ママ起業と英語

「ママ起業」という言葉を知りました。Yahooニュースの記事タイトルで知りました。
『「ママ起業」ブームの陰で「期待外れ」の起業セミナー』
ということでママで起業しようとする人向けのセミナー
(そういうものがあるんですね!)
に参加者が増えていて内容に対する不満の声も多いのでセミナーの参加には注意が必要という内容の記事でしたが

私はそもそものところで

起業しようと思うような人がセミナーに通うんだ

と意外に思いました。

起業しようと思ったら起業すればいいだけなのに・・・

ちなみに私が起業したのは2000年、当初は有限会社として登記しました。

そして名刺を作って自分で営業し執筆や翻訳などの仕事をいただきました。

ちなみに先の記事によるとママ起業セミナー主催者の声として「セミナー参加者が実際に起業する割合は低い」とのことで

英会話ができるようになりたいと思う人がまずスクール選びやスカイプの先生選びに時間とお金を費やすのに似ていると思いました。英会話の練習だって一人でもできるし自分でやれば直ぐに始められて効率的です。

私は30歳を過ぎたある日「英語が話せるようになりたい!」と思い立ちそれまで留学も海外での生活体験もなかったのに思い立った日から1年半くらいで英語が話せるようになったのですが

1年半という短期間で英語が話せるようになった一番の理由は「すぐに話す練習を始めた」という事に尽きると思います。

つまり自分で練習したから時間に無駄がなかったんですね。

英会話を身につけたいと思う多くの人はスクールに通います。

スクールに行くとなると着替えてメイクして電車に乗って・・・

もうこれだけで1~2時間あっという間に過ぎてしまいます。

最近はスカイプなどを使って自宅のパソコンから英会話が習えますが

お互いに時間を合わせたり時間ごとに料金がかかったりして時間に制約がありますよね。

自分一人なら直ぐに始められて好きなときにいつでも出来て効率的です。

ひとりだとモチベーションが続かないという人が時々いますが

モチベーションが続かないという事はそもそも、その程度のことだった

つまり、やらなくてもいい事だったということ。

やらなくてもいいことだったら早く見切りをつけた方がいいのです。

モチベーションが続く間はお手本のネイティブの英語を聞いて、まねてネイティブと同じような音が出るまで繰り返すことで聞き取りも上手になるし(そもそも聞き取れないと真似できない)発音もよくなります。

「誰か」を頼るのではなく「自分の」耳と口を使って、信じて、鍛(きた)える

まずは、ムービー100タイトルを
5時間×2回=10時間でシャドーイングを

さらっと経験することで

いつかこれくらいペラペラになる!と
サクセス・イメージを自分に与えて

1)漫画イラストを使って英語で何か言おうとしてみる
2)フレーズごとの音声をリピートして、リプロダクション

そしてまた
ムービー100を使ったイメージトレーニング

日本語の習得で作動した言語習得装置が
英語でも働くようになるまで

目、耳、口、と・・・
「自分の身体」で英語を経験しましょう。

マンガENGLISH ご案内