いつか英会話を楽しみたいと思いながら、いろいろがんばっているのに、なかなか話せるようにならない人の共通点

いつか英会話を楽しみたいと思いながら
いろいろがんばっているのに
なかなか話せるようにならない人の
共通点があります。

それは「英語で話すことがない」という人

これではそもそものところで
英語を話せるようにはなりません。

逆に短期間で英語が話せるようになる人の共通点は
「英語で話したい何か」が、ある人。

だから英語を話せるようになりたいのでしたら
英語で話したいことを見つけましょう。

私自身が30歳を過ぎて
ダーリンが外国人でもなく
海外生活体験も無く
英語が話せるようになった理由が

絵を見て思いつくことを話す
「ひとり英語トーク」でした。

これは英語圏の子どもたちが
幼児期に経験する

“Wordless Picture book”という
文字の無い絵本を使って
話す練習からヒントを得て実行しました。

マンガENGLISHは
その成功体験をもとに作られました。

私は英語を教える仕事を始めて
かれこれ30年になりますが

その30年で得た答えは意外なほどシンプルでした。

聞き取れない、話せない、という生徒さんはみんな
英文テキストを読まないと聞き取れないし
英文テキストを見ないと話す練習ができないのです。

その理由は、やはりシンプルで
英会話のテキストに英文が書いてあるから。

英語を聞いた後で
ちゃんと聞き取れたかを
英文を見て確認するという学習法を続けていると

脳は育てた通りに育ちますから

リアルな会話の場面で
英語を音だけで聞いていると
(当然のことながらリアルな会話に文字は無いので)
不安で仕方がないわけです。

だから「聞き取れない」という判断になるんですね。

話す場合もそうです。

教室で
英文テキストを通して
会話を学んでいると

いざリアルな会話の場面で
自分でセリフを考えることができない。

その理由は
スクールでは
与えられたセリフを暗記することばかりしていたから。

会話の練習をするときに
文字を使っているうちは
何時まで経っても
音だけで何とかする脳の習慣が育ちません。

市販されている英会話の教材はすべて
英文が書かれています。

思い切って英文テキストを使わずに
英語を音で聞いて音で真似る学習法に
切り替えてみまよう、と思ったのが、きっかけでした。

とは言っても
音だけ、では、
理解できない英語の音を妄想するしかないので

そこで目を付けたのが漫画でした。

漫画イラストでストーリーの場面を感じながら
英語の音を聞いて
聞こえた音を印象に残った範囲で口まねします。

脳は育てた通りに育ちますから
音で聞いて覚えた英語の音でないと
会話の場面で音になって出てきてくれません。

言葉は誰でも身に付くものですから
ちゃんとしたやり方で学べば必ず身に付きます。

今まで長い間
英文テキストを使って英語の音を理解してきたので

すぐには脳の習慣は変わらないかもしれませんが

そもそも私たちは会話の時には
日本語を音だけで何とかしていますので

英語もやればできるようになります。

マンガENGLISHは
見て、聞いて、まねる、だけの
シンプルな学習ステップです。

一人でも多くの人が

テキストを使った英会話学習から自由になって

自分の耳で英語の音を切り出して
自分の口で英語を話すことが来ますように。

マンガENGLISH100ご案内