ここがダメ!日本の英語教育

日本の教育について語る時
はっきりと言えることがある。

日本の英語教育は全く機能していない
とにかくひどい。

When you speak to foreign English educators in Japan, one thing becomes crystal clear: English education in Japan isn’t working. It’s just awful.

このショッキングな英文は

ここがダメ!日本の英語教育
What’s wrong with English education in Japan?

というタイトルの記事の中にありました。記事はこちらをクリック

この記事の筆者は

日本では高等教育において
英語が必修科目なのにもかかわらず

他のアジアの国々- 韓国や中国
と比べても

リアルな会話力が極めて低い

と述べていて

その理由として
日本の英語教育の問題点を
三つ挙げています。

1. Teaching to the tests
テスト対策の教育であること)

2. The quality of the textbooks is quite low
(学校の教科書のクオリティーが低いこと)

3. A focus on translating into Japanese and JTEs speaking in only Japanese. Where is the English?
(授業中に教師は文法訳読法の授業をほとんど日本語で話していること 英語は一体どこ?)

30年前とあまり変わっていないんですね。

30年前・・・というのは私にとって
母親になって

当時は全く英語が話せなかったので
我が子には同じ思いをさせたくなくて

学校の教え方が変わるのを期待するより
自分で環境を作った方が早いと思い

英語のビデオを買って
いっしょに映像を見ながら
音を聞くところから始めたことが

私自身も英語が話せるようになった
きっかけでしたので

この記事を読んでいて思ったことは

30年前と現状はあまり変わっていないんだ
ということ

教育のせいにしていては埒が明かない
ということ。

だって言葉って結局のところ

自分で身につけなければ
決して使えるようにはならないのだから。

この記事の最後に、こう書かれています。

You can excite students with that and promote self-study, which is a much better approach than learning “This is a pen” for the sake of a test.

「This is a pen.」のような変な英文を
テストする教育をするくらいなら

生徒が自分で学ぶことを推進した方がマシである。

本当にそうですね。

今の時代、英語のテキストなど使わなくても

YouTubeやSNSなどを通して
たくさんのネイティブ英語に
触れることができるのですから。

マンガENGLISH100ご案内