ネイティブの文法力「Pattern Recognition」とは

今まで英語フレーズを覚えるときは

例えば「シャワーを浴びる」は
英語では“take a shower”

そして身体をタオルで拭きますよね。

「タオルで体をふきます」は英語で
“I dry myself off with a towel.”と言います

・・・と習っても

今までの英語学習では

シャワーを「浴びる」や
「タオルで体をふく」という自然な日本語によって

“take”や“myself”や“off”や“with”などが
かえって思い出しにくくなっていました。

そもそも“myself”や“off”や“with”などの
英語の音がすんなり定着しなかったと思います。

その理由は
“myself”も“off”も“with”も

「単語」は習ったけど

“dry myself off with a towel”という
「フレーズ」は見たことがないため

「このまま暗記するしかない」となるか

あるいは“myself”や“off”や“with”などを
誰かがしてくれた「わかりやすい説明」によって

「わかったつもり」になって

結局いざというときに

音で思い出せないため

洋画が聞き取れなかったり
日常会話で使えない

ということになってしまっていたのです。

あるいは
学校文法の範疇に収まらない英語フレーズは

説明がしづらいという理由から
フレーズ集などにも出てこなかったんです。

だから洋画やネイティブの
自然な言い回しが聞き取れなかったし

ましてや

ネイティブ英語で話すことなど
夢のまた夢でした。

だからといって

10,000も20,000ものフレーズをひたすら暗記
というのも無理があります。

たとえば今日たまたま取り上げたフレーズの
“myself”と“off”と“with”を使ったフレーズは

“dry myself off with a towel”という使い方以外にも
何万フレーズもあるわけで

そのフレーズを一つ一つ暗記するのは
ネイティブだってしないこと。

じゃあ、どうしているかというと

同じような「パターンを認識」できる
広い意味での「文法力」があるから

始めて聞いたフレーズでも
「ああ、あれと同じパターンだね」と
自然に覚えることができるんですね。

そのために

英語ネイティブの子どもたちと同じように

マンガENGLISH100タイトルを通して

日常会話でよく使われる3,000語

30,000以上のフレーズの中で
自然に繰り返される中から

マイペースで切り出す経験を通して

英語フレーズを一度で覚えられる
パターン認識力を身につけましょう。

なかなか覚えられないな

というときは

パターン認識が瞬時にできる
脳の習慣を作ることができる

マンガENGLISH100タイトルを
見て、聞いて、まねてみてください。

マンガENGLISH100ご案内