「かなう夢には秘訣がある」を英語で

平昌オリンピックが閉幕しました。

メダルを手にした選手たちは
うれしそうですね。

夢に向かって突き進んで
その夢をかなえた人たちの表情は
とても晴れやかです。

誰でも夢を持つことはできますが
誰もが夢をかなえるわけではありません。

その違いは何でしょうか。

いろいろな考え方があると思いますが

今日は1915年に58年の生涯を閉じた
アメリカの作家で哲学者のエルバート・ハバード(Elbert Hubbard)さんの名言から「夢をかなえる」秘訣を考えてみたいと思います。

Dreams can come true, but there is a secret. They’re realized through the magic of persistence, determination, commitment, passion, practice, focus and hard work. They happen a step at a time, manifested over years, not weeks.
「夢はかないますよ、でも秘訣があります。かなう夢というのは、強い信念を持ち、結果にこだわり、情熱を持ち続け、実践し、わき目もふらずに突き進んだ集大成なのです。それは数週間などではなく、何年もかけて一歩ずつ積み重ねた結果が実を結ぶのです。」

私たちの「ひとり英語トーク」にも
そのまま当てはまりますよね。

英会話スクールやリスニング教材など
「これさえやれば、大丈夫!」とばかり
日々誘惑(笑)があるかと存じますが

言葉は教わったら使えるようにはなりません。

自分で身につけないと使えるようにならないのです。

茂木健一郎さんの著書「最強英語脳を作る」で
茂木さんはネイティブ英語を
"過酷だ"と表しましたが私もそう思います。

英語という言語を使いこなすために
英語ネイティブでさえ幼児期から
文字のない絵本を使って訓練しているのです。

だから私たちが大人になって
その英語を身につけようとしたって
そりゃ一朝一夕に、とはいきません。

でも、やりぬいたときに

純粋な日本人で英語がペラペラな人は
まだまだ希少性が高いので

大きな報酬 – 人によって違うでしょうが –
が手に入ることは間違いありません。

そしてやること自体はシンプルです。

漫画イラストを見て
「自分なら何を言いたいか」
「それを英語で言うとしたらどんな英語がいいか」
を"自分で決める"練習をする。

もちろんネイティブの子どもたちも
いきなり話すことはできません。

まずは親が絵本の読み聞かせを通して
英語の音を場面の中で意味付けすることから始めます。

その絵本の読み聞かせのステージも
マンガENGLISHなら動画で経験できます。

英文なし、日本語の訳なしで
英語を音と場面で何とかする英語脳を育てながら

漫画イラストを見て
思いつく英語の音を出してみる。

英語ネイティブでさえ
幼児期から訓練しているんですから。。。

言葉の習得はよく
楽器の演奏やスポーツに例えられるように

自分の頭と目と耳と口を使って

英語を英語のまま
身体にしみ込ませていきましょう!

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH100ご案内