「誰でも」「すぐに」「無料で」取り組める「英語を使う体験」

どのような方法で英語学習に励んでいますか?無料アプリで勉強をしたり、参考書を買って勉強したり、もしくは、最近だと、オンライン英会話を利用している人も多いのではないでしょうか? でも、なかなか学習が続かず「習慣」になるまで時間がかかりますよね。結局、三日坊主に…、というパターンもあるのではないでしょうか?

アメリカ国立訓練研究所(National Training Laboratories)の研究によって導き出された、学習定着率を表す「ラーニング・ピラミッド(Learning Pyramid)」を参考に、効率的な言語学習法を考えてみたいと思います。

いろいろな考え方やデータがあるので「これが正解!」というのはありませんが、アメリカ国立訓練研究所が導き出したラーニング・ピラミッドでは、

講義(Lecture)は5%
資料や書籍を読むこと(Reading)は10%
視聴覚(Audiovisual)が20%
実演によるデモンストレーション(Demonstration)が30%
グループディスカッション(Discussion Group)が50%
実践による経験・体験・練習(Practice Doing)が75%
誰かに教えること(Teaching Others)が90%

と、能動的・主体性が必要なことになるほど学習定着率が高い(教育効果が高い)と言える研究結果が出ています。つまり、英語学習を効率よく、かつ、習慣化させるためには「読んだり」「書いたり」するだけではダメ!ということ。

では、何をすればいいの?と言うと、英語を主言語とするネイティブスピーカーと話す環境を作ったり、英語学習に一緒に取り組む学習仲間をつくること(教え合う仲間)が重要になると言い換えることができます。でも、「どうやってそれを実現すればいいの?」と思っている方も、いますよね。

それを解決するためにオススメしたいのがSNS

もちろん留学や英語圏への移住などが一番いいと思いますが、費用が掛かったり、生活そのものが大きく変わったりするため、「誰でも」「すぐに」実行できる方法ではありません。

インターネットの環境さえあれば「誰でも」「すぐに」「無料で」取り組める「英語を使う体験」としてお薦めなのがSNSの活用です。

その中でも私はGoogle+がダントツに使いやすいです。

ネットサーフしていて
知らなかったネイティブ英語に触れたとき

「へー!そんな言い方があったんだ」って
思うだけではすぐに忘れてしまいますが、

その英語表現を「他の知らない人に伝える」ふりをして(笑)
実は私自身の英語力アップに役立つので
Google+に投稿しています。

世界中には英語を学びたい人が約20億人はいる
と言われていて

投稿するたびに「+1」(いいね)やコメントが
世界中から届くので私にも励みになり

何よりも投稿することで
人に教えようとすることで
自分自身の英語の習得率が高まり

いいことだらけなんです。

私は去年から始めて1年が過ぎ
今日でフォロワーさんが777人になりました。

ネットサーフすればいくらでも
ネイティブ英語に触れられる時代です。

もうこれ以上お金も時間も無駄にしないように

バイリンガルや日本人の英語の(自称)達人から日本語で英語を説明してもらって、日本語ではわかったつもりになったけれど、結局のところ英語そのものは良く覚えていない

という学習法から一日も早く抜け出して

英語を英語のまま取り込んで自分なりの理解でアウトプットしてみる
という学習法に切り替えていきましょう。

「時間」という取り返しのつかない貴重なものを
これからはもう無駄にしない学習法を実践して

今度こそ使える英語力を手に入れましょう。

マンガENGLISH100ご案内