英語を英語のまま理解する感覚を強化し絶対的なものにしていきたい

リプロダクションのレッスンを進めていくうちに、始めて日本語の訳を間に挟まず英語を英語で考えると言う意味がわかった瞬間がありました。とマンガENGLISHのユーザー様からメールをいただきました。

*******************
山口先生

前回、私の質問(質問内容:マンガENGLISH100 【スペシャル】の勉強の進め方、こつ、意識するところなど教えていただければ幸いです。)にご丁寧な回答をいただきありがとうございました。

山口先生のご解説を読ませていただき、自分なりに解釈したレッスンルールを作ってみました。(もちろん、ガチガチにならずに臨機応変に対応していくつもりです。)

1)100のストーリーをフレーズごとに停止しながら真似てみる。
単語や細かいところにこだわりすぎずリズムや聞こえたままを再現するよう心がける。

2)2週目はわからないところは英文を確認しながら1.と同じことをストーリー1から繰り返す。

一つのストーリーに固執せず次々と進めながら、なるべく滑らかに英文が自然に出てくるのを目標に。

3)英文を確認するタイミングを減らしながらもう一週やってみる。

4)イラストを見ながら自分の言葉で説明してみる。

5)滑らかに言葉が出るまで2~4を繰り返す。

以上です。
過不足ありましたら、ご指導よろしくお願いいたします。

続けての質問で申し訳ないです。

英語を見聞きした時に、無意識に日本語にまず訳してしまう癖をなくすことがとても困難なことを身をもって知っています。

リプロダクションのレッスンを進めていくうちに、始めて日本語の訳を間に挟まず英語を英語で考えると言う意味がわかった瞬間がありました。

今までは
I went to the park. → 私は 行った 公園に → 私は公園に行った。
の行程で英文を理解していましたが
I went to the park. → I went to the park.
のまま理解する感覚が少しわかりかけてきてる気がいたします。

その感覚をマンガEnglish100で強化し絶対的なものにしていきたいです。

そのためにもやり方を間違えないことも大切だと考えております。
上記に述べた行程でアドバイスありましたらよろしくお願いいたします。
*********************

1)~5)について、いいですね!

さらに興味深いのがそのあとです。

>I went to the park. → 私は 行った 公園に → 私は公園に行った。
>の行程で英文を理解していましたが
>I went to the park. → I went to the park.
>のまま理解する感覚が少しわかりかけてきてる気がいたします。
>その感覚をマンガEnglish100で強化し絶対的なものにしていきたいです。

いいですね~、おっしゃるように
I went to the park.を
受験英語ふうに「私は公園に行った。」と訳しただけでは、
本当に意味が分かったことにはなりません。

例えば
なぜ、話し手は“I went to the park.” と言ったのか、と。

“I” ですから自分一人です、
そして “the” と定冠詞なので、特定の公園を指しているわけです。

なぜ、自分一人で特定の公演に行ったんだろう、と
この英文だけでいろいろ想像してしまいます。

例えば、大切なものをなくして、自分がその日訪れた場所を一通り確認している中で、その公園にも立ち寄ったのかもしれないし、あるいは、その公園はその人にとって思い出のある公園で、もう一度一人で訪れてみたかったのかもしれない。

いずれにしても
大切なのは場面です。

つまり場面が分からなければ言葉の本当の意味なんてわからない
ということ。

今までの英語学習では場面がすっぽり抜けていましたよね。
場面なしで英語を日本語に、日本語を英語に、ただ訳してきたんです。
これでは本当に使える英語が身につくはずがない。

単語力も文法力も日常会話レベルで十分に備わっているのに
本当にもったいないです。

だから普段の英語学習でも
場面から意味を考える脳の働きを育てるようにするといいんですね。

漫画を見て場面を想像しながら
英語を音で聞いて
話し手のメッセージを捉えるようにしましょう。

私たちには生まれながらにして備わっている言語装置があります。

日本語で使っている感性をそのまま英語にも使って
マンガENGLISHで活性化して

英語も日本語と同じように音と場面で理解するようにしましょう。

マンガENGLISH ご案内

シンブルに文章で勉強の進め方、こつ、意識するところなど教えて

昨日マンガENGLISHの受講者の方から

お問い合わせをいただきましたので、共有させていただきます。

**************************
英語脳育成プログラム マンガENGLISH100 【スペシャル】を購入いたしました。

進め方など色々な動画が上がりすぎていてかえってわかりずらいです。また音声も途切れて聞きづらい箇所が多く改善を求めます。
シンブルに文章で勉強の進め方、こつ、意識するところなど教えていただければ幸いです。

