英語を自由に話すためには単語はどれくらい身につけたらいいの?

英語を自由に話せるようになるには
単語はどれくらい身につけたらいいの?

よく聞かれる質問の一つですが

英語ネイティブでも
日常会話で頻繁に使う語彙
3,000語程度と言われています。

具体的にどんな単語?
と思う方は

オックスフォード大学の出版局が
とりまとめた3,000語が有名です。

「Oxford3000」でググってみてください。

とは言っても

漫然と見て、聞いて、まねているだけでは
神様は降りてきません。

なぜなら私たちは

今から英語で
英語ネイティブの子どもたちと同じ時間を
体験することは物理的に不可能なので

英語ネイティブのように
すべて直感的に習得するには
物理的な時間がどうしても足りません。

そこで
ネイティブたちの経験則と研究から導き出された
単語リストを活用すると効率が良くなります。

3,000語にいきなり取り組むのは
ちょっと・・・という方に

80:20の法則
効率よく使える英語を身につけましょう!

イタリアの経済学者
パレートによって導き出された法則で

全体の8割は
2割によって生み出されている

という
経済活動の法則を表した言葉で

言語の習得にも当てはまる法則です。

英単語の場合は

英語ネイティブでさえも
日常会話で頻繁に使用する単語は3,000語程度
とご紹介しましたが

その3,000語も
すべてが同じ頻度で使われるのではなく

その2割のなんと600語で
日常会話の8割が成り立っているんです。

その600語から切り出していきましょう!

「よ~し、単語帳をつくるぞ~」では
また受験英語の二の舞。。。

マンガENGLISH100タイトルを
見て・聞いて・まねて、

時々「600語のリストを読む」ことで

ネイティブの子どもたちと同じ
「連続音の中から単語の切り出し」を
体験しましょう。

この動画で紹介した

日常英会話の80%をカバーする
600語のリストを

データを取り出せるようMSのWordデータで
サポートページに添付しました。

登録済みのメールアドレスで
サポートページにログインして

投稿一覧の中ほど
「600語のリスト」というタイトルのメールを開き

添付ファイルをダウンロードしてお使いください。

ファイル名は
「600 easy-to-visualize commonly used words」です。

マンガENGLISH100タイトルを
見て、聞いて、まねて、

時々このリストを読んでください。

知らない単語を辞書を引いたり
書き出して暗記しようとしたりせずに

すっと音になって読めるもの
実感が持てるものだけ
声に出してみてください。

そして時々
マンガENGLISHのストーリーの場面と
結びついたらしめたものです。

普段はマンガENGLISHを

見て、聞いて、まねながら

徐々に600語が切り出されていく感覚を
体感してください。

マンガENGLISH100タイトルを
見て、聞いて、まねる。

学習法はシンプルでわかりやすい分

ひとりでやっていると
どうしても飽きてしまったり
だれてしまったりするので

みなさんが学習を継続しやすい情報を
このサポートページを通して
無料でお届けしていきますので

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH100ご案内