ネイティブなのに英語が通じない

日本を訪れる外国人の数は
2,000万人を超えています。

日本に住む外国人の数も
220万人を超えているとのこと。

そのせいか最近では観光地ばかりでなく
郵便局やクリーニング屋のような
普通の生活空間で

日本語がわからなくて困っている
外国人の姿をみかけることが多くなりました。

郵便局では
住所変更届のために訪れていた外国人に

郵便局の人がいっしょうけんめいに

「ここに古い住所を書いて
その下に新しい住所を書いて。
違う、違う、消しちゃダメなの!
この住所の下に新しい住所を書いて」

と説明したけど、全く通じなくて

「じゃ、私の方で書きます。」と郵便局員さん。
「ほんとうは、ダメなんだけどね」と苦笑。。。

クリーニング屋では

メンバーになると年会費500円がかかるが
その分クリーニング代が安くなることを
伝えようとしていたのですが

日本語がわからないということで

その場で家に電話をして
おうちの人に通訳してもらっていました。

こういう時に国際語としての英語が
お互いに使えると便利ですよね。

世界中にはいろいろな英語があふれていて

たとえばインドの英語など
それぞれのお国訛りの英語の方が
ネイティブの英語よりも多くなっています。

そのために
ネイティブの英語が通じない

という現象まで起きてしまって
時々コミュニケーションの障害になっているのです。

マンガENGLISHは
漫画×英語なので

母国語が何語でもお使いいただけます。

日本人の方はもちろん
アジアやヨーロッパの方々にも
ご利用いただいています。

マンガENGLISH100ご案内