シャドーイングとディクテーションで最強の英語脳を作る

英語が聞き取れるようになりたい、と悩んでいる人は多いと思います。でも、なかなかうまくいかない。スピーキングもそうですよね。

そもそも論になってしまうようですが、言葉って勉強して身に着けるものではないんですよね、本来は。私たちは日本語を毎日使っているから使えるようになっただけの話で、英語も毎日使っていれば使えるようになるわけです、だれでも。そういう意味では私たちのほとんどが英語を生活の中で使う必要はないのだから英語が使えるようにならないのは当然のことなんですよね。だから「本当に使える英語を身に着けたいなら英語圏に移り住むしか根本的な解決にはならない」という人も多いわけです。

ところが世の中には、日本を一歩も出ることなく英語がペラペラになった人も実際いますよね。『国産バイリンガル』と呼ばれることもあります。そういう人たちが必ずやっている学習法があります。それがシャドーイングとディクテーションです。

シャドーイング(shadowing)とは、英語の音をナチュラルスピードで流しながら1~2語遅れて、影(shadow)の様に声に出して追いかけていく練習です。英文は見ないで行います。元々は同時通訳のプロを目指す人たちの基本トレーニングですが、第二言語習得研究などでその高い効果が認められ、一般の英語学習者にも広がってきた学習法です。

シャドーイングは、「耳」と「口」を使って「音声」と「意味」を結びつける練習です。最終的には音声を聴いて意味を理解できるようにすることが目標です。それによって単語と文法の知識を無意識に、つまり英語ネイティブのように自動的に使えるようにするための練習なのです。まさに英語脳(英語回路)を作るための練習法です。

同じ素材を使用して、タスク(課題)を2つに分けてシャドーイングを行うと上手くいきます。成熟した大人の脳は、新しいことに対してのマルチタスクが苦手です。例えば、意味と発音を同時に意識しながらシャドーイングすることは初期のころは難しいでしょう。シャドーイングの効果を最大限に引き出すにためにも、まずは音だけ、そして意味を強く意識して、というように、テーマごとに取り組んだほうが成功します。

ステップ1 プロソディ・シャドーイング

「プロソディ/prosody」とはリズム・抑揚・高低差(ピッチ)・イントネーションなど言語の音の要素、いわゆる発音の総称です。発音に意識を集中して行うシャドーイングをプロソディ・シャドーイングと言います。

だからこの段階では意味(内容)は意識しません。元の音とそっくりにシャドーイングできるまで練習してください。スピード感を保つことも大切です。

ステップ2 コンテンツ・シャドーイング

コンテンツ・シャドーイングとは、意味(内容/contents)を意識して行うシャドーイングです。音源のスピードについていきながら、英文の意味が同時に認識できるように練習します。

ステップ3 ディクテーション

コンテンツ・シャドーイングと切っても切れないトレーニング法がディクテーションです。

ディクテーションで期待できる最大の効果は「リスニング力の向上」です。

ディクテーションは、聞き取った英語を文字に書き起こすためかなりの集中力を必要とし、細部まで英語を聞き取るスキルを磨くことができます。

さらに、ディクテーションをすることで英文のどの部分が聞き取れないのか、自分の「弱点」を明確にすることができるのがディクテーションです。

弱点がわかることで何を重点的に対策すれば良いのかが分かり、効率的にリスニング力を伸ばすことに繋がります。

ディクテーションのやり方はとてもシンプル。

5〜7単語ほどの意味のまとまりごとに区切った短めの英語の音声を流し、聞き取った英語をそのまま紙に書く、またはPCやスマートフォンの文書ファイル(WordやGoogleドキュメントなど)に打ち込みます。

書き終わったらスクリプトを見て答え合わせをし、どこが聞き取れなかったのかをしっかりと復習します。

マンガENGLISH ご案内

英語脳という幻想

『英語脳』という言葉が広く知られるようになって久しいですが、多くの場合その意味は「英語を英語で考える」とか「頭の中から日本語を排除して英語だけにする」という意味で使われることが多いようです。

