを見て、聞いて、まねて英語の談話をたっぷりと“体験”してください。

マンガENGLISH ご案内