ネイティブと話す機会があったら、そのまま使える言い方を考えてみました

明日はマンガENGLISH100
ユーザー様サポートレッスンです。

せっかくなので何か英語で話してみましょう。

・・・と言われても「何を?」となってしまうので

たとえば、先日ご紹介した
「650+ English Phrases」の中から

「名前」「職業」「好き嫌い」などについて
お互いに話してみるというのは、いかがでしょう。

Kindle版をiPadでご用意しますので
皆さんは特に買わなくても構いませんが

もし買いたい方は

ここをクリック650+ English Phrases for Everyday Speaking: Phrases for Beginner and Intermediate English Learners (English Edition)

または下記の「Amazonで検索」のにこの本のタイトル
650+ English Phrases for everyday Speaking: Phrases for Beginner and Intermediate English Learners
コピー&ペーストして「進む」をクリックしてください。

普段は英語を使っていない状態で
いきなり英語で話すという事は
なかなか難しいので

時間が取れた範囲でかまいませんので
話す練習をお勧めします。

私も普段は全く英語を使わない環境なので
英語を話す機会があると必ず準備をします。

名前や職業は簡単なので
特に準備は必要ありませんが

好き嫌いについては大人同士の会話で
「リンゴが好き」とか「肉は好きじゃない」
なんて話してもあまり意味がないので

もうすこし実用的なことで
もしネイティブと話す機会があったら
そのまま使える言い方を考えてみました。

In my family, usually my husband cooks because he doesn’t like my cooking. Actually I was new to cooking when I got married, I never had to cook while living at my mom’s or while I went to college. Then that I was a newlywed, I tried to cook my husband dinner, but I was a failure and I am. I can admit, sometimes the food is dry, or it has not taste. My husband, bless his heart, says, “Let’s go out to eat” or “I cook.” I think that’s his way of saying, “Don’t cook”!
(我が家ではほとんど夕食は夫が作ります。理由は夫は私の料理が好きではないから。確かに結婚前は母に頼りっきりで料理をしたことがありませんでしたので、料理の素人でした。それでも結婚したての頃はがんばったんですよ。でも失敗ばかりでした。「料理はするな」と言っていた夫は「外食にしよう」とか「俺が作るしかないね」と言うようになり、今に至ります。)

リアルな英会話では
言える範囲で言おうとすることが重要ですが

普段の学習では、時間が許す限りできるだけ
グーグルで「ネイティブの言い方」を検索して
新しい英語表現を増やすようにしましょう。

ここで注意しておきたいのは
日本語で考えて訳すのではありません。

ひとり英語トークのやり方で
思いつく英語の音を
グーグルの検索バナーに入力して
今の自分の気持ちに近い英文を探すのです。

こちらの動画で具体的にご案内しています。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH100ご案内