通じる英語が正しいとは限らないし、正しい英語が通じるとも限らない

日本テレビで放送されているバラエティー番組
「世界の果てまでイッテQ!」。

「出川哲朗はじめてのおつかい」のコーナーで

英語が全く話せない出川哲郎さんが海外で
スタッフから出されたミッションを一人でやり遂げる
という企画番組がありますが、ご存知でしょうか。

出川さんがめちゃくちゃな英語で
現地の人たちに身振り手振りで話しかけるさまが
大うけのようですが

そのメチャクチャな英語で
けっこう通じてしまうんですね。

最近では一般の人たちだけでなく

英語の先生たちの間でも話題となっています。

単語も文法もメチャクチャで
発音もジャパニーズアクセントですが

身振り手振りも交えて
とにかく伝えようとするところがすごい。

出川イングリッシュを見ていて
あらためて思うのは

通じる英語と正しい英語は同じでは無い
ということ。

通じる英語が正しいとは限らないし
正しい英語が通じるとも限らないということです。

「言いたいこと」を言葉にして声に出せば
正しい英語でなくても通じることがあるのです。

声に出さなければ

どんなに正しい英語を知識として知っていても
伝わることはありません。

だからこれからも漫画イラストを見て
思いつく英語の音を出す練習を続けてください。

まずは声に出さなければ通じないのですから。

そして、ずっとブロークン英語のままでは嫌だ
と思う方は

マンガENGLISH100タイトルを見て、聞いて、まねて

ネイティブが書き起こしたナチュラルな英語を
たっぷりと脳に経験させてあげてください。

マンガENGLISH100ご案内