いざ外国人を目の前にすると、とっさの一言が出てこない

前もって準備すれば
ある程度の英語を覚えることはできるのに

いざ外国人を目の前にすると
とっさの一言が出てこない

というお悩みはありませんか?

その原因は英語を話す時に

訳しながら話しているか
暗記したフレーズを思い出そうとするから。

訳すことも
暗記した言葉を思い出すことも
少なくとも数秒程度の時間がかかります。

実はこのたった数秒ていどのタイムラグが
会話がキャッチボールにならない理由なんですね。

もちろん、ある程度の年齢になって
英語を身につけた私たちが

英語を話す時に

日本語で考えながら話すのは
どうしようもないことです。

つまり頭の中は日本語で考えながら
口元では自然な英語の音を出す、という

これはむしろモノリンガルの英語ネイティブや
生活しながら自然に英語を身につけたバイリンガルより

複雑な脳の働きをすることになりますので

頭の中は日本語で考えながら
口元では自然な英語の音を出す

という練習をしていただくと良いんですね。

つまり受験英語の「訳すこと」でもなく
おとなになってからの「フレーズの暗記」でもなく

頭の中は日本語で考えながら
口元では自然な英語の音を出す

これが当たり前になってしまえば

外国人と英語で会話のキャッチボールを楽しむことも
決して夢ではないんですね。

そのためには
一言一句訳すという受験英語のやり方ではなく

ましてやフレーズを暗記するという
日本語でもできない不自然な学習法でもなく

日本語を自然に話しているときと同様に
イメージを言葉にする練習を英語でもやってみてください。

マンガENGLISHが
他の教材や学習法との一番の違いは

文字のない漫画イラストで
「自分で話す練習ができる」

という点です。

とは言っても
いくら漫画があっても

いきなり話すことは
ネイティブだってしませんので

まずは100時間くらい
100タイトルを

見て、聞いて、まねる
という

英語ネイティブの子ども時代を経験できます。

100タイトルのストーリーを通して
30,000以上のフレーズを

まず一通り体の中に通したら

そのあとは
漫画イラストを見ながら

誰がいて
何をしていて
自分ならどうするか、など・・・

自分で英語を話す練習ができるのです。

「でも、ひとり言だけで、会話ってできるようになるんですか?ひとり言だけで、会話のときの応酬も、ちゃんとできるようになるんですか?」

と不安になりますよね。

リアルな会話で
相手にちゃんと通じるか、ウケるか、は
リアルな経験が必要です。

ひとり英語トークで思いついた英語を

通じるか通じないか
ウケるかウケないか

海外のリアルな人たちに向けてSNSで発信したり

時々はオンライン英会話などで
会話のキャッチボールを楽しみましょう。

ワンクリックで世界中の人とつながることが出来る
この時代を楽しみましょう!

マンガENGLISH100ご案内