「お疲れさま」を英語で

山口先生 12月20日のレッスンではとてもお世話になりました。また、他のメンバーとの交流も楽しく刺激にもなり楽しく過ごせました。今後のレッスンも時間が許す限り参加したいと思っています。

さて質問があります。英語の練習前にウォーミングアップで英語の学習アプリ「Du***go」を数分間やっているのですが、以下の様な和文英訳がありました。

【設問】”私たちは車のスピードを落とします。”
【解答】We decrease the speed of the car.

因みに、私の訳は”We slow down the car.”で間違いでした。

はたして “We decrease the speed of the car.” なんて表現を、英語ネイティブは日常的に使うのでしょうか?ネイティブの感覚としてはこの文章をどの様に感じるのでしょう。自分としては机上の理論ぽく感じます。

尚、このアプリにはフォーラムもあり、この設問にもトピックスが立っていたのですが、解答者が正誤を問うだけで要領を得られずこちらでお聞き出来ればと思い質問させて頂きました。
******************************

こんにちは。

レッスンとお茶会お疲れさまでした。楽しかったですね。
これからも皆様からのご要望があれば開催していきましょう。

>【設問】”私たちは車のスピードを落とします。”

私にはこの命題を読んだだけでは場面が全く浮かばないので
この命題ではちゃんとした英語に訳すことはできません。

車のスピードを落とすのがいつなのか、がわからないからです。

ことがいつ起こっているのか、がわからないと「時制」が決まりません。

たとえば自動運転機能が搭載された自動車が障害物を発見して
「車のスピードを落とします」とアナウンスするような場面なら

進行形にすべきだし

出題者が「正解」として提示している英文のような
「現在形」を使うのであれば「繰り返される習慣」を表すので

いつも、という意味ですが

私たちは(いつも)車のスピードを落とします

というメッセージは

例えば高速道路のようなところではかえって迷惑走行になり
実用的な文としては成り立ちませんから

「オービスの手前では」のように場面を限定しないと不自然です。

本件の回答にはなりませんが

〇〇って英語で何て言うの?という質問に

ディビット・セインさんが回答しようとする
YouTube動画をもしよろしかったら参照されてください。

ほとんどが山内さんという日本人の方が導くような感じで

ディビットさん自身は
「一言では言えない」という回答を繰り返しています。

バイリンガールのちかさんの動画では

「お疲れさま」を英語で何と言うかというテーマで
英語では「お疲れさま」にあたる表現はない、としながらも場面ごとに「おつかれさま」に近いニュアンスの表現を紹介しています。

そして一言では収まらずに
英語を重ねて、重ねて、重ねていますね。

こういう情報が無料で公開されている便利な現代社会で

「一語一訳があたかも存在する」かのような
受験英語の副作用からは、どうぞ一日も早く解放されて

翻訳練習用に作られた不自然な日本語ではなく

自然な日本語にネイティブ英語を重ねる脳の働きを育て

ひとりでも多くの人に
使える英語が身に付きますように♪
******************************

お返事ありがとうございます。なるほど、訳せないですか。

この “Du***go” というアプリは時々回答に困ってしまう事が多く今回の様な設問がある度にフォーラムでも多く議論されています。しかし、解答しないと次に進めないし… どうも自分はこのようなテスト形式から抜け出せないというか…

色々と考えてみたのですが、今までずっとこの様な学び方をしていたから習慣として染みついていて、それが自分にとっては”楽”なのだと思いました。ですが、これからは効果の薄い習慣は思い切って捨てしまいます!

YouTube動画を二つ紹介してくださってありがとうございます。

ディビット・セインさんが解答する動画は、セインさんが一生懸命解答しようとしているところに 山内さんが上手く日本語に割り当てて結論付けてしまうているような、やっつけ仕事の様に感じました。覚えやすいとは感じましたが、なんだか試験にパスする為の様な受験向きの回答に感じました。

逆にバイリンガールのちかさんの動画は”ハッ!”とするものがありました。自分にとって興味深く、関心を抱くものが多々あり色々なシチュエーションに対応可能する為にはどうするか、そのシチュエーションに応じた使い方、相手にどう伝えるか、相手にどう伝わるか、自分なりに感じるものがありました。ご本人も【この動画でどう伝えるか】が大変だと言っておられましたしね。

自分は目上の外国人に英語で話しかけられない恐怖心がありましたが、ウィークポイント克服の大きなヒントになりそうです。

これからも山口メソッドで頑張っていこうと思います。ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

マンガENGLISH100ご案内