英語がぐんぐん聞き取れて、すらすら話せるようになる

英語が聞き取れるようになったらいいな
英語が話せるようになったら楽しいだろうな

キーワードはたった一つ

「音だけ」なんですね。

英語が聞き取れなかったときに
英文テキストを見て文字で確認したり

英語を話す練習をするときに
英文スクリプトを見ながら話す練習をしていると

脳は育てた通りに育ちますので

いざリアルな英会話の場面で

音だけで聞き取れない
音だけで話せない。

今の学習法を続けていたら

いつまでたっても話せるようにならないばかりか
聞き取れるようにさえなりません。

英語を音で聞き取って
音で記憶できる脳の働きを育てましょう。

そのためには
リスニングやスピーキングの練習の時に

英文テキストを読んだり
日本語で訳したりする学習法を止めて

音だけで何とかしようとする
脳の働きを育てる学習法に切り替えること。

時々アメリカ映画などの洋画を使って

一生懸命に聞き取りの練習をしているのに
なかなか成果が出ない

という話を聞きますが

それもそのはず

アメリカ映画などは
英語ネイティブのエンターテインメント

英語が身についている人の
お楽しみのものなので

私たちが日本語の映画を観て
台詞に感動するのと同じように

英語ネイティブでさえ
普段は使わないような

ちょっとカッコイイ台詞とか
おしゃれな言い回しがバンバン出てきて

日常会話レベルとはかけ離れているのです。

さらに映画の場合は
戦闘シーンや場面描写など

台詞がほとんど無いシーンも多く
学習用としては効率が悪いですね。

それなら会話そのものに触れましょう!

今どきインターネットで
無料で英語ネイティブの日常会話に
いくらでも接することができます。

たとえば私の一押しおススメは
Talkenglish.comさんです。

こちらをクリック⇒ Talkenglish.com

これくらいの会話が

一回で音だけでだいたい理解できて

2~3回、口元で練習すると
台詞を記憶できて再現できる

英語を音で記憶し、口元で再現できる
脳の働きを活性化しましょう。

とは言っても

「音だけ」では拠り所が無く

リアルな会話でも「音だけ」で
理解しなければいけないことは稀で

会話には場面がありますから

場面と音

場面を表すイラストを見ながら

英文なし
日本語の訳なしで

英語の音を取り込んでいきます。

映画のように難しくも無く
アニメのように子どもっぽくもない

おとなのための英語絵本
それが日本の漫画

100タイトルの漫画ストーリーを通して
場面と音だけで何とかしようとする
脳の働きを作っていきます。

マンガENGLISH100ご案内