**************************

① 音声を再生する

フレーズごとに再生しその都度、音声を止めてください。

② 全く同じように英文を再現しようとしてください

音声を停止した後すぐに
自分の口から再現してください。

完全に音を覚えてなくても構いません。

むしろ完璧に無味乾燥な英語を
単語にばかり集中して一言一句覚える

というのは
いいやり方ではありません。

英文のリズムとキーワードが
印象に残るようにしてください。

リプロダクションの効果

リプロダクションができるようになると
以下の能力が向上します。

というよりも、それらの能力を身につけないと

リプロダクションという学習法は成り立たない
と言ってもいいのかもしれません。

① 正確な文の構造の理解

リスニングとリーディングのスキルが
大きく向上します。

② 文を正確に再現するための運用能力

スピーキングとライティング力
ぐーんとアップします。

これらリプロダクションに必要なスキルは

Step1の動画を使ったシャドーイングで
経験したスキルとほとんど同じです。

ただ

リプロダクションではシャドーイングとは
質の違う負荷がかかることになります。

シャドーイングの特徴をおさらいしておきましょう

シャドーイングは2、3秒程度
遅れて英語の音声についていくため

考える時間もほとんどないままに
英文を口頭で再現していかなければなりません。

しかしシャドーイングにおいては

一度聞いた英文を保持している時間が
ほんの数秒なので

リテンション(英文の保持)にかかる負担は
ほとんどありません。

リプロダクションの特徴

一方でリプロダクションには
シャドーイングのような慌ただしさはありません。

しかし、リプロダクションでは

長ければ10秒ほどの英文を一気に頭の中に入れて
それを一気に再構成(リプロダクション)するため
その負荷は桁違いにふくれあがります。

リプロダクションが、正確な英文の理解と
それを再構成する運用能力がある程度備わっていないと
トレーニングとして成立しない理由はここにあります。

① リプロダクションのように長い文章を一定時間
記憶に留めるには

英文をただ一言一句なぞるように丸暗記するのではなく

その英文を概念としてとらえることが必要

そのためには言葉を単語の羅列としてではなく
イメージでとらえることが必要です。

そのために漫画イラストがあるんですね。

② さらにその英文を流暢に(一気に)再構成するためには

単語を一つひとつ組み上げる情報処理を止めて

文全体を音のまとまりとしてとらえ、再現することが必要です。

だから

漫画イラストを見ながら英語っぽい音を出す練習
有効になるわけです。

つまり、リプロダクションでは

リスニング力とスピーキング力を同時に高めることができます。

正直言って、私が英語を教えてきた経験から
リプロダクションで挫折する生徒さんもいます。

言い換えると

この山が超えられたら
大きくステップアップできる練習法だと言えます。

その大きな山を越えるためのアドバイスは

「リプロダクションで
リプロダクションができるようにはならない」

ということです。

どういうことかと言いますと

リプロダクションがうまくいかないときに

むやみやたらにリプロダクションをしようと繰り返すのは
むしろ遠回りだということです。

もしリプロダクションに躓いたら
英文テキストを読んでみてください。

そもそも正確な英文の解釈がないと
英文を保持することもできなければ
再構成することもできません。

英文を正確に読解できることが
リプロダクションのポイントになります。

まず主語と動詞をつかんでください。

英文は一つの文に主語と主動詞は一つずつです。

ここで躓(つまづ)く人が多いです。

理由は日本語は

英語で言うところの主語や動詞の時制とは
根本的に異なる文法体系を持った言語だから。

そのギャップを

ネイティブ英語にたくさん触れて
埋めていく必要があるのですが

今まで触れた英文の多くは

中学高校の英語の教科書
ラジオやテレビの英会話のテキスト
一般的な英語教材
英検やTOEICなどの英語のテスト対策・・・

で触れてきた英文は

そのほとんどが

日本語のスクリプトを英語に訳したものでした。

英語ネイティブの発想にはない英文
触れてきてしまったことで
遠回りをしてきました。

英語らしい英文に触れた経験