その考え方の根底にあるのが、

英語のネイティブスピーカーは英語だけで考えているのだから、英語がペラペラになりたければネイティブのアタマの中と同じように英語だけにすべきである

というもの。

一見、正論のようですが、ネイティブ、特に英語しか知らないモノリンガルの英語ネイティブは、努力して英語で考えているのではなく、環境によって自然とそうなっているだけの事ですので、そもそも声を大にして英語脳なんて言う必要はないわけです。

私たちにとっての英語脳と言うのは「英語が自然に聞き取れて自然に話せる脳の働き」の事だと私は思っています。

「え?でもそれって英語ネイティブのアタマの中と同じじゃない?」と思うかもしれませんが、私たち、つまり、ある程度の年齢になって、日本語が確立された後に英語を身につけようとしている私たちにとって、日本語を、今さら、頭の中から消し去ることはできません。なかったことになんかできないんです。それを無かったことにして「英語を英語で考える」とか「頭の中から日本語を排除して英語だけにする」という間違った目標設定が、未だに簡単な日常会話すら話せないだけでなく聞き取りすらままならない、という結果になっているんです。

ですから、私たちにとっての英語脳に欠かせないのが「英語をスムーズに理解し発するための日本語」なのです。これこそが、中学高校の英語の授業で約6,000語を受験のために暗記したのに、その約半分の3,000語程度の日常会話でつまづいている、いわば歪んだ状態を脱するポイントなのです。

では「英語をスムーズに理解し発するための日本語」はどうしたら身に付くのでしょうか。それは「英語を英語の語順のまま日本語で考え」「英語の語順のままの日本語で考えながら英語を発する」ことができるようになる『同時通訳を養成するトレーニングメニュー』が最適です。

私は『同時通訳を養成するトレーニングメニュー』のおかげで、30歳を過ぎて、日本人の家族や友人、日本語だけの職場で普通に生活をしながら、1年ちょっとで日常会話レベルの英語が聞き取れて話せるようになりました。

中学高校の英語の授業で約6,000語を受験のために暗記した私たちは知識はもう十分にあります。受験の時は英語の語順でひっくり返して訳したり、英作をするときには英語を直訳したような、例えば「今、彼は、ちょうど宿題を終えたところです」のような不自然な日本語を使用してきました。だから使える英語が身に付かなかったのです。

今日から英語をスムーズに理解し発するための日本語の使い方を練習しましょう。英語を英語の語順のまま日本語で考え、英語の語順のまま日本語で考えながら英語を発する、同時通訳を養成するトレーニングメニューを活用しましょう。

漫画を使っているので初心者の方にもお取り組み易くなっています。学習ステップはこちらのYouTube動画でご案内しています。

マンガENGLISH 受講ご案内

「元気が出る嬉しいおしらせ」を英語で

私たちは中学・高校の英語学習を通して約6,000語の英単語を受験のために暗記しました。一方で日常会話では英語のネイティブスピーカー同士でも、約3,000語で会話の8割をカバーしています。

だから音の経験を積み重ねて「音だけで何とかなる脳の働きを育てれば、自然に英語が聞き取れるようになる」と思っている人も多いのですが、簡単な英単語で構成された英文の意味を瞬時に捉えることが苦手なのです。

たとえば、ある映画から引用したフレーズです。

I’ve got something that will cheer you up.

すべて中学英語で構成されていますが、この英文を見てパッと意味が分かる日本人はまだまだ少ないです。

その理由の一つに私たちが学んだ英語の教科書があります。私たちが中学・高校で使っていた教科書に載っている英語の多くが、日本語を訳したものでした。

中学や高校には海外から多数のALT(外国語指導助手)が来ていますが、彼らの多くが「中学・高校の英語の教科書に出ている英語が不自然」と感じているのはよく知られた話です。中学・高校の英語の教科書に出ている英語は元々が日本語だったので日本語に訳しやすかったのです。

ところが映画の英語は突然の事ながら自然な英語なので、多くの日本人にとって訳しにくいのです。意味が分からない言葉は聞き取れたていないことと同じです。だから仕上げに意味をとらえる練習をして仕上げていきましょう。

この時に素材選びが大切です。教科書のような元は日本語を訳した英語ではなく、ネイティブ英語の意味をとらえる練習を重ねましょう。

I’ve got something that will cheer you up. の答え合わせをしておきましょう。

“cheer” は、”cheer girl” (チアガール)の “cheer”
“cheer up” で「元気づける」という意味ですから

あなたが元気になる何かがある、ということを言いたいのですね。
元気が出る嬉しいお知らせと意訳できるかもしれません。

ネイティブの音声はこの動画の中でチェックしてみてください。

では、このセリフの続きでエクササイズしましょう。

これは、わかりやすいですね。「具合はどう?かわいい子」

では、その次のセリフはいかがでしょうか。「具合はどう?」と聞かれた主人公の返答です。

答え合わせは次回ご案内しますので、ゆっくり考えてみてください。必要に応じて辞書などで調べてくださいね。

マンガENGLISH 受講ご案内

「1ヶ月で英語ペラペラ」って言うけれど

私のYouTube動画を見た方からコメントをいただきました。「山口さんは動画で『海外の映画やドラマで英語の音を聞き取って真似する』というけれどやり方が良くわからない」というような内容でした。

世の中には「1ヶ月で英語ペラペラ」などという人がいますが言語の習得にマジックもトリックもありません。AI(人工知能)と同じように、お手本と同じようにできるまであきらめずに続けることです。大切なことなので私からのメッセージを動画に撮ってYouTubeにアップしました。

マンガENGLISH 受講ご案内

アマゾンとネットフリックスを体験しました

海外の映画やドラマを手軽に楽しめる時代です。月々1,000円前後で、スマホで出先で手軽にたくさんの映画が見放題のサービスは、昭和世代にとっては夢のようです。

私はhttps://www.amazon.com/ がお気に入りですが、日本から利用するためには、1)アメリカの住所(無料で取得できます)と、2)VPN(アメリカのIPアドレス:月額1,000円程度)が必要なので、面倒かもしれませんね。

その点、https://www.netflix.com/ なら、月々1,000円前後でたくさんの海外ドラマや映画が見放題ということで、私も利用してみました。タイトルとあらすじが日本語で書かれているので、https://www.amazon.com/ に比べてハードル低めかもしれません。

どちらも「英語の字幕あり・なし」が選べますので、字幕なしで映画やドラマを楽しめますから、手軽に英語脳を作ることができます。

それぞれにオリジナルの作品や、月額見放題のコンテンツに特徴があるので、両方契約しても損はないと感じました。私もしばらく両方とも楽しんでみようと思います。

海外のドラマや映画を字幕なしで楽しむ英語脳を10時間で体験できるプログラムのご案内はこちらのYouTube動画をご覧ください。

マンガENGLISH100ご案内

大人びてクールになった友だちを褒める英語フレーズ

I almost didn’t recognize you!

“recognize” は「認識する」という意味で
直訳は「あなたをほとんど認識できなかった」ですが

久しぶりに会った知り合いが、すごく大人っぽくなっていたり、きれいになっていて、以前とはイメージが違っていた時に、驚きと喜びをストレートに伝えることができる英語表現です。

下記のプレイボタンをクリックして発音を練習しましょう。

フレーズの暗記だけでは自由に話せるようにはなりません。

自由に話せるようになりたい方には、絵を見て思いつくことを話す練習をお勧めしています。ヨーロッパの語学学校などではよく使われている練習法で “Picture Description” (絵の説明)と言います。

とは言ってもいきなり話すことには抵抗があると思いますので、まずは絵本の読み聞かせのように、英語のネイティブスピーカーのナレーションを聞くところから始めましょう。

マンガENGLISH【スタンダード版】では紙芝居のように、1ページに1枚ずつのイラストを見ながら英語のナレーションを聞きくことができます。

次に【スペシャル版】でフレーズごとの音声をリピートして英語の音をインプットしましょう。

仕上げは【漫画で通訳トレーニング】で1)絵を見て英語を話す練習と、2)英語の語順のまま日本語に置き換えたり、英語の語順で考えたりする練習を通して、自由に英語を聞き取って話せるようになりましょう。

詳しくは下記のボタンをクリックしてください。

マンガENGLISH100ご案内

英語ネイティブと深イイ話を楽しむ

簡単な英語の日常会話には慣れて来たけれど、それ以上に会話が拡がらない、とお悩みの方へ、学習のヒントになるアメリカのテレビドラマのご紹介です。

なぜ、このドラマがおススメなのか、どうしたら英語ネイティブと、ちょっとした深イイ話が楽しめるようになるかについて解説しています。

マンガENGLISH ご案内はこちら

 

「Think in English 」(英語を英語で考える)がNGな本当の理由

「Think in English 」(英語を英語で考える)と言いますが、大人の英語学習者にとっては現実的ではありません。「Think in English 」(英語を英語で考える)と言うのは、英語しか話せない人、もしくは、子どものころから英語で生活していた人が、自然と英語を英語で考えている、それだけのことです。勉強して身につけるものではないのです。

大人になって英語を身につける場合は、英語を話す時にも母国語である日本語で考えることがとても大切です。それは、いわゆる「訳す」こととは違います。

訳すというのは、元の英文を受けて訳すことになるので受け身の活動です。それでは英語をスラスラと話すことはできません。

英語をスラスラと話すためには、英語を話す前に、あるいは英語を話しながら日本語で考えることが必要です。英語を話す時に日本語で考える練習しましょう。

先ほどアップした動画で具体的にご案内しています。

マンガENGLISH ご案内はこちら

無料オンライン相談会

4月18日のオンライン学習相談会も
とても充実した内容でした。

参加者の方々の画像は公開できない為
セキュリティーを考えて

誰でも気軽にアクセスできるYouTubeではなく
月額980円の会員様専用サイト(https://e-lab.cc/)に

動画をアップをさせていただきました。

マンガENGLISHユーザー様の生の声をぜひ、お聞きください。

月額会員様はここをクリック⇒ https://e-lab.cc/2020april18/

次回の無料オンライン相談会は
5月23日(土曜日)14時00分からです。

マンガENGLISHは

漫画イラストを見ながら英語の音を聞き

漫画イラストを見て
思いつく英語の音を話す

という練習を通して

英語を英語のまま理解し話せる教材です。

ひとりで学習できるので効率が良い反面
ちょっと寂しくなる時もありますよね。

そうしたらぜひ
レッスンやオンラインでつながりましょう。

マンガENGLISH100タイトル
ご購入済みの方で

このような情報が必要な方は

グーグルのグループへの登録を
お申し込みください。

グーグルのグループへの参加は会費などの費用は一切かかりません。
不定期ですがオンライン相談会にも無料で参加できます。

ハンドルネーム(ニックネーム)のみの参加も可能です。

マンガENGLISHの動画100タイトルを購入済みで
グーグルのグループに参加ご希望の方は

登録のための私の確認用に

マンガENGLISH動画100タイトル
購入確認画面を
info ♪ mangaeigo.net(♪を@に変えてください)
(インフォ @ マンガエイゴ ドット ネット)
に転送してください。

数日以内に、
招待メールを送らせていただきますので

【登録を申請したメールを確認】してください。

Googleのグループのため
【gmail】以外のメールアドレスの場合、
配信エラーになることがあります。

【gmail】での登録をおすすめします。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH ご案内はこちら

テレワークは在宅勤務のことでは無い

新型コロナウィルスの世界的な影響を受けて注目されている言葉の中に「テレワーク」があります。

昨日の安倍総理の緊急事態宣言でも聞かれました。テレワークという言葉が使われる文脈で多いのが「できるだけ外出をせずに自宅で過ごすことを奨励し、仕事もテレワーク等が望ましい」という趣旨の内容のため、多くの人が「テレワーク=在宅での仕事」と思っているようです。

「テレワーク」は英語の “Telework” をカタカナ表記したものですが、英語の “Telework” は本来、「”tele” (遠隔)で “work” (仕事)をすること」を示す言葉であって、例えば、滞在先のホテルや、移動中の交通機関やカフェなど、さらにはオフィス内にいても自分のデスク以外で仕事は”Telework” となり、必ずしも自宅での仕事を示すわけではないのです。

自宅で仕事をすることを英語で伝える場合は “work from home” と言います。

I will work from home next week.(来週は在宅で仕事をします)

のように使います。

マンガENGLISH ご案内はこちら