英語の発音

音だけを聞いて、ネイティブの発音にまで近づけるようになるのか、まだ不思議に思っています。発音は発音記号で習ってきましたし、発音矯正のサイトやレッスンもさまざま存在するので、今の私の発音もこのステップが上がるにつれて変わってくるのか、それは自分次第だと思いますがどういう感じになっていきますか?
***********************

このお問い合わせにピッタリの
わかりやすい動画を見つけました。

先ほどの動画は日本人の女の子が
日本語も交えてわかりやすく話していましたが

次の動画はすべて英語で

発音を良くするポイントは
「母国語から訳さずに英語のまま」話す練習を

まずはカンタンな単語から始めて
徐々に文、そして会話の練習までを
ひとりでする方法を紹介しています。

私もひとり英会話の練習を毎日やっているので
すごく共感できました。

私は海外生活体験なし、
留学体験なし、で
ダーリンが外国人でもありません。

30歳を過ぎたある日
どうしても英語が話せるようになりたくて

いろいろと検討した結果
お金と時間が最小限で済むことから

「ひとり英語トーク」に取り組み
約1年半で英語が話せるようになりました。

今も日常生活は100%日本語です。

でも日常的に英語を使いたくて
去年からGoogle+を始めました。

クリック→ Google + Manga ENGLISH

フレーズ集を暗記するやり方では
いろいろな言い回しに対応できません。

相手がフレーズ集と同じ英語で
語りかけてくれることなど
ほとんどないからです。

英語でも自由に会話を楽しむためには
暗記型の学習をやめて

頭の中に浮かんだイメージを言葉にする練習

これが一番の近道です。

ひとりで話す練習をする・・・

今までなら「そんなの無理!」って
なっていたと思いますが

私たちには漫画があります。

中学校で習った英単語を思い出しながら
片言から始めてみましょう!

マンガENGLISHが
他の教材や学習法との一番の違いは

文字のない漫画イラストで
「自分で話す練習ができる」

という点です。

とは言っても
いくら漫画があっても

いきなり話すことは
ネイティブだってしませんので

まずは100時間くらい
100タイトルを

見て、聞いて、まねる
という

英語ネイティブの子ども時代を経験できます。

100タイトルのストーリーを通して
30,000以上のフレーズを

まず一通り体の中に通したら

そのあとは
漫画イラストを見ながら

誰がいて
何をしていて
自分ならどうするか、など・・・

自分で英語を話す練習ができるのです。

「でも、ひとり言だけで、会話ってできるようになるんですか?ひとり言だけで、会話のときの応酬も、ちゃんとできるようになるんですか?」

と不安になりますよね。

リアルな会話で
相手にちゃんと通じるか、ウケるか、は
リアルな経験が必要です。

私の日常生活は100%日本語です(*ノωノ)
英語を使う必要はほとんどありません。

でも英語を使いた~い!
もっと話せるようになりた~い!
でもお金はかけたくな~い!

それならSNSですよね。

SNSにもいろいろありますが
検討した結果

私はGoogle+がダントツに使いやすいです。

ひとり英語トークで思いついた英語を

通じるか通じないか
ウケるかウケないか

海外のリアルな人たちに向けて発信しています。

さらに希望すれば

個人的にメールや
ハングアウトなどで
無料で直接連絡を取り合うことも可能で

書く練習だけでなく
(スカイプのような機能を使って)
話す練習もできます。

インターネットはすばらしいですね。
世界中とつながっています。

去年始めて1年たち
私の英語力もアップしてきたようで

最近は投稿するたびに

「こんな言い方あったんだ、知らなかった、ありがとう」
と言ったお礼の書き込みや

「〇〇も、これと同じような意味ですか?」
と言った質問メールも増えてきて

そのやり取りを通して
一番いい思いをしているのはたぶん私。

だって言葉って使えば使うほど身に付くから。

どうしたら英語が身に付くかを「日本語」でいくら考えても
答えは見えて来ません。

英語を話せるようになりたければ
英語で話してみましょう。

話す相手がいなければ
英語で書いてSNSに投稿してみましょう。

「英語学習は人工知能に学べ!」がサブタイトルの

脳科学者の茂木健一郎先さんの著書で
『最強英語脳を作る』という本がありますが

その本から抜粋した
茂木さんの言葉を引用させていただき
今日の締めとさせていただきます。

もともと人口知能は脳の学習則を参考にしているので、例えば、絵描きだと良い絵をたくさん見ないと、良い絵がどういうものかがわからないのと同じように、良い英語をたくさん読んだり聴いたりしないと、良い英語がどういうものかわかりません。

ですから、日本人が英語ができないのは至極当然です。つまり、大量の英文を読んで、大量の英語を聞いて、大量に話して、書いて、それのどこが悪かったのかを修正して、会話であれば通じたか、通じなかったか、ウケたか、ウケなかったか、そういうことがフィードバックされ、それによって自分の言うことが少しずつ変わってくる。

日本人の場合、単純にその経験が少ないから、英語ができないというだけの話で、僕に言わせると、日本人は英語ができないという事を、何か神秘化してしまっています。でも、やることをやっていないから、できないのは当たり前で、人工知能の成果からわかるように、やるべきことは意外と単純なことなのです。

脳科学者の茂木健一郎先さん
『最強英語脳を作る』より

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH100ご案内