まだまだ少ないんです。

そこでネイティブによって書き起された

マンガENGLISHの英文テキストを読んでみてください。

読むと言っても
受験英語のような辞書を片手に・・・ではなく

オーバーラップリーディングといって

英語の音声を聞きながら
英文テキストを見て声に出す音読

この学習法で

英文の内容やリズム構造などを
身体に刷り込ませていきます。

そうやってしっかりと下地を作りながら
いくつかの英文はほぼ暗唱したような状態。

ここまできたら
リプロダクションはかなりやりやすくなるはずです。

もしかしたら、それでもまだ
リプロダクションが難しいと感じるかもしれません。

もしそう感じるなら

1回音声を再生したのに対して
納得がいくまでリプロダクションを繰り返してください。

今、聞いたばかりの英語の音を
自分なりに並べ替えて

元の音の印象に近づくまで
何度でも繰り返してみてください。

リプロダクションは

リスニング力とスピーキング力を
同時に高めることができる

同時通訳の養成でも使われている実績のある訓練方法です。

活動自体はいたってシンプル。

流れてくる英語の音声を聞いて

音声を止めて
自分の口から

たった今、聞いた英文を再現する学習法。

言ってしまえば本当にこれだけなのです。

これを「音だけ」

つまり

英文テキスト無しでわかる英語
日本語の訳が無くてもわかる英語

「音だけ」で仕上げないと

会話で役立つスキルにはなりません。

英文が無くても
日本語の訳が無くてもわかる!

という実感を持つための
漫画イラストなんですね。

マンガENGLISHには
リピート・リプロダクション用の「スペシャル版」があります。

シャドーイング用の「スタンダード版」と併用すると効果的です。

マンガENGLISH 受講ご案内

やらないで後悔するより、やって後悔する方がマシ

山口先生の動画を見てスタンダード版から始めてみます。

小さい頃から英語話せたらいいなぁと思っていて
今年70歳になります。

死ぬ時にやっておけば良かったと後悔しないように挑戦します。

今日から始めています

宜しくお願い致します。
*************************

ー死ぬ時にやっておけば良かったと後悔しないように-

私も英語をやり直し始めた時
同じことを思いました。

「もっと良い英語学習法はないかしら」と大学院に入学し
英語教授法を学び、マンガENGLISHを開発しました。

やらないで後悔するより、やって後悔する方がマシ
と自分に言い聞かせて今日に至ります。

YouTube動画で詳しくお話しています。

マンガENGLISH 受講ご案内

このままでは何年経ってもネイティブレベルにならない

山口先生 お世話になります。

私は27歳からから丸10年1~2時間程ほぼ毎日英語の勉強をしてきて、英語を話せない人から見ればかなり話せるように見えるかもしれません。

このままでは、何年経ってもネイティブレベルにならないと不安を感じ3ヶ月ほど前から音をメインにして音で理解をする学習法に切り替え洋楽やリアリティーショーのシャドーイング等で楽しく取り組んでいます。ただ下記のような悩みがあり、今週からマンガENGLISHを始めました。

1)GABAマンツーマンレッスンに2年ほど通っており一定の効果があるが、ネイティブスピーカーが普段の通り容赦なく話してくるとついていけない。

2)英語を喋る前に英文を頭で作った後に口に出している。そのプロセスが早くなり一定程度話せるが、根本の脳のシステムは変化なく、口をついて英語が出てくる事は少ない。

3)文章を読むのが遅い。いわゆる返り読みをしていると思います。

4)聞こえない音や聞こえない音の連結は何度聞いても聞こえない。

ここからはマンガENGLISHの学習ステップについての質問です。

マンガENGLISHでシャドーイング、スラッシュリーディング、リピートリプロダクションを1話分やってみて下記の通り質問があります。

5)シャードーイングからスラッシュリーディングにすぐに移行すると英文を見るので、その事が音でそのまま捉えずに英語の文字を元に脳が文書を判断してしまうような気もしますが、その点は気にしなくてもいいでしょうか。

6)リプロダクションの際にどこが一文の終わりか分からず、変なところで動画を一旦停止しリプロダクションしているのですが、慣れるまでおおよその区切りで進めて問題ないでしょうか?

