「なんか変な日本人英語」とは

英文を書くのがライティング。ライティングの練習をすることで、スピーキング力もアップ、結果的に英会話力アップ効果が期待できます。

ライティングをするとき、自分が知っている英単語や文法から、文を組み立てます。このプロセスは、スピーキングと全く同じです。覚えている単語と文法を総動員し、話す英語を考えます。

ですが、問題があります。

ほとんどの日本人は初期の学習ステージではまず日本語で考えてからそれを英語にするためどうしても日本語のロジックに従った英語になります。もちろん文法的には正しいですのですが、ネイティブには「なんか変な日本人英語」になるのです。

例えば、こんなふうに・・・

「この電車に乗れば成田空港に行けます。」

これを伝えるとき、日本人英語にありがちなのは

You can get to Narita airport by this train.

一方でネイティブはこのような時

This train will take you to Narita airport. と表すことが多いです。

You can get to Narita airport by this train.でも文法的には正しい英語なのですが、ネイティブがこの表現を使うときは “You can get to Narita airport by this train or the bus.” のように、二つ以上の選択肢を示したいときで、今回のように電車だけを勧めたいときには “This train … ” で始めた方がすっきりします。

単語も文法も間違っていないのに、なんか変な英語になってしまうのって、本当にもったいないですよね。

そもそも、どこで日本人は “You can get to Narita airport by this train.” を覚えたのでしょうか?見たことも聞いたこともないものが、ポンと出てくるはずはありませんから、どこかで見ているはずなのです。

実は長年の英語学習で触れてきた、英語の教科書や英検などのテスト対策で学んだテキストに出てきた英文のほとんどが、日本語から訳した英文でした。文法的には正しいですがネイティブには「なんか変な日本人英語」に、今までたくさん触れてしまっていたんですね。

もしもネイティブの英語を身につけたいのでしたら、ネイティブの英語にそのまま触れることが一番です。

そのまま、というのは、
日本語の訳や説明なしで、ということ。

私たちには漫画がありますから

漫画イラストで場面を感じながら、

日本語の訳や解説が無くても「わかる」実感を持つことができますので
英語を英語のまま聞いて読むことで

英語を話したり書いたりするときにも
ネイティブ英語が出てくるようになります。

100タイトルの漫画ストーリーを
見て、聞いて、まねる、だけ。

マンガENGLISHはすべて
英語ネイティブによる書き起こし

今までの英文テキストにあふれていた日本人英語が
ネイティブ英語に入れ替わってしまえば、もう

「なんか変な日本人英語」から卒業ですね。

マンガENGLISH100ご案内