余計な不安やストレスから解放される「Probability Theory」

自分の中に確率論を持つと、
余計な不安やストレスから解放されます。

例えば、どんなに社会にとって有意義で
貢献度の高いことをしていても、
否定をする人は一定の割合で存在します。

あなたが、英語ペラペラになる決意をして
一歩踏み出したときに

そんなあなたを否定する人は
一定の割合で存在するでしょう。

「なに一人で頑張っちゃっているの? ダサい」

「いやいや、絶対無理でしょ。上手くいくわけないじゃん」

そんな意見が出ることが予測されますね。

そんな時に

確率によるパターンだということを知っていれば

「こういう人がいて、こういう意見がでるのは
想定の範囲内だよね」

とサッと受け流すことができます。

すると、気持ち良くないストレスに悩まされたり

「もしかしたら実現できないかも」
といった不安に駆られたりすることもなくなります。

これはビジネスにおいても同じです。

ユニクロの柳井正さんは自著で『一勝九敗』
というタイトルの書籍を出版しています。

この本で言っていることは、
「10回勝負して、1回勝てればいい」。

その確率で

高額納税者の常連になられたのだから

10%の確率で勝てるって
ものすごいことですよね。

一方で周りを見渡すと

2、3 回失敗しただけで「もうダメだ」

と再起不能になってしまうたくさん人がいます。

この確率を知っていれば、

「勝つためには、あと七、八回チャレンジが必要だな」
と思えるから

それ以上でも以下でもありません。

ヘコむ必要がないところで、ヘコまない。
これも成功のルールですね。

マンガENGLISH100ご案内