英語学習本が売れなくなっちゃうから

私の処女作「10時間で英語脳を作る本」が
紀伊国屋書店の新宿本店さんで
週間フロアランキング1位となり

続編を執筆していた2002年に

「山口さん、本気で生徒さんを英語が話せるようにしないで。ほどほどにしておいてね。英語学習本が売れなくなっちゃうから。」

とある編プロの社長さんの
何気ない言葉が私に火を付けました。

英語が話せるようになるカリキュラムを作ろう、と。

制作と実証のための検証に5年の歳月が流れ
そして完成しました。2007年のことです。

2007年に完成したマンガENGLISHが
実際に売れるようになるまで約10年かかった理由は

死の谷、ダーウィンの海を越えてきた10年
と言ってもいいでしょう。

研究戦略、技術経営、プロジェクトマネジメント等において、

研究開発が、次の段階に発展しない状況や
その難関・障壁となっている事柄全般を指す用語に

魔の川、死の谷、ダーウィンの海という言葉があります。

魔の川:アイデア・基礎研究から実用化を目指した研究までの間の壁
死の谷:実用化研究から製品化までの間の壁
ダーウィンの海:製品が市場による淘汰を受けて生き残る際の壁

2002年の時点で私の中に
マンガENGLISHの原形のイメージは
できあがっていました。

まずストーリーを書いてくれる
ネイティブスピーカーを探しました。

都内で開かれた英語教師のワークショップで
ライター志望のカナダ人の男性と知り合い
トライアルでやり取りを重ね
正式に契約をしました。

次にストーリーを漫画にしてくれる
漫画家を探しました。

東京デザイナー学園で講師をしながら
慶応義塾大学大学院に通っていた
プロのイラストレーターさんをはじめ

プロの漫画家3人と契約をしました。

そしてストーリーを音読してくれる
ナレーターさんを探しました。

TOEICのリスニングテストや
NHKの英会話テキスト
中学校の英語教師などの

ストーリー音読のプロ3人と
契約しました。

そしてまず10タイトル分を作成し

当時、私自身が経営していた英語教室や
開発にもかかわってくれた大学の教授の協力を得て
大学生にもモニターになってもらい

検証と研究をさらに重ねて

ライターさんたちにもずい分とダメ出しをしながら
5年の歳月をかけて100タイトルを完成させました。

その間に
マンガENGLISHで学んだ人たちが

慶応大学に合格したり
TOEICで900点を超えたり
英語が話せるようになったりと

具体的な成果も多数みられました。

2002年に第1話を作成してから5年
2007年のことでした。

なんとか魔の川を
超えることができたのです。

マンガENGLISH100ご案内

「英語について語る」のは好きだが「英語を話す」のは好きじゃない

山口先生、こんばんは。いつもサポート動画をありがとうございます。「英語学習に成功する人、挫折する人」今回の動画を拝見し、ドキっとしました。そして、英語学習に対する向き合い方を考え直しています。挫折する原因のひとつ「長期的な学習計画を立てる」という山口先生のお話から、古すぎますがマラソン銀メダリスト君原選手の話を思い出しました。走っていて苦しくなり途中でやめたくなった時、「次の電柱までに頑張ろう」と短い目標を繰り返しながら42キロを走り続けたそうで、その話がずっと印象に残っていました。話せるようになりたいと思うなら先が長いので、「短い目標を立て、それを重ねていく」というような形で取り組んでいこうと思います。”Never give up !”と”Dream come true”の気持ちで頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。
**********************

良い言葉ですね。

人は思った通りになります。
思い続ければその思いはいつか形になります。

日本人の英語力が伸びない理由の一つに

「そもそも英語が必要ないから」という“そもそも論”があります。

私のYouTube動画に

「こういう(英語を話す必要がない)人たちに
どうしたら英語が話せるようになるかを
どんなに説明しても話せるようにならないですよ。
だって英語は必要ないんだから」

というような書き込みが来たこともありました。

私が30歳を過ぎて

「英語が話せるようになりたい!」と思い立ち
日本で普通に生活しながら英語が話せるようになり

その体験談をつづった「10時間で英語脳を作る本」が
紀伊国屋書店の新宿本店さんで
週間フロアランキング1位になった16年前には

まだマンガENGLISHがなかったので

私の体験談を

東京商工会議所さんやガールスカウト連盟さんや
小中学校のPTA主催のセミナーなどで
お話しさせていただくたびに

「すごく参考になりました!」
と言っていただくのですが

私の中で罪悪感のようなものだけが残りました。

講演会でお話をさせていただくと
数万円~数十万の報酬をいただくことができます。

また当時、神宮前で小さなオフィスを持ち
そこで英語学習のカウンセリングをしており

セミナーに来られた方が私に興味をもって
神宮前にカウンセリングを受けに来られると

10時間で18万円という
高額カウンセリングであるにもかかわらず

受講されて、喜んでくださって
さらに10時間、20時間と継続される方も
いらっしゃいました。

私にとってはオイシイことだらけです。

でも私の中に疑問がわいてきました。

体験を聞いたりアドバイスを受けただけで
英語が話せるようにはならないだろうと。

その話を恩師でもある大学教授にしたところ

「それでいいんじゃない?
みんな喜んでいると思うよ。

だって本当に英語が必要な人は
使いながら身につけているんだから。」

さらに編集プロダクションの社長にも
同じ疑問をぶつけたところ

売れる英語本の鉄則を教えられました。

縦書き、だそうです。

驚きました。

縦書きと言うことは
英文は無し、ということ。

なぜなら英文は横書きですから。

日本語だけが並ぶ英語学習本ってありなの?!」
と驚いたら

ベストセラーになっている英語本はほとんどが縦書きだよ。
山口さんも、そろそろ縦書きで本を出さないと
売れなくなっちゃうよ。」

私の本は9冊ともすべて横書きです。
理由は英文がたくさんあるから。
だからあまり売れなかったんですね・・・。

なぜ日本語ばかりの英語対策本が売れるのか
というと

ほとんどの日本人は
「英語について語る」のは好きだが「英語を話す」のは嫌い
なのだそう。

先の編プロの社長さん曰く
「だから山口さん、本気で生徒さんを話せるようにしないでよ。ほどほどにしておいてね。本が売れなくなっちゃうから。」

その言葉が私に火を付けました。

英語が話せるようになるカリキュラムを作ろう、と。

そこでそれまでの利益を全部つぎ込んで
さらに銀行から融資も受けて

英会話習得支援システムの開発に着手しました。

制作と実証のための検証に5年の歳月が流れました。

そして完成しました。2007年のことです。

マンガENGLISH100ご案内

人生初の救急車の出動をお願いしました

飼い犬とソファーの上でじゃれていたときに悲劇は起こりました。

うちの犬は桃太郎で「モモ」と呼んでいるのですが

私が自分の顔をモモの脇腹あたりに押し付けて

ほんと、私がおバカだったんですけど
犬のような声を出して、からかっちゃったんです。

モモはきっと、私を犬と勘違いしたんですね。

ウーっと唸り声ををあげたと思ったら

私の顔にガブッと・・・一瞬のことで頭の中が真っ白になりました。

数秒間のことだったと思います。

モモの歯が私の頬から離れて次の瞬、流血で・・・

大変なことになったと悟りました。

金曜日の夜で私も夫もお酒を飲んでいたので
自分で運転して病院に行くわけにいかなかったので

人生初の救急車の出動をお願いしました。

車で15分くらいの病院で受け入れてもらえることになり

当直の看護師さんに消毒してもらい
当直の脳外科医さんに破傷風の注射をしてもらいました。

そして翌日の土曜日に

今度は皮膚科の先生に
顔に塗る薬と腫れ止めを出してもらいました。

注意一秒、怪我一生・・・

負傷したままの顔で申し訳なかったんですけれど
どうしてもお伝えしたいことがあって

こりずにYouTube動画をアップしました。

人生、本当に何が起こるかわかりません。

今、この時にできることをしておきたいと心から思います。

マンガENGLISH100ご案内

レッスンを受けただけで、やったつもりになって

数年前から気になっていたワードプレスを
今年になって始めました。

実は2~3年前に一度
すごく気になったときがあって

ネットで「ワードプレス」で検索して
上位に検索された「ワードプレスのプロ」から
個人レッスンを受けたのですが

その時はレッスンを受けただけで
やったつもりになって終わりました(笑)

ところが今年の私は違いました。

レンタルサーバーを契約し
ワードプレスをダウンロードするところから
始めました。

実際のところ
始めてみたらわからないことだらけだったので
テキストを買いました。

英語の習得も似ている気がします。

英語が話せるようになりたい人たちは
英会話スクールに通います。

忙しい中
お金と時間をかけて通うことで
英語を頑張っていると思えるのかもしれません。

本当はスクールに通わなくても

良い英語に触れて覚えれば
ちゃんと話せるようになるんですけどね。

マンガENGLISH100ご案内