Shadowingで英語ぺらぺら

英語学習で一番多いのが
“聞き取れない”という悩み。

結構しゃべれるのに聞き取れない
と言う方も多いですね。

そういう方の場合
英語を話していると発音に訛りがあります。

自分の音の基準

ネイティブの音を聞き取ろうとするので
聞き取れないということが起きてしまいます。

英語の聞き取り力を伸ばしたいなら

発音を直しながら
話す練習をすると効率的です。

そこで有効なのがシャドーイングです。

シャドーイングというのは、

文字通り“シャドー”=shadow、つまりのように
英語の音声についていくことです。

この練習をすることのメリットというのが2つあります。

1つめは

訳さずに、聞こえてきた英語を“英語のまま”
ダイレクトに脳に取り込もうとする習慣

が身につくということです。

英語の音をじっと聞いていると
英語学習の習慣から
訳そうというクセが私たちにはあります。

英語の音を聞く時
軽く声に出すことで

訳す隙を与えないことで
英語のまま脳に取り込む習慣を作ることができます。

2つめの効果は

英語ネイティブが自然に話すときの
英語の発音、音調というのは、
単語1個1個がクリアに発音されることは少なくて、

通常は、単語どうしの音が
脱落現象がおきたり、音と音が融合してリエゾンしたり
音の変化がいろいろあって

全体のイントネーションなどを形成しています。

単語一つ一つの発音からやり直すより

文全体をマネすることで
英語らしい音調が身につきやすくなるんですね。

最初から上手に声に出そうとか
ネイティブと同じ発音をしようとか
そういう無理をすると緊張が高まっちゃうので

聞えてくる音に近い音で出せてるかな?
という感じから始めて
ご自分でバランスを取りながら、
気持ち良く声に出していただくと良いですね。

英語そのものの音をまねてみてください。

まずはリズムをつかもう・・・ぐらいの気持で
ナチュラルスピードの英語を
音楽を聞くような感覚で何となく聞くところから
始めてみてください。

聞き取れないからといって、ゆっくり聞きましょう。
ゆっくりでも聞き取れないから、文字を見ましょう。
文字を見ても意味がわからないから、訳を見ましょう。

こういう回路に入っちゃうと、
“ナチュラル”が聞き取れないレベルから
絶対に抜け出せなくなります。

とにかく“ナチュラル”に慣れていこうとする、

そういう感じで聞いてみてください。

鼻歌みたいになっちゃってもいいんです。

聞こえてきた音を言葉では捉えきれなくて、
「♪ン~ン~ン~♪」というような感じでもかまいません。

イメージを掴む感じで耳を傾けることが大事です。

だからと言って“音だけ”の教材で、聞き取りが苦手な段階で
「音だけでわかるようにしましょう」と言っても
それはただの精神論になってしまいますので、

マンガENGLISHでは漫画イラストを見て
場面を感じながら英語の音を聞くんですね。

そうすることで、英会話のときに必要な
場面の中で相手の表情や声の調子などから
意味をつかもうとする力も身につくのです。

マンガENGLISH100ご案内