以上、長々と申し訳ございません。
返答は急ぎませんので、お手隙の際で結構です。
*************************

すごく良いご質問なので

YouTube動画を通して回答させていただきます。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH100ご案内

英語のスピーキングを独り言で伸ばす

私は30歳の時に、留学も海外生活体験もなしで、日本で普通に生活しながら英語のスピーキングを伸ばしました。その体験をもとに、スマートフォンさえあれば、いつでも手軽に、ぼっち英語が体験できるアプリを開発し、必要な方々にご利用いただいております。ユーザー様からメールをいただきました。

********************
3年程前に、マンガENGLISH100タイトル購入しました。

学習方法がよく理解できずに放置していましたが、一念発起で再チャレンジしたいのですが・・・

先ず100タイトルを英文入りテキストを全てプリントアウトしました。これを、漫画を見ながら英文は見ないで流れてくる英語の分かる言葉だけ口に出してみています。

サイト・トランスレーションの日本語テキストも必要なのですね?

教えて頂けるとありがたいです。
やる気は有りますが、なにせ学習方法に馴染みがないので困っています。

宜しくお願い致します。
********************

こんにちは!ご連絡ありがとうございました。

取り急ぎ動画を作成してYouTubeにアップいたしました。

もしまた何かわからないことがありましたらご連絡ください。

********************
動画見ました!ありがとうございます。
フレーズ法10,000円、日本語テキスト18,000円も必要になりますね?
********************

そうですね。

今お使いの

1)10時間で英語脳育成プログラム マンガENGLISH100 フルセット版

に加えて

2)マンガENGLISH100 スピーキング練習シート

3)「フレーズ法」英会話 スピーキング練習用オーディオ

4)マンガENGLISH100 漫画イラスト付き日本語テキスト

を併用してください。

************************
ありがとうございます!とにかくやってみます。
************************

「とにかく、やってみる」すばらしいですね!
私自身すごく好きな言葉です。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH ご案内はこちら

「知り合った人みんなに“マンガENGLISH”を薦めています」

マンガENGLISHのユーザー様から

「英語ネイティブの友達ができてLINEでチャットを楽しんでいます」
「知り合った人みなさんに“マンガENGLISH”を薦めています」
「将来的には“マンガENGLISH”を販売するお手伝いをしたい」

など、ありがたいお言葉をいただきました。

こちらのYouTube動画でご覧ください。

心理学の研究の1つに「発達の最近接領域」という考え方があります。子供の学習・発達における「関係性」に着目したVygotskyの理論で、主に教育者が活用するものです。

しかし、発達の最近接領域の考え方はおとなの学習者にとっても重要なものとなります。発達の最近接領域を見極めることで、より効率的な学習を実現することができるからです。

1人で効率の悪い成長をするくらいなら、関係性を使って効率の良い学習を実現しましょう。

「自分一人でできること」ばかりやっていても成長はできません。 「自力では難しいけど、誰かの協力があればできるかもしれないこと」を達成していくことで効率の良い成長が望めます。

この「自力では難しいけど、誰かの協力があればできるかもしれない」領域が、発達の最近接領域なのです。

発達の最近接領域は、Vygotskyによって提唱されたもので、子どもの発達は子どもを取り巻く関係性によって決まってくることを示唆しました。自分よりもレベルの高い人に手伝ってもらうことで、自分の限界以上の成果を体験する。そのことによって、一人でやっていたときよりも大きな成長が見込めるのです。

発達の最近接領域は、教師やコーチ、上司などの教育者サイドで利用されることが多いです。

教育者は、その生徒が「自力でできること」と「教師や友人の力を借りることで可能になること」を見極め、後者に適した課題を出します。それによって高い成長率を得ることができるのです。

