中学・高校の英語教育が実践的ではない唯一の欠点

使える英語を身につけるためのポイントは「【同時に】訳せるか」です。時間をかけてじっくり考えれば訳せる、という状態では、リアルな会話や洋画を字幕なしで楽しむことはできません。

中学・高校の英語教育で「訳すこと」は教わりますが「【同時に】訳すこと」は求められません。実はこれが「中学・高校の英語教育が実践的ではない唯一の欠点」なのです。

私たちは中学・高校で受験のために約6,000語の単語を暗記するように促され、一方の英会話は英語ネイティブ同士でさえも、3,000語程度で会話が成り立っており、文法も日常会話レベルでは必要十分な知識を得ています。

時間をかけて考えれば訳せるのに、簡単な日常会話でさえできないのも、英語を字幕なしで楽しめないのも「【同時に】訳せない」からなのです。

知識は十分に学べる学校の英語教育に同時通訳のトレーニング法を加えるだけで、英語が話せて聞き取れるようになります。

同時通訳を養成するトレーニング法は長い歴史と実績があり成功者も多数出ているので確実に力が付きます。しかも漫画を使うので初級者の方にもお取り組み易くなっています。

こちらのYouTube動画でご案内しています。

マンガENGLISH 受講ご案内

逆転の発想で英語リスニングを飛躍的に伸ばす

単語やフレーズをいくら暗記しても、簡単な英会話で話せないどころか、聞き取りすらままならない英語学習の悩みを解決する方法をご紹介します。

英会話で使われる単語数は英語のネイティブスピーカー同士でも3,000語程度というのは良く知られた話です。(もしご存じなければGoogleなどの検索サイトで『Oxford3,000』で調べてみてください)

私たちは中学高校の英語で受験のために約6,000語の単語を暗記した(少なくとも暗記を試みた)経験があります。つまり必要語彙はすでに学習済みなのです。それなのに話せないどころか、聞き取りで躓いている、もったいない状態です。

英会話の学習法で最もポピュラーな方法はフレーズの暗記です。ところが、どんなに熱心に英語フレーズを暗記してもリアルな会話では役に立たない経験は誰しも経験があると思います。

つまり、どんなに単語を暗記してフレーズを暗記してもリアルな会話ではほとんど役に立たないのです。

それもそのはずです。リアルな会話では相手からどんなセリフが飛び出してくるか全く予想ができないからです。

では、どうしたらいのでしょうか。

英語のネイティブスピーカーでさえも日常会話で使っている単語数は3,000語程度です。その3,000語を使い回していろいろなセリフを作っているのです。日本語と同じですね。

だから英会話を身につけたければ、その3,000語であらゆることが言えるようになるように練習をすれば良いのです。すでに中学高校で習った単語ばかりですので慣れてしまえばそんなに大変ではありません。

具体的にYouTube動画でご案内しています。

マンガENGLISH 受講ご案内

 

あいさつ以上「英会話」未満

英語で簡単な挨拶や自己紹介くらいならできるけれど、英会話になると途端に戸惑ってしまうというお悩み多いですよね。

その原因は単語でも文法でもなく、英語と日本語の談話の違いにあるんです。

単語は私たちは中学や高校の英語の授業を通して約6,000語を暗記した経験があり、日常英会話で必要な3,000語を上回っています。文法は中学高校では主に文法用語を学んだのであって、英語ネイティブでさえも文法用語はほとんど知りません。つまり知識は十分にあるのです。

では、どうして日常英会話で躓くのかと言うと、日本語と英語では会話の展開の仕方に大きな違いがあるのです。

日本語で他愛もない日常会話を楽しむ場合、言葉の主な役割は共感です。ところが英語の場合は、他愛もない日常会話でも相手との視点や見方の違いを言葉にすることが言葉を交わす目的なんですね。

その違いを知るためには、日常生活を描いた英語のドラマや英語を観るのがおすすめです。先ほどアップしたYouTube動画でご案内しています。

マンガENGLISH 受講ご案内

英語脳という幻想

『英語脳』という言葉が広く知られるようになって久しいですが、多くの場合その意味は「英語を英語で考える」とか「頭の中から日本語を排除して英語だけにする」という意味で使われることが多いようです。

その考え方の根底にあるのが、

英語のネイティブスピーカーは英語だけで考えているのだから、英語がペラペラになりたければネイティブのアタマの中と同じように英語だけにすべきである

というもの。

一見、正論のようですが、ネイティブ、特に英語しか知らないモノリンガルの英語ネイティブは、努力して英語で考えているのではなく、環境によって自然とそうなっているだけの事ですので、そもそも声を大にして英語脳なんて言う必要はないわけです。

