もうネイティブのフレーズを誰かに教えてもらわなくていい

私はWordPressを使ってWebサイトを自分で作っています。
自分で作ったものが一番、安心だからです。

2年前に作った最初の作品が⇒ https://manga-english.net
3か月前に作った2番目のもの⇒ https://english-teacher.jp
きのうできた最新のもの⇒ https://e-lab.cc

「HTML」や「CSS」などは全くわかりません。
専門用語はわからなくてもWebサイトは作れる。
そういう時代なんですね。

英語の習得も似ています。

昔は英語圏に住んでいた人から直接教わるしか
英語に触れる方法がありませんでした。

今ではYouTubeやGoogleなどを通して
生の英語にいつでも触れることが出来ます。

自分に本物の英語を見極める目と耳さえあれば。

やはり、どうしても英会話を楽しみたいなら

音だけで何とかしようとする脳の働きを育てて
ネイティブの英語に触れるしかないのです。

誰かにわかりやすく説明を受けるのではなく

自分にとって興味関心のある内容で
今の自分にとってわかりやすいと思える音から
自分の耳と口を使って切り出していく。

YouTubeなど
ネイティブ英語に無料で触れられるチャンスが
いくらでも転がっている時代。

もうネイティブのフレーズを
誰かに教えてもらわなくていいんです。

マンガENGLISHの
他の教材や学習法との一番の違いは

文字のない漫画イラストで
「自分で話す練習ができる」

という点です。

言葉は誰かに教えてもらうものではなく
自分で習得するしかないので

だからといって
「さあ、何か英語を話してみよう」
と思っても

何を話していいかわからないので
漫画イラストを活用するのです。

とは言っても
いくら漫画があっても

いきなり英語で話すことは
ネイティブだってしませんので

まずは100時間くらい
100タイトルを

見て、聞いて、まねる
という

英語ネイティブの子ども時代を経験できます。

でもマンガENGLISHを使ったからといって

ただマンガENGLISHのフレーズを覚えよう
という受身の感覚のままでは

話せるようになりません。

100タイトルのストーリーを通して
30,000以上のフレーズを

まず一通り体の中に通したら

そのあとは
漫画イラストを見ながら

誰がいて
何をしているのか
自分ならどうするか

などを考えながら
英語にして声に出すことで

英語を話すときに必要な
「主語と動詞の時制を自分で決める」
という経験

これをしないと
いつまでたっても
自分の言葉で話せるようにはなりません。

受験英語の英作文では
“彼はちょうど宿題を終えたところです”
のような

日本語の命題が与えられていました。
主語も動詞の時制も決まってしまっている。

英会話ラジオやスクール
フレーズの聞き流し教材などは

フレーズの暗記ですから

主語も動詞の時制も
自分で決めた経験がほとんどないんですね。

これこそが
いざ英語を話そう
と思った時の障害なのです。

ネイティブでさえ
文字のない絵本を使って
話す練習をする理由がそこにあります。

でも主語はたったの7種類
動詞の時制は12種類

これを組み合わせるだけのことなのに

やったことがないので
できないだけなんですね。

逆を言えば
やれば誰でもできることなんですね。

自分で主語も動詞の時制も決められる
自由英作文は

本当にクリエイティブで楽しい活動です。

こんな楽しいことを
なぜしないのか
不思議なくらいです。

脳は創造することが大好きなんです。

創造する喜びを知ると
脳はもっと進化して
さらに成長しようとします。

だから話す練習をしたほうが
リスニング力もリーディング力も
伸びるのです。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH100ご案内