英語脳って何?

「英語脳」という言葉を
また最近よく見かけるようになりました。

去年の夏に発売された
脳科学書の茂木健一郎さんの著書は
「最強」英語脳を作る、でしたし

ある英会話スクールのキャッチコピーは
「超」英語脳を作る、ということで

もはや、ただの英語脳ではない?!
という感じですが

そもそも英語脳って何でしょうか?

人によってとらえ方はいろいろありますが
「他の言語に置き換えることなく
英語のまま理解し発信する脳」だと言えます。

私たちが日本語を
アメリカ人が英語を身につけるとき
当然のことながら訳したりしません。

言葉とその言葉の意味を
イメージでとらえているのです。

言葉とイメージが直結する
日本語では自然に起きているこの感覚が
英語でも感じられたら

それが英語脳なのです。

言葉とイメージが直結する感覚は
絵本の読み聞かせで身に付きます。

イラストで場面を感じながら
言葉をビジュアルでとらえるので
訳す必要がないのです。

おとなのやり直し英語にも
英語絵本があったらいいですよね。

日本には漫画という
素晴らしい文化があります。

漫画で場面を感じながら
言葉をビジュアルでとらえるので
日本語に訳さなくても理解できるのです。

マンガENGLISH100ご案内