「おお!今、いい事、言っちゃったかも」を英語でも

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンの実験結果によると、人が何かを伝えたいとき、言葉そのものだけで伝えることができるのは実際の7%のみで、口調や話すスピードなどの聴覚情報が38%、見た目など、視覚で確認できる情報が55%を占めているそうです。会話の時には、言葉そのものだけではなく、声の調子や視覚からの情報がむしろ大切であることが、よくわかります。

漫画イラストを見ながら声を出す練習を一通り終えたら、次はイラストを見ずに音だけを聞いて場面をイメージするという練習ステップに入っていきます。

この時に2パターンあります。1つは、聞こえてきた英語の音で場面が浮かぶパターン。もう1つのパターンは、英語の音を聞いていたときには、ぼんやりしていたイメージが、ご自身が声を出した時に場面が浮かんだというパターン。両方起きても構いません。

インプットの時に場面が浮かんだけど、自分がアウトプットしている時には何故か頭がいっぱいになっちゃった。あるいは音を聞いていた時は、あまり意味が分からなかったのに、出した時に場面がイメージしやすかった。どちらが起きてもいいわけです。ただ、どちらが多い方がいいかというと、最終的に私達は会話を楽しみたいわけですから、自分が声を出してる時にこそ場面がイメージしやすくなるっていう事が目指したい事なんですね。

今までの学習習慣では、英語を話そうという時には、その前の段階で皆さん同じ準備をするわけですね。

まず日本語で考えます。そして辞書で単語をひきます。そして、文法的に組み上げてこういうことを言おうって頭の中に準備します。あるいは暗記したフレーズを一生懸命に思い出そうとします。だから英語を話してる時、気がついたら、上向きになっちゃう。何故かっていうと、自分が暗記している文章の文字の並びを、一生懸命思い出そうとするからです。そうするとその時の気持ちとか場面などというよりは、記憶の中で字面を思い出してるわけですね。これでは伝わるものも,伝わらない。こういう話し方はもうやめたいんですね。

日本語だと結構あるじゃないですか。「おお!今、いい事、言っちゃったかも」みたいに思う事。「今のよかったかも」とか「うんうん、優しい言い方できたぞ」というように、後から気づく感じ。

このとき何が起きてるかっていうと、日本語の日常会話では「文章をいちいち頭の中で準備して話す」という話し方ではなく、場面の中で自分の中にある音の中から何となくそこの場面にあった音を出してきてるからなんですね。ですから声を出した後で「おお!」となるわけですね。これを英語でも経験してください。そのためにはまず聞こえてくる音をきっかけにして、自分が音を出した時に場面が浮かぶっていう経験。これをちょっと意識していただけると、その状態に近づきやすくなりますので。

聞こえてくる音を気持ちよく声に出しながら、場面のようなものをイメージする。イラストを克明に浮かべる必要はありません。困った人の顔だったり、子どものころに親にうそをついて外泊したことが後からわかった時の親の顔だったり、自分の経験した場面と結びつく感じ。イラストを見ずに音だけを聞きながら場面をイメージする際の練習のポイントはココになります。

英語フレーズを英文テキストを見ながら文字で記憶していても、会話の時には伝えたい事は伝わりません。自分の中にある音から、自分の思いや考えを相手にそのまま伝えるためにも、場面のような物をイメージしながら音を発する練習を続けてくださいね。

マンガENGLISH100ご案内