「会話」においては何をやっても水の泡

英会話がなかなか身に付かないのは、「単語」が足りないから?それとも「フレーズをもっと増やさなきゃ!」いや「文法力が足りないんじゃない?」と、

英文テキストを見ながら、日本語のわかりやすい解説を聞きながら、
いくら一生懸命に学んでも

英語を「音で記憶」し「音で再現」できなかったら「会話」においては何をやっても水の泡です。

英語を音だけで何とかしようとする脳の働きを育てるためには、「どんな英語を」「どういう風に」学ぶかが重要です。

「ネイティブ英語」を「場面を表すイラスト」と「音」でインプットしましょう。言い換えると「文字テキストを見ないと聞き取れない」「英語を逐一きれいな日本語に訳さないとわかった気がしない」脳の習慣を払拭することが大事。

音が先、意味は後
それが言葉の自然な習得の順序です。

「意味はよくわからないけれど、こんな感じの音だった」という体験を脳にさせることが大切です。「意味がよくわからない音」は繰り返すことによって記憶できます。

ただし意味が分からない言葉は使い方も分からないので、すぐには使えるようにはなりません。

そこで「意味が実感できた」英語の音から記憶する方が効率的です。でも意味が実感できる英語の音「だけ」記憶しようとして、意味が分からない音を「切り捨て」てしまうのではなく、「意味はよくわからない音」も「こんな感じ」という印象を大切にしておきましょう。

英語を音で記憶し音で再現できる脳の働きを育てながら

「こういうことを言いたい!」と思える表現を探しながら、英語を聞いたり読んだりすることです。

この時に聞いたり読んだりする英語はネイティブ英語でないと時間が無駄になってしまいますので注意しましょう。

英語を聞いたり読んだりするときはイメージや五感を伴った自分なりの理解を大切にします。言い換えると英語を逐一きれいな日本語に訳さないとわかった気がしない脳の習慣を払拭することが目標です。

だからと言って
何の拠り所もなく英語を聞いたり読んだりしてもイメージだけが暴走してしまいます。だから漫画イラストを使うのです。

マンガENGLISH100ご案内