英文テキストを使わずに、英語を音で聞いて音で真似る学習法に切り替えてみよう

何年も英語を習っているのに話せるようにならない
というお悩み

生徒さんはもちろんのこと
実は先生たちもつらいんです。

スクールで一生懸命に教えて
(もちろん生徒さんの頑張りのおかげ、ですが)

教室では結構いい感じに話せるようになったのに
いざリアルな英会話で
「言いたいことの半分も言えなかった」という声。

もっと悲しいのが
話せなかっただけでなく
聞き取りすらままならないという声も・・・。

生徒さんたちもがっかりですが
実は教えている先生たちも
残念で申し訳ない気持ちでいっぱいです。

私は英語を教える仕事を始めて
かれこれ30年になりますが

最初のころは円形脱毛症になるほど悩みました。

教え方のスキルをアップすることが
生徒さんへの一番の恩返しと信じて
英語教授法を大学院で学んだり
心理学やコーチングなども学びました。

その30年で得た答えは意外なほどシンプルでした。

聞き取れない、話せない、という生徒さんはみんな
英文テキストを読まないと聞き取れないし
英文テキストを見ないと話す練習ができないのです。

その理由は、やはりシンプルで
英会話のテキストに英文が書いてあるから

英語を聞いた後で
ちゃんと聞き取れたかを
英文を見て確認するという学習法を続けていると

脳は育てた通りに育ちますから

リアルな会話の場面で
英語を音だけで聞いていると
(当然のことながらリアルな会話に文字は無いので)
不安で仕方がないわけです。

だから「聞き取れない」という判断になるんですね。

話す場合もそうです。

教室で
英文テキストを通して
会話を学んでいると

いざリアルな会話の場面で
自分でセリフを考えることができない。

その理由は
スクールでは
与えられたセリフを暗記することばかりしていたから。

会話の練習をするときに
文字を使っているうちは
何時まで経っても
音だけで何とかする脳の習慣が育ちません。

市販されている英会話の教材はすべて
英文が書かれています。

思い切って英文テキストを使わずに
英語を音で聞いて音で真似る学習法に
切り替えてみよう、と思ったのが、きっかけでした。

とは言っても
音だけ、では、
理解できない英語の音を妄想するしかないので

そこで目を付けたのが漫画でした。

漫画イラストでストーリーの場面を感じながら
英語の音を聞いて
聞こえた音を印象に残った範囲で口まねします。

脳は育てた通りに育ちますから
音で聞いて覚えた英語の音でないと
会話の場面で音になって出てきてくれません。

言葉は誰でも身に付くものですから
ちゃんとしたやり方で学べば必ず身に付きます。

今まで長い間
英文テキストを使って英語の音を理解してきたので

すぐには脳の習慣は変わらないかもしれませんが

そもそも私たちは会話の時には
日本語を音だけで何とかしていますので

英語もやればできるようになります。

マンガENGLISHは
見て、聞いて、まねる、だけの
シンプルな学習ステップです。

一人でも多くの人が

テキストを使った英会話学習から自由になって

自分の耳で英語の音を切り出して
自分の口で英語を話すことが来ますように。

そして勇気ある一歩を踏み出したみなさんのお手伝いをさせていただきます。

先週の金曜のサポートレッスンをYouTubeにアップしました。

ライブレッスンに慣れていなくて、参加者のみなさん全員とコンタクトが取れなくて申し訳ございませんでした。

次回は2月8日(木曜日)の午前中です。

ご都合の良い方はぜひ、また参加してください。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH100ご案内