ここでは先生役のフォロースキルが重要になってきます。当然、生徒の代わりに解いてしまっては意味がありません。上手く、生徒が能力を発揮できるように「質問」を重ねてあげましょう。時には、見本を「提示」してみるのもありです。

発達の最近接領域において焦点となるのは、「適切な難しさはどこか」と「適切な支援が受けられるか」です。

発達の最近接領域がわかったら、あとは支援者を見つけるだけです。

独学は「独りで学ぶ」と書きますが、本当に一人で学んでいては効率が悪くなってしまいます。自分が求めるスキルの先達となる人を見つけましょう。

セミナーやSNS、オンラインサロンなど、関係を持つ手段はいくらでもあります。

私もマンガENGLISH100タイトルのユーザー様のサポートをさせていただいています。私にできることがありましたらお気軽にお声かけください。

こちらのYouTube動画でご案内しています。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH ご案内はこちら

漫画英語はもっと広めるべきであり、広めてほしいです

私が投稿した、こちらのYouTube動画

を見た方からコメントをいただきました。

原文はこちらをクリック⇒ 漫画英語はもっと広めるべきであり・・・

*いただいたコメントここから**********
地方都市の中高一貫校を狙い目に、教育現場への利用を促してみてはいかがでしょうか。その際、学校に説明したうえで保護者向けに説明会を設置するのが良いと思います。

理由は、比較的富裕層の時間に余裕のある教育熱心なママ友のコミュニティができていて、子供に直接伝わらなくともまず親に広めれば、コミュニティの中でも広がり、母親が楽しそうにそれをやっていたら子供もやる可能性が高く、子供も学校のコミュニティの中でそれを友達に伝えることが期待できる。さらにはセンター試験廃止、四技能実施騒動で、4技能への関心が高まっている今がチャンス。

尚且つ、しっかりとした価値があるものの、子供より親へ宣伝活動をした方が、子供が数万円の負担をすることは難しく、どうせダメって言われると諦めるという状況を減らせると思うからです。

漫画英語はもっと広めるべきであり、広めてほしいです。
*いただいたコメントここまで*********

ありがとうございます。こんなふうにご熱心にメッセージをいただくと、もっと頑張ろうと思えて本当にありがたいです。

教育現場での活用を促す動きは、マンガENGLISHが完成して一番最初に行った事でした。その理由は当時はYouTubeなどのSNSが無く、B to Cで一般顧客にアプローチをするには、テレビや新聞や雑誌の広告などマスメディアを利用するしか手段のない時代で、「いかに売るか」は「いかに多くの広告費をねん出できるか」にかかっており、小さな会社が顧客を獲得するためには、B to B to Cがベターであると皆が思っていた時代でした。

公立の学校では「教育委員会を通してくれ」となるため、私立の中高、大学とアプローチを試みました。しかし、いずれも学校が主催の説明会はNGで、PTAが主体となって課外活動としての講演などをさせていただきました。その当時はオンラインでの販売をまだ行っておりませんでしたので、拡販には至りませんでしたが、感触は良好で、問い合わせも随分いただきました。

偶然にも、なんと今週末から、以前にご縁のあった、その地方都市で、以前にご縁のあった方たちとビジネスを始めることになり、来年に向けて、以前に取り組んだスキームで拡販を試みようと思っていたので、すごいシンクロニシティに驚き、そしてワクワクしています。またその様子をYouTubeにもアップしていきますので、引き続き応援よろしくお願い申し上げます。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH ご案内はこちら

日本語の字幕と英語のギャップに驚いてしまいました

山口先生 いつもお世話になっております。先生が昨日アップされたYouTube動画で、『アナと雪の女王2』の主題歌について、「日本語の字幕と元の英語を比較」していましたが、日本語の字幕と英語のギャップに驚いてしまいました。短いメロディーの中で、英語は、あんなにいっぱい話していたんですね。
*********************

こちらの動画ですね。

 

ネイティブ英語を日本語に直訳することは難しいです。中学高校の英語の教科書に出ている英文は、そのほとんどが、日本語から訳した英文だったので、元が日本語ですから、教科書の英語はすべて日本語に訳すというか、元に戻すことができたのですが、あのイメージで、英語がすべて明確な日本語に置き換えられると思っていると、ネイティブの英語ではたちまち迷子になってしまいます。