私たちにとっての英語脳と言うのは「英語が自然に聞き取れて自然に話せる脳の働き」の事だと私は思っています。

「え?でもそれって英語ネイティブのアタマの中と同じじゃない?」と思うかもしれませんが、私たち、つまり、ある程度の年齢になって、日本語が確立された後に英語を身につけようとしている私たちにとって、日本語を、今さら、頭の中から消し去ることはできません。なかったことになんかできないんです。それを無かったことにして「英語を英語で考える」とか「頭の中から日本語を排除して英語だけにする」という間違った目標設定が、未だに簡単な日常会話すら話せないだけでなく聞き取りすらままならない、という結果になっているんです。

ですから、私たちにとっての英語脳に欠かせないのが「英語をスムーズに理解し発するための日本語」なのです。これこそが、中学高校の英語の授業で約6,000語を受験のために暗記したのに、その約半分の3,000語程度の日常会話でつまづいている、いわば歪んだ状態を脱するポイントなのです。

では「英語をスムーズに理解し発するための日本語」はどうしたら身に付くのでしょうか。それは「英語を英語の語順のまま日本語で考え」「英語の語順のままの日本語で考えながら英語を発する」ことができるようになる『同時通訳を養成するトレーニングメニュー』が最適です。

私は『同時通訳を養成するトレーニングメニュー』のおかげで、30歳を過ぎて、日本人の家族や友人、日本語だけの職場で普通に生活をしながら、1年ちょっとで日常会話レベルの英語が聞き取れて話せるようになりました。

中学高校の英語の授業で約6,000語を受験のために暗記した私たちは知識はもう十分にあります。受験の時は英語の語順でひっくり返して訳したり、英作をするときには英語を直訳したような、例えば「今、彼は、ちょうど宿題を終えたところです」のような不自然な日本語を使用してきました。だから使える英語が身に付かなかったのです。

今日から英語をスムーズに理解し発するための日本語の使い方を練習しましょう。英語を英語の語順のまま日本語で考え、英語の語順のまま日本語で考えながら英語を発する、同時通訳を養成するトレーニングメニューを活用しましょう。

漫画を使っているので初心者の方にもお取り組み易くなっています。学習ステップはこちらのYouTube動画でご案内しています。

マンガENGLISH 受講ご案内

受講を検討中ですが、どれから始めていいかよく分かりません

初めまして。受講を検討中ですが、どれから始めていいかよく分かりません。方法によってコースが違うということでしょうか?アドバイスを頂けますでしょうか。なるべく早く返信を頂けますと幸いです。 宜しくお願い致します。
**************************

お問い合わせありがとうございます。できれば併用していただきたいのですが、ご予算やスケジュールに合わせて1コースずつになる場合は

スタンダード版

スペシャル版

漫画で通訳トレーニング

とご利用ください。

スタンダード版を通して1)シャドーイングと2)スラッシュリーディング

スペシャル版で3)リピート・リプロダクション

漫画で通訳トレーニングから4)サイト・トランスレーションと5)ピクチャー・ディスクリプションが身に付きます。

これらをスパイラルアップ方式で同時並行に進めていただいた方が効果的です。

こちらのYouTube動画でご案内しています。

英語を「音」で記憶して「音」で発することが出来るようになります。同時通訳を養成するトレーニング法を活用しますので、確実に力が付きます。漫画を使うことで初級者の方も安心してお取り組みいただけます。

英語を「音だけ」で何とかしようとする脳の働きを育てる

会話は音だけで成り立っています。それなのに普段の英語学習では「英文テキスト」や「日本語の訳」に頼っていませんか?それでは何をやっても英語を話せるようにならないのはもちろん、聞き取りもままならないままです。英語も日本語と同じように「音だけ」で何とかしよう、とする脳の働きを育てましょう。

英語を「音」で記憶して「音」で発することが出来るようになります。同時通訳を養成するトレーニング法を活用しますので、確実に力が付きます。漫画を使うことで初級者の方も安心してお取り組みいただけます。

同時通訳を養成するメニューを「日常会話レベル」で「漫画」を使って行いますので、初級者の方にもお取り組み易く、英語力が飛躍的に向上します。

1.シャドーイング

モデル音声のスピード、イントネーション、アクセント、発音、間の取り方などをそのまま真似るので、自然な英語の流れやリズムの体験と習得ができます。リスニングとスピーキングを同時に練習できる画期的な方法です。

