英語を話せるようになる独学法

独学で英語を流暢に話すための学習にトリックのようなものはありませんが、より効果的な勉強方法や考え方というものは存在します。それらを活用すれば、あなたが思っている以上にずっと早く英語を話せるようになるのです。英語がうまくできるようになる独学勉強法を紹介します。

英語は、標準的な英語のルールから外れた例外がたくさんあります。何か変だなと思うことがあっても、質問するよりもそれを受け入れて次に進んだほうが賢明です。

あなたの目標は英語をより流暢に話せるようになることなのですから、偏った知識にとらわれないようにしましょう。

例えば日本では、信号の色が実際は「緑」であっても、「青」と言うことに関して気にしたりしませんよね。

日本語と同じように、英語にも変だったり説明できない部分がたくさんあります。ですから、早く英語を話せるようになりたいのなら、そういったちょっと変な表現も覚えてしまって、次へ進むのが一番良い勉強方法なのです。

独学で英語を話せるようになりたいなら、自分を英語漬けにする

1日1時間、机に向かって英語を勉強するだけでは、英語を話せるようになるためには不十分です。

独学でも早く英語を話せるようにするベストな方法は、数分間で良いから実践すること。つまり毎日話すことです。英語を聞いてまねしたり、英語で独り言を言うだけでも、よい勉強方法でしょう。英語を話せるになりたいのであれば、これらの勉強方法を毎日の日課にしましょう。

英語を話せるようになる勉強方法:リスニングからもっと学ぶ

ネイティブの英語を聴く時、ほとんどの生徒さんが全部の単語の意味を理解することに集中しています。
これももちろん大切なことではありますが、ネイティブの会話をもう少し全体を聴くようにして欲しいと思います。

単語の意味ばかりを聴き取るのではなく、
•その人がどんな風に話しているかを聴き取るようにする。
•その人が文章の中で、どの単語をつなげて発音しているかを聴き取る。

次に英語を話す時これらのことを覚えておくと、より自然な英語が話せるようになります。

ネイティブスピーカーの話す英語を聞く時、それを一語一句理解するのは大変です。知らない単語がたくさん使われているかもしれませんし、話すスピードが速すぎたり、訛りが強いこともあるかもしれません。全てを聴き取り、理解できなくても気にせずに、ネイティブスピーカーの話す英語に耳を慣らしていきましょう。

リスニング力と英語の理解力を上げる方法としてYouTubeがオススメです。動画を通して話している人の顔の表情や場面なども感じられて、リアルな英会話の準備になります。あなたが興味のある趣味などについて話しているネイティブスピーカーの英語を聞くようにすると飽きずに聴き続けれらるでしょう。

説明のほとんどを日本語でするような英会話番組は、リスニング力アップにならないためおすすめできません。自然な会話をしているネイティブスピーカーの英語を聞きましょう。

英語を話せるようになる独学法:英語が話せる人は文脈やフレーズで学んでいる

英語がペラペラに話せるというのは、自分の考えや気持ち、アイデアなどが英語で表現できるということです。

あなたの目標は、コミュニケーションができるようになること。人は文脈で言語を理解した時にのみ、コミュニケーションをすることができます。

単に単語や品詞だけを学習するよりも、全体の文章を学習した方が、毎日の生活において英語がより役に立つと感じるし、英語が喋れるようになったと実感できるでしょう。

英語を話せるようになる独学法:文法を勉強しすぎない

言語学習の大事なポイントは、勉強と実践のバランスを見つけることです。

英語がペラペラに話せるということは、文法のルールを知っているということではありません。ネイティブスピーカーのほとんどが間違った文法で話すこともあるのです。

英語が流暢であるということは、コミュニケーションができるということです。

文法の参考書を読みあさるより、現実世界でリスニングとスピーキングの練習をしに外へ出た方が、英語をはなせるようになる方法として、ずっと良いのです。

英語を話せるようになりたいなら:生徒であることをやめる

-英語を話せるようになった自分をイメージする

正しい心構えを持ち、自信のあるスピーカーになれるかどうかで、流暢になれるのか、そこそこで終わるのかの違いが現れます。

大切なのは、自分をいつまでも「英語学習者」「生徒」だと思わないこと。自分を「英語を話せる人」として考えてみましょう。自信をもって英語を話せる人だとイメージしてみると、頭の中でネイティブスピーカーと流暢に英語を話している自分が見えてきませんか?

寝る前に、英語をペラペラ話している自分を想像しましょう。考え方をちょっと変えるだけで、より自信をつけることができ、既に知っている英語もより効果的に使えるようになります。

英語を話せるようになりたいなら

英語には「Use it or lose it」(使わなければ忘れる)という表現があります。これは、スキルを使わなければ、そのスキルを発揮する脳力をやがて失ってしまうという意味です。

新しい英単語を覚える上で、同じことが当てはまります。

新しい単語を覚えるのに一番よい方法は、すぐに使うこと。そうすれば記憶に残ります。新しい英単語を勉強したら、一週間その単語を使って文章を作り、声に出して言ってみましょう。きっと忘れられなくなります。

英語を話せるようになるためにもっと有効な独学の仕方は、学習した単語を誰かに教えることです。友人と英語を勉強している方は、新しい単語や表現、イディオムなどを教える勉強会を定期的に開いてみるのも良い勉強方法でしょう。

英語を話せる人は、間違いは成長への第一歩ということを知っている

人は、教えられたり何か新しいことを発見したり、間違えることで学ぶことができるのです。外国語を学ぶということは大変なことです。あなたもたくさん間違えることがあるでしょう。ですから間違えることは成長への一歩だと考えることをおすすめしています。

何と言ったらいいか分からない時は、とりあえず言ってみましょう。ほとんどの場合、あなたの言ってることは理解してもらえます。

教える立場である私としては、無難に黙ってやり過ごしている生徒さんよりも、何かを言おうと努力している生徒さんにいつも感謝しています。

生徒さんが間違えたら、私がその間違いを正し、学ぶお手伝いをしてあげる機会ができるのですから。

英語が話せる人は、本気で話せるようになりたいと思っている

ここまで、英語が上手く話せるようになる独学勉強方法を紹介しましたが、たくさんあって無理だと思うかもしれません。

独学で英語ができるようになるには、本気で話せるようになりたいという強い意志が何よりも必要です。

なぜなら、強い意志がないと、毎日続けることができないからです。

そして、楽な勉強方法を選んでしまいます。「聞くだけで英語が話せるようになる」とか「30日間で英語ができるようになる」というような教材にお金を無駄にしてしまうのです。

楽な英語の勉強方法は、話せるようにならない勉強方法だと言っても過言ではないでしょう。

マンガENGLISHは独りで学ぶ独学教材ではありません。私が一緒にサポートしていきます。

サポートのご案内はこちらのYouTube動画をご覧ください。

マンガENGLISH ご案内はこちら