周りからは「ペラペラだよね!」って思われているけれど実際は

最新刊の「AERA English2018 Spring&Summer」で
山下智久さんは英語が堪能で
山下さんが英語を身につけたノウハウが
紹介されています。その記事には

「“いえいえ、全然です、全然”と本人は謙遜するが、2014~15 年の深夜番組『大人のkiss 英語』(フジテレビ系)で山下さんのなめらかな英語に驚かされた人も多かった。なかでも印象深いのは、来日したアンジェリーナ・ジョリーさんに英語でインタビューしたことだ。」

と書かれていましたので早速、検索してみました。

前半のインタビューでは
予め用意した英文を暗記して
質問をしていらっしゃるんですね。

アンジョリーナさんが発した言葉に対しての
山下さんご本人のコメントは
“Yah…” か “Thank you.” だけ。

後半のクイズでアンジェリーナさんから
「ヒントをちょうだい」と言われて
“It’s important for children.” だけが
あの場で作った英文でしたね。

もちろん、あんなに長い英文を暗記して
自然な感じで話していらっしゃるのは
すばらしいことですが

これは山下さんだけの問題ではなく
私たち日本人の英語あるあるで

周りからは「ペラペラだよね!」って
思われているけれど実際は

予め用意した英語は言えるけれど
それ以外は自由に出てこないという状態。

いわゆる英語中級者に共通の壁で
これさえ突破できれば

本当にペラペラになれるし
英語ネイティブとも対等に話せるようになります。

このときのアンジェリーナさんは
かなり山下さんに気を使って
簡単な単語をゆっくり時には繰り返したり
まるで子どもに話しかけるような話し方ですね。

ちなみにアンジェリーナさんが
英語ネイティブのインタビューを
受けているときの動画をご覧ください。

山下さんの時とはアンジェリーナさんの
話すスピードも語彙の種類も全然違いますね。

アンジェリーナさんとインタビュアーの方が
会話のキャッチボールを楽しんでいます。

もちろん日本人はインタビューでは
相手の話を聞くということに重きを置いているので
そこが英語とは根本的に違いますが

どうせなら
私たちもできるだけ自由に英語を話して
ネイティブから自然な英語を引き出したいですね。

自由に英語が話せるようになりたければ
話す練習をするのが一番の近道です。

誰かに与えられたフレーズの暗記を
いくら続けていても

自分の言葉で話せるようになりません。

英語ネイティブの子どもたちでさえ
Wordless Picture Book
(文字の無い絵本)を使って
英語を話す練習をする理由がそこにあります。

だから英語で会話を自由に楽しみたければ
練習の時からセリフを自分で考える事が大切です。

実は普通の日本の中学・高校で
英語教育を受けてきた私たちは

主語も動詞の時制も
今まで自分で決めた経験がほとんどないんですね。

どういうことかと言うと

受験英語の英作文では、たとえば
“彼はちょうど宿題を終えたところです”のような

日本語の命題が与えられて

「彼は」だから“He”だな
「終えたところ」だから“finish”を使って完了形にするんだな
などのような

主語も動詞の時制も
問題文の中で決まっていたものを訳してきました。

一方で英会話ラジオや英会話スクール
フレーズの聞き流し教材などは

基本はフレーズの暗記ですから

これまた主語も動詞の時制も
自分で決めた経験がほとんどないんですね。

これこそが「いざ英語を話そう」と思った時に
とっさの一言も出てこない原因だったのです。

なぜならリアルな会話の場面では
自分でセリフを決めないといけないのに
今までしてこなかった。

英会話の練習にテキストを使ってはだめ・・・なんです。

テキストを使って練習をするということは

書かれている英文のフレーズを暗記するか
日本語の命題を英語に訳すという練習法になります。

これは受験英語では王道でしたが
リアルな会話の練習には向きません。

なぜならリアルな会話では
自分でセリフを考えなければならないからです。

だから、もしも英語で会話を自由に楽しみたければ
練習の時からセリフを自分で考える事が大切です。

セリフを考えるときの刺激として

私たちには漫画がありますから
漫画イラストを見て思いつく英語を

とりあえず言える範囲で
精いっぱい言おうとしてみる。

これこそが自由に話せるようになる
シンプルで確実な方法です。

絵を見て思いつくことを話してみる。

これが私が30歳を過ぎて
留学経験もなくダーリンが外国人でもなく
英語が話せるようになった

お金も時間も効率的で確実に話せるようになる
「ひとり英語トーク」なんです。

練習相手がいなくても
いつでも練習できるので時間の効率が良いですし
一人でできるのでお金もかからないわけです。

ただ問題は
その思いついた英語が通じるかどうかを
確認したい、という事だけだと思うんですね。

一番いいのはリアルな人にぶつけてみること。ですが・・・

私のように
周りに英語ネイティブがいない場合に

英語の練習相手がいなくても
自分が思いついた英語が
通じるかを簡単に確認できる方法があります。

そもそも言葉が通じる条件とは何でしょう。
もちろんいろいろな要素がありますが

絶対に必要になのが
「発音」と「文法」でしょう。

発音が相手に通じる音になっていて
文法がちゃんとしてれば通じるわけです。

文法って言っても
そんな大げさなものではありません。

英語には主語があって動詞があって
そのあとに目的語が来る場合もあります。

単純な話し、主語と目的語の位置が逆になっていたら
意味も逆になってしまう、という話なんですね。

発音も同じで通じることを目標にします。

つまり変なこだわりは持たないこと。

教材の英語にばかり触れていると
キレイに矯正された発音ばかり聞いているため
誤解している学習者も多いのですが

リアルな英語の使用場面では
ノン・ネイティブの英語の発音は
本当に様々です。

ネイティブ並みの発音を手に入れることに
こだわりすぎてしまうと

英語を話すことが怖くなってしまいます。

それよりも、まずは「通じればいい」から始めて
どんどん発音をしてみることが大切です。

とにかく慣れることが大切です。
慣れてくると速さと流暢さが身に付くので
発音も自然とキレイになります。

「発音」と「文法」を同時に高める
良い方法があります。

それは文法力が身に付く練習問題を
声に出しながら解くことです。

英文が自由に作れるようになるために必要な
主語の種類と動詞の時制を意識的に使いわけることが
できるようになるエクササイズをご用意しました。

英語脳になりやすいように
All in English(すべて英語)のエクササイズです。

6月21日のマンガENGLISH100タイトル
ユーザー様サポートのレッスンでご紹介します。

マンガENGLISH100タイトルを
見て、聞いて、まねて

100時間くらい英語ネイティブの
子ども時代を経験したら

リピートとリプロダクションを続けながら
このエクササイズをやってみてください。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH100ご案内