2.スラッシュ・リーディング

英語の語順のまま意味のまとまりごとに区切って並べた英文を使って、英語の語順のまま読めるようになります。

3.リピート・リプロダクション

英語の語順のままフレーズごとに区切って並べた音声を使って、英語の語順のまま聞き取れるようになります。さらに「フレーズごとの音声」を、文の句切れ目で、できるだけ正確に再現します。漫画イラストを見ながら行うことで、場面と音を結び付けようとする脳の働きを育てることができます。

4.サイト・トランスレーション

英語の語順で意味のまとまりごとに並んだ日本語フレーズを読みながら、英語を話す練習をします。英語の語順のまま日本語で考える習慣が身につきます。

5.ピクチャー・ディスクリプション

絵を見て英語を話す練習を通して実践力を身につけます。

マンガENGLISH 受講ご案内

「元気が出る嬉しいおしらせ」を英語で

私たちは中学・高校の英語学習を通して約6,000語の英単語を受験のために暗記しました。一方で日常会話では英語のネイティブスピーカー同士でも、約3,000語で会話の8割をカバーしています。

だから音の経験を積み重ねて「音だけで何とかなる脳の働きを育てれば、自然に英語が聞き取れるようになる」と思っている人も多いのですが、簡単な英単語で構成された英文の意味を瞬時に捉えることが苦手なのです。

たとえば、ある映画から引用したフレーズです。

I’ve got something that will cheer you up.

すべて中学英語で構成されていますが、この英文を見てパッと意味が分かる日本人はまだまだ少ないです。

その理由の一つに私たちが学んだ英語の教科書があります。私たちが中学・高校で使っていた教科書に載っている英語の多くが、日本語を訳したものでした。

中学や高校には海外から多数のALT(外国語指導助手)が来ていますが、彼らの多くが「中学・高校の英語の教科書に出ている英語が不自然」と感じているのはよく知られた話です。中学・高校の英語の教科書に出ている英語は元々が日本語だったので日本語に訳しやすかったのです。

ところが映画の英語は突然の事ながら自然な英語なので、多くの日本人にとって訳しにくいのです。意味が分からない言葉は聞き取れたていないことと同じです。だから仕上げに意味をとらえる練習をして仕上げていきましょう。

この時に素材選びが大切です。教科書のような元は日本語を訳した英語ではなく、ネイティブ英語の意味をとらえる練習を重ねましょう。

I’ve got something that will cheer you up. の答え合わせをしておきましょう。

“cheer” は、”cheer girl” (チアガール)の “cheer”
“cheer up” で「元気づける」という意味ですから

あなたが元気になる何かがある、ということを言いたいのですね。
元気が出る嬉しいお知らせと意訳できるかもしれません。

ネイティブの音声はこの動画の中でチェックしてみてください。

では、このセリフの続きでエクササイズしましょう。

これは、わかりやすいですね。「具合はどう?かわいい子」

では、その次のセリフはいかがでしょうか。「具合はどう?」と聞かれた主人公の返答です。

答え合わせは次回ご案内しますので、ゆっくり考えてみてください。必要に応じて辞書などで調べてくださいね。

マンガENGLISH 受講ご案内

簡単な単語で構成されているセリフの意味

知っている単語で構成されているセリフの意味が分からない。それこそが聞き取れないそもそもの原因です。ある映画の中から1シーンを選んで、そこからセリフを切り出して、意味を考える練習をしましょう。単語は全て中学や高校で習った単語ばかりです。続けることで慣れることができます。

このシーンの最初のセリフです。階上にいる主人公の方に向かって下から階段を登りながら、側にいる人に向かって話している声なので聴きにくかったですね、ごめんなさい。

Indy(インディ)というのは主人公の名前です。”loves”は「大好き」という感じでいいでしょう。”company”は冠詞も無く単数のままなので「仲間」という意味ですから、「インディは友だちが好きだから(喜ぶわ)部屋はこの上よ」と急に訪ねて来たクラスメートに、母親代わりの叔母さん(と言っても、シンデレラの継母なみに意地悪ですが)が話しています。

では、今日は、その次のセリフの意味を考えてみましょう。

これは、わかりやすいですね。「インディ、そこにいるの?」

では、次のセリフはどうでしょうか。

答え合わせは次回ご案内しますので、ゆっくり考えてみてください。必要に応じて辞書などで調べてくださいね。

マンガENGLISH 受講ご案内

簡単な単語で構成されているセリフの意味が、パッとわからない

映画っていいですね。特に今のようにコロナ禍で海外に行けない時期に、せめて洋画や海外のドラマを通して海外に行ったつもりを楽しむことで良い気分転換になるかもしれません。

月額一定金額を支払えば見放題になるサービスと言えばストリーミング配信ですね。DVDなどの物品とは違い、ストリーミング版なら海外の作品も手軽に楽しめます。日本語の字幕や吹き替え版に頼らずに、英語のまま観ることができれば、さらにその選択肢は限りなく大きくなります。

とは言え一般的な日本人にとって、字幕や吹き替え版なしに英語のまま映画を楽しめるのは簡単では無いようです。英検1級やTOEIC900と言った上級者と言われる人たちでさえ、そのほとんどが2~3割くらいしか聞き取れないと嘆いているそうです。

でも日常会話レベルの英単語数は英語のネイティブ同士でも3000語程度でやり取りしているというのは良く知られた話。私たちは中学高校の受験を通して約6000語の単語を暗記した経験があり、知識は十分なのに聞き取れないという残念な結果になっているのです。

知っている単語なのに聞き取れないのは何故でしょうか。その原因をほとんどの人たちが「音」によると思い込んでいます。そしてリスニングや発音の練習ばかりしています。でも実際は「意味」が取れていないことも多いのです。簡単な単語で構成されているセリフの意味が、パッとわからないので、会話について行けないのです。

知っている単語で構成されているセリフの意味が分からない。それこそが聞き取れないそもそもの原因なのです。

ある映画の中から1シーンを選んで、そこからセリフを切り出して、意味を考える練習をしましょう。単語は全て中学や高校で習った単語ばかりです。

では早速このシーンの最初のセリフです。意味がパッと分かるでしょうか。

答え合わせは明日の朝7時にご案内しますので、ゆっくり考えてみてください。必要に応じて辞書などで調べてくださいね。

マンガENGLISH 受講ご案内

映画で翻訳トレーニング学習メニュー画面をリニューアルしました

英会話の8~9割はシンプルな単語で構成されています。でも意外と訳せないもの。訳せなければ、せっかく音が取れても意味がありません。そのためには映画の英語フレーズを訳す練習が有効です。一回当たり20~40のフレーズを日本語に訳す練習をしましょう。サンプルの日本語訳がありますが、自分なりに考えた後で参照するようにしてください。セリフは場面と声の調子が大切なので、動画をよく見て場面と音をヒントに意味を考えるようにしましょう。

映画で翻訳トレーニングの学習メニュー画面をリニューアルしました。PCからはもちろん、スマホからも見やすくするための工夫をちりばめました。

先ほどアップしたYouTube動画でご案内しています。

マンガENGLISHご案内

英語の映画やドラマが聞き取れなかった原因と対策

私たちは中学・高校の英語学習を通して約6,000語の英単語を受験のために暗記しました。一方で日常会話では英語のネイティブスピーカー同士でも、約3,000語で会話の8割をカバーしています。

だから音の経験を積み重ねて「音だけで何とかなる脳の働きを育てれば、自然に英語が聞き取れるようになる」と思っている人も多いのですが、簡単な英単語で構成された英文の意味を瞬時に捉えることが苦手なのです。

たとえば、ある映画から引用したフレーズです。

Dad left before I was born so it’s always just been mom and always would be.

すべて中学英語で構成されていますが、この英文を見てパッと意味が分かる日本人はまだまだ少ないです。

その理由の一つに私たちが学んだ英語の教科書があります。私たちが中学・高校で使っていた教科書に載っている英語の多くが、日本語を訳したものでした。

中学や高校には海外から多数のALT(外国語指導助手)が来ていますが、彼らの多くが「中学・高校の英語の教科書に出ている英語が不自然」と感じているのはよく知られた話です。中学・高校の英語の教科書に出ている英語は元々が日本語だったので日本語に訳しやすかったのです。

ところが映画の英語は突然の事ながら自然な英語なので、多くの日本人にとって訳しにくいのです。意味が分からない言葉は聞き取れたていないことと同じです。だから仕上げに意味をとらえる練習をして仕上げていきましょう。

この時に素材選びが大切です。教科書のような元は日本語を訳した英語ではなく、ネイティブ英語の意味をとらえる練習を重ねましょう。

先ほどアップしたYouTube動画でご案内しています。

マンガENGLISHご案内