マンガENGLISHも学習したての頃に「意味がよく分からない」と感じるのは、マンガENGLISHが100%ネイティブ英語だから。日本の英語教育を受けて育った私たちは1)ネイティブ英語の経験が不足していることに加えて、2)英語は全て日本語に訳せると思っているために、ネイティブ英語がすんなり入って来ない状態になっているんです。

この状態から抜け出すためには、1)ネイティブ英語にたっぷり触れる、2)日本語を上手にアレンジする、

この2つを同時に高めていく必要があります。

今さら子どもたちのように英語を英語のまま習得するには、私たちの脳は、あまりに日本語が完成されてしまっています。

そういう状態で、ネイティブ英語を長期の記憶にするためには、情報処理の大半を占めている日本語で頭を整理しながら記憶するしかありませんから、日本語を上手にアレンジする必要があります。

会話の時に必要な「英語を音だけで何とかしようとする脳の働き」を育てながら、同時に翻訳エクササイズを重ねましょう。

翻訳エクササイズ( https://e-lab.cc/translation-exercise )に

翻訳エクササイズ6が加わりました。
クリック⇒ https://e-lab.cc/translation-exercise-6

以前からご連絡をさせていただきました通り

翻訳エクササイズの3~については
個人セッションのお客様の復習用で
そのお客さまのご厚意により共有いただいておりますので

期間限定になります。

他のコンテンツはいつでも閲覧できますので
まだご覧になっていない方は
翻訳エクササイズの3~を優先的にご覧ください。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

最近、よく英語で夢を見ます

マンガENGLISH100ユーザー様から
サポートの掲示板にコメントをいただきました。

*********************
早速、翻訳エクササイズの動画を拝見させていただきました。
とても、わかりやすく自分の中に落とすことができました。

先日、仕事場で翻訳を依頼されたとき、山口先生にすがりつき、教えて頂いたとき、今回の動画のようにまず日本語から、というかまず日本語を英語へ向けて変換しなければならない感覚を知ることができたので、そこを自分なりに鍛えていきたいと思います。

なかなか難しいですが、とてつもなく楽しいです。

マンガENGLISH100のトレーニングをしていて、気づくと何時間もたっていたりします。

でも時々、足踏み状態の時、ものすごく落ち込んだりもします。いやいや、前向きに「1日の一歩は小さくても多分成長している」と自分を励まして。

そうそう 最近、よく英語で夢を見ます。

これからもご指導よろしくお願いします。
**********************

脳が活性化されていく様子が手に取るように伝わってきます。

脳はいつでもいつまでも育ちたがっています。
脳にイタ気持ちいい刺激を与えてあげると成長し続けます。
脳が成長すると今まで見たことが無い景色が目の前に広がってきます。
それが報酬となりさらに景色の良いところへと行きたくなります。
この感覚を知ってしまったら後はもう
脳は自然と成長し続けることができるのです。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH ご案内はこちら

大好きな映画で楽しみながらできるので一石二鳥です

智子先生 ボヘミアン・ラプソディの英文テキストありがとうございます。やっと取り掛かることができています。

字幕なしは限界があり長時間は見れないので、後を追っかける形で英文テキストを改行しながら読んでいます。

大好きな映画で楽しみながらできるのでほんとに一石二鳥です。

ボヘミアン・ラプソディにまだまだかかりそうですが、またこういう形で映画の英文テキストをプレゼントしてくださると、とても嬉しいです。

よろしくお願いします!
*************************

こちらの記事ですね。クリック⇒ 英文テキストをプレゼント

一般的に洋画は

英語ネイティブのためのエンターテインメント用であって
学習用ではないので

洋画で英語を学ぼうとしても
スラングや難解な表現も多く

戦闘シーンや場面描写が続くと
セリフそのものが少なかったりと
学習用としては非効率的な作品が多い中で

「ボヘミアン・ラプソディー」はセリフが多く
そのセリフも分かりやすいものが多いので
学習用として貴重な一本です。

そんな映画との出会いは大切にしていきたいですし
みなさんとも共有していきたいです。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH ご案内はこちら