「元気が出る嬉しいおしらせ」を英語で

私たちは中学・高校の英語学習を通して約6,000語の英単語を受験のために暗記しました。一方で日常会話では英語のネイティブスピーカー同士でも、約3,000語で会話の8割をカバーしています。

だから音の経験を積み重ねて「音だけで何とかなる脳の働きを育てれば、自然に英語が聞き取れるようになる」と思っている人も多いのですが、簡単な英単語で構成された英文の意味を瞬時に捉えることが苦手なのです。

たとえば、ある映画から引用したフレーズです。

I’ve got something that will cheer you up.

すべて中学英語で構成されていますが、この英文を見てパッと意味が分かる日本人はまだまだ少ないです。

その理由の一つに私たちが学んだ英語の教科書があります。私たちが中学・高校で使っていた教科書に載っている英語の多くが、日本語を訳したものでした。

中学や高校には海外から多数のALT(外国語指導助手)が来ていますが、彼らの多くが「中学・高校の英語の教科書に出ている英語が不自然」と感じているのはよく知られた話です。中学・高校の英語の教科書に出ている英語は元々が日本語だったので日本語に訳しやすかったのです。

ところが映画の英語は突然の事ながら自然な英語なので、多くの日本人にとって訳しにくいのです。意味が分からない言葉は聞き取れたていないことと同じです。だから仕上げに意味をとらえる練習をして仕上げていきましょう。

この時に素材選びが大切です。教科書のような元は日本語を訳した英語ではなく、ネイティブ英語の意味をとらえる練習を重ねましょう。

I’ve got something that will cheer you up. の答え合わせをしておきましょう。

“cheer” は、”cheer girl” (チアガール)の “cheer”
“cheer up” で「元気づける」という意味ですから

あなたが元気になる何かがある、ということを言いたいのですね。
元気が出る嬉しいお知らせと意訳できるかもしれません。

ネイティブの音声はこの動画の中でチェックしてみてください。

では、このセリフの続きでエクササイズしましょう。

これは、わかりやすいですね。「具合はどう?かわいい子」

では、その次のセリフはいかがでしょうか。「具合はどう?」と聞かれた主人公の返答です。

答え合わせは次回ご案内しますので、ゆっくり考えてみてください。必要に応じて辞書などで調べてくださいね。

マンガENGLISH 受講ご案内