「日本語でわかったつもり」になって、いざというときに音で思い出せない

今まで英語フレーズを覚えるときは

例えば「シャワーを浴びる」は
“take a shower”

そして

「タオルで体をふきます」は
“I dry myself off with a towel.”
と言います・・・

というような

シャワーを「浴びる」や
「タオルで体をふく」という
自然な日本語によって

“take” や “myself” や “off” や “with” などが
かえって思い出しにくくなっていました。

そもそも “myself” や “off” や “with” などの
英語の音がすんなり定着しなかったと思います。

その理由は今までの英語学習では
“myself” も “off” も “with” も

「単語」は習ったけど

“dry myself off with a towel”という
「フレーズ」は見たことがないため

「このまま暗記するしかない」となるか

あるいは “myself” や “off” や “with” などを
誰かがしてくれた「わかりやすい説明」によって

わかったつもり」になっているから

いざというときに音で思い出せないため

洋画が聞き取れなかったり
日常会話で使えない

ということになってしまっていたのです。

あるいは今までの英語学習では
学校文法の範疇に収まらない英語フレーズは

説明がしづらいという理由から
フレーズ集などにも出てこなかったんです。

だから洋画やネイティブの
自然な言い回しが聞き取れなかったし

ましてや

ネイティブ英語で話すことなど
夢のまた夢でした。

だからといって

100も200ものフレーズをひたすら暗記
というのも無理があります。

たとえば今日たまたま取り上げたフレーズの
“myself” と “off” と “with” を使ったフレーズは

“dry myself off with a towel”という使い方以外にも
何通りもフレーズもあるわけで

そのフレーズを一つ一つ暗記するのは
ネイティブだってしていないこと。

じゃあ、どうしているかというと

同じような「パターンを認識」できる
広い意味での「文法力」があるから

始めて聞いたフレーズでも

「ああ、あれと同じパターンだね」と
一度で自然に覚えることができるんですね。

そのために

英語ネイティブの子どもたちと同じように

日常会話でよく使われる3,000語を
30,000以上のフレーズの中で
自然に繰り返される中から

マイペースで切り出す経験を通して

英語フレーズを一度で覚えられる
パターン認識力を身につけましょう。

マンガENGLISH100タイトルユーザー様
専用サポートのグループの掲示板に

日常会話で使える10のフレーズを

イラストと英文付きのものと
イラストだけのものを

マンガENGLISH100タイトル
サポートのグーグルのグループに
jpeg画像データでメール添付しました。

マンガENGLISH100タイトル無料サポートに

【登録済みのメールアドレス】で
クリックして→ 「朝一番にすること」

ファイルをダウンロードしてお使いください。

全部で4枚分のイラストjpegデータが
入っています。

イラストを見ながら
英語フレーズを声に出して

一通り覚えたら

イラストだけを見て

英語フレーズが思い出せるかを
試してみてください。

それでも、なかなか覚えられないな

というときは

パターン認識が瞬時にできる脳の習慣を作るため

マンガENGLISH100タイトルを
見て、聞いて、まねてみてください。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH100ご案内

会話につまらない英語フレーズ icebreaker questions

地元Youに行きつけのお店を聞くときに便利な
英語フレーズをご紹介します。

ちまたの英会話フレーズ集で紹介されている
“What’s your favorite restaurant?”
をがんばって暗記して

“favorite”だと

「特別な日」に行くお気に入りレストラン
という意味合いで使う人も多いので

せっかく教えてもらったレストランが
かなり予算オーバー・・・

なんてイタいことにならないように

今日は “普段使いの” 行きつけの店を
地元Youから聞き出す表現です。

普段使いの行きつけの店って
「よく行くレストラン」ってことですよね。

ちなみに
「レストランに行く」は英語で・・・

そう“go to restaurant”ですよね。

これをそのまま使って

「あなたのお名前は」って聞く時と同じ感覚で
「あなたの行きつけは」って聞いちゃいます。

英語で相手の名前を聞く時は
何でしたっけ?

そうですね!
“What’s your name?” でしたね。

それと同じように
「あなたの行きつけのレストランは」
“What’s your go-to restaurant?”です。

か~んたん、でしょ?

さあ、そして
たった今、なるほどねーと思っても

明日にはもう忘れてしまうので

「暗記」ではなく「記憶」にするために

いつものように絵を見て声を出す練習をします。

マンガENGLISH100タイトルユーザーさまで
グーグルのグループに既に登録済みの方は

マンガENGLISH100サポート をクリックして

「会話につまらない英語フレーズ」というタイトルの
メールを開いて

ファイルをダウンロードしてお使いください。

たった今ご紹介した
“What’s your go-to restaurant?”をはじめ

今までの英会話集に
ありそうでなかった簡単フレーズ

9枚分のイラストjpegデータが
「zipファイル」に入っています。

イラストを見ながら
英語フレーズを声に出して

一通り覚えたら

イラストだけを見て
英語フレーズが思い出せるかを
試してみてください。

1日後、3日後、1週間後と
徐々に間隔をあけながら試してみてください。

しばらく間が空いても

絵を見てとっさに
英語フレーズが口から飛び出す気もち良さを
ぜひ脳に経験させてあげてください。

もちろんイラストを使うだけで
英語がペラペラにになるのなら
誰かがとっくにやっているはずです。

イラストを見ることで
以前に覚えた英語の音が永久的に

100でも200でも
すらすらと浮かぶようになるためには

フレーズをひたすら暗記するやり方ではなく

一見、何の関係もなさそうな

“What’s your name?”と
“What’s your go-to restaurant?”

が同じ文の構成だと認識できる

「パターン認識力」が必要で、

マンガENGLISH100タイトルを通して

そのパターン認識力を身につけながら
フレーズを増やすのがおすすめです。

マンガENGLISH100タイトルご購入済みの方で

グーグルのグループに参加ご希望の方は

info♪mangaeigo.net
(♪を@に変えてくださいね)まで

100タイトル購入の確認メールを
転送してください。

複数回に分けて購入した方は
全部のメールを転送してください。

確認ができ次第
招待メールをお送りします。

送信元のアドレスが
yahooなどのフリーメールの場合
まれに迷惑メールフォルダに
振り分けられてしまうことがありました。

一週間たっても私からの返信がない場合
お手数ですが再度ご連絡ください。

まだ100タイトルがそろっていない方は
100タイトル購入後にご連絡ください。

私からの招待メールが届けば、いつでも
マンガENGLISH100サポート
にアクセスすることができます。

そして、いつでも
「会話につまらない英語フレーズ」という
タイトルのメールを開いて

ファイルをダウンロードしていただくと
お使いいただけますので

マイペースで学習をすすめてくださいね。

マンガENGLISH ご案内はこちら

「おねだり」英語

「ねぇ、お願い!この犬、飼いたい。」

映画やドラマで見かけるワン・シーン

子どもが親にする「おねだり」の一つと言えば
ペットですね。

あなたは子どものころ
どんなペットを飼いましたか?

と海外の人たちにも聞いてみました。

下記をクリックしてご覧ください。
子どものころ、どんなペットを飼いましたか?

私は海外生活体験も
留学体験も
ダーリンが外国人でもありません。

日常生活は100%日本語です。

でも英語を使いたくてGoogle+を始めました。

通じたか通じなかったか
ウケたか、ウケなかったか

その原因や理由を自分なりに検証して

次のコメントを考えるということを
ここしばらく続けています。

英会話スクールの先生は(お金を払っているので)
ウケてくれます、わかろうとしてくれます。

でもリアルな会話では

通じなければ相手にされないし
ウケなければ返事をしてもらえません。

でも、だからこそ

そこを乗り越えないと
リアルな会話は楽しめません。

そして今の時代
Google+などのSNSを使えば

お金をかけなくても
リアルなコミュニケーションを体験できます。

スクールや普通の英語教材は
セリフを書いた台本がありますが

リアルな会話では
自分でセリフから考えなければなりません。

今まで私たちは自分で

通じるセリフ
ウケるセリフを

考えたことがなかったんです。

マンガENGLISHが
他の教材や学習法との一番の違いは

文字のない漫画イラストで
「自分で話す練習ができる」

という点です。

言葉は誰かに教えてもらうものではなく
自分で習得するものなので

だからといって
「さあ、何か英語で話してみよう」
と思っても

何を話していいかわからないので
漫画イラストを活用するのです。

とは言っても
いくら漫画があっても

いきなり話すことは
ネイティブだってしませんので

まずは100時間くらい
100タイトルを

見て、聞いて、まねるという
英語ネイティブの子ども時代を経験できます。

100タイトルのストーリーを通して
30,000以上のフレーズを

まず一通り体の中に通したら

そのあとは
漫画イラストを見ながら

誰がいて
何をしていて
自分ならどうするか

などを考えながら

英語にして声に出すことで

英語を話すときに必要な
「主語と動詞の時制を自分で決める」
という経験をします。

受験英語の英作文では

“彼はちょうど宿題を終えたところです”
のような

日本語の命題が与えられていました。

主語は“He”で
動詞は「現在完了形」で

と出題者から与えられているものを
「訳して」きたんです。

英会話ラジオやスクール
フレーズの聞き流し教材などは

フレーズの「暗記」ですから

主語や動詞の時制を
自分で考えたことが
今までほとんどないんですね。

いざ英語を話そう
と思ったとき

主語も動詞の時制も
自分で決めないといけないので

とっさの一言が出てこないのは
当然のことだったんです。

ネイティブでさえ

文字のない絵本を使って
話す練習をする理由がそこにあります。

マンガENGLISH100ご案内