英語の達人に学ぶ時間の使い方

こんにちは、山口智子です。

YouTubeに新しい動画をアップしました。

ビジネスパースンなら
一度や二度は耳にしたことがありますね。

どんな分野であっても、
1,000時間のトレーニングを行えば
誰でもそれなりのレベルになれるという

1,000時間の法則

英語の習得についても同様です。

そもそも今まで英語で
1,000時間以上の経験はあるでしょうか?

中学高校で英語の授業が週3回なら
年間45週で計算すると
三年間で約400時間。

つまり中学と高校の英語の授業を
ぜんぶ出席しても800時間

まず単純な話、時間が足りなかった

だから1,000時間を目指す、と言っても
1,000時間の過ごし方が大切です。

たとえば中学や高校の英語の授業は
日本語に訳したり文法を習ったり
日本語での説明が大半でしたね。

そうすると実際に英語そのものに触れた時間は
800時間の1~2割程度あるかどうか

さらに自分が英語を話した時間は
100時間にも満たないはずです。

これでは当然、英語を話せるようにはならないわけで。

だから「1,000時間の英語漬け」から始めましょう。
そこで大切になってくるのが「1,000時間の過ごし方」です。

いくら1,000時間を英語漬けにしても
リスニングやリーディング中心では
スピーキングは身に付きません。

もちろん、いきなり話すことはできませんが

リスニングしながら「声に出す」=シャドーイング
リーディングしながら「声に出す」=オーバーラップ・リーディング

ただ聞くだけ、じゃなく、ただ読むだけ、でもなく
最初から声に出す練習を加える」と学習効率がグン!と高まります。

まずはとにかく「1,000時間」
「英語の音を出す練習」を続けてみてください。

人間には生まれながらにして
言葉が自然に身に付く能力が
備わっているのですから

1,000時間の法則
試してみる価値はありますよね。

マンガENGLISH100ご案内

リアルな会話でセリフがポンと口から

漫画は英語では“cartoon”と言います。

でもこれは海外でもっとも多い
例えばスヌーピーのような4コマの漫画のこと。

日本の漫画はストーリーがあって
コマもいっぱいあるので

特別に“Graphic novel”(視覚的小説)と呼ばれたり
最近では“Manga”そのままでも通じるようになりました。

海外で日本語がペラペラになった人たちは
“manga”や“anime”を通して身につけた人が多いですよね。

その理由は
漫画は「場面」で「セリフを覚える」ことができるので
リアルな会話でセリフがポンと口から飛び出してき易いんですね。

続きはYouTubeで・・・ ⇒ おとなの英語絵本を使って英語脳を作る