「Think in English 」(英語を英語で考える)がNGな本当の理由

「Think in English 」(英語を英語で考える)と言いますが、大人の英語学習者にとっては現実的ではありません。「Think in English 」(英語を英語で考える)と言うのは、英語しか話せない人、もしくは、子どものころから英語で生活していた人が、自然と英語を英語で考えている、それだけのことです。勉強して身につけるものではないのです。

大人になって英語を身につける場合は、英語を話す時にも母国語である日本語で考えることがとても大切です。それは、いわゆる「訳す」こととは違います。

訳すというのは、元の英文を受けて訳すことになるので受け身の活動です。それでは英語をスラスラと話すことはできません。

英語をスラスラと話すためには、英語を話す前に、あるいは英語を話しながら日本語で考えることが必要です。英語を話す時に日本語で考える練習しましょう。

先ほどアップした動画で具体的にご案内しています。

マンガENGLISH ご案内はこちら