「使える英語」を最速・最短で効率よく身につけるために

マンガENGLISH100タイトルのユーザー様のサポートレッスンを
9月11日に銀座にて開催いたしました。

100タイトルの3つのステップを経験した方たちが
良い感じに仕上がってきました

私たち日本人にとっての英語は
中学高校の受験英語で
テストのための暗記でほとんど忘れてしまったのですが

6,000語程度を一度は習っていて

英会話の現場を観察してみると
英語ネイティブ同士の会話でさえも
日常英会話で頻繁に使う単語数は3,000語程度だというのは
良く知られた話ですが

日常英会話に必要な単語は習っているのに
聞き取れないし話せないというのは

何かが間違っているわけで

何が間違っているかというと

(細分化すればいろいろあるかもしれませんが)
結局のところ

英語を音だけで何とかできない
直訳をしようとする

この2つの脳の習慣が
受験英語で染みついてしまった

その理由は

いつも英文テキストを見ながら
直訳することがゴール

という英語教育を受けて来たから。

そんな状態から

「使える英語」を最速・最短で効率よく身につけるためには

1.とりあえず知っている単語で何か言ってみる
2.フィードバックを受けて修正する
3.ネイティブ英語を音でインプットして口まね

この順番が一番、効率が良いんですね。

さらにこのループを繰り返すことでレベルが徐々にアップし
継続することで習慣化してしまえば

日本語と同じように英語も使えるようになるわけです。

今回のサポートレッスンで
生徒様の実感として

「アウトプットしてからインプットする方が効率的」だと
そのアウトプットが「自分の言いたいこと」であることが大切

という言葉をいただき

まさにそれこそが
私が今までずっとお伝えしてきたことです。

こちらの動画をご覧ください。

そしてこの動画の中でも話題になった

東京タワーについてのイルミネーションについて
英語で説明をするセッションの音声を期間限定で公開しています。

クリック⇒ 翻訳エクササイズ翻訳エクササイズ5 をご覧ください。

まさに

1.とりあえず知っている単語で何か言ってみる
2.フィードバックを受けて修正する
3.ネイティブ英語を音でインプットして口まね

というすべての学習メニューがここにあります。

1と3はマンガENGLISH100タイトル
2は漫画で通訳養成トレーニング

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH ご